クーペリーの画像

クーペリーの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

クーペリーの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula excilis ssp. cooperi

別名

乙姫

原産地

南アフリカ

クーペリーの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

クーペリーの育て方の画像

クーペリーの育て方

クーペリーはクラッスラ属に属している多年草です。

クラッスラ属は栽培難易度が低い多肉植物のものが多く、クーペリーも例に漏れず頑強な性質です。

初心者向けとして人気があります。うまく育てるにはどうすればよいか、クーペリーの育て方を見ていきます。

基礎情報

日当たり

クーペリーは年間を通して、できる限り風通しがよく、お日さまに当たるような場所で育ててあげて下さい。

日光が不足してしまうと、間延びしてしまいポキポキと茎が折れやすくなってしまいます。

ただし、いくら日光を好む植物とはいっても、他の多肉植物と同じく、真夏のように直射日光が厳しい時期には、直射日光を避けて軒下などの半日向で育ててあげるのが望ましいです。

 

置き場所

基本的には日光を好む植物のため、風通しのよく、お日さまに当たる場所で育ててあげましょう。

耐寒性はそこそこあって、冬の多少厳しい環境でも大丈夫ですが、霜に当たってしまいますと、葉っぱが枯れてしまいます。

この時期には室内で管理することもおすすめです。

また、夏の高温多湿にも弱いため、軒下などの直射日光のかからない場所で管理します。

 

水やり

クーペリーの育て方は多肉植物と同じです。

基本的には春・秋の生長期には、土が乾いてきたと感じたら、水を土からしみ出るぐらいたっぷりとあげます。

水のあげ過ぎは根腐れを起こしてしまう原因となります。頻繁な水やりなどには注意が必要です。

初夏の時期には、半月に1回程度の目安で水をあげる程度で大丈夫です。

この時期に差し掛かると、生長期ではなくなります。

過度に水をあげてしまうと、根から水を吸収しきれなくなるため、注意する必要があります。

夏になったら、できるだけ乾かし気味に育てることを心がけます。

また、水をあげるときには葉っぱにかけるのではなく、土に注ぐようにします。多肉植物は、葉水を必要としません。

多肉植物なので、生長期ではない冬場は水やりを控えます。

半月から1ヶ月に1度ぐらいの頻度で、土の表面を濡らす程度で大丈夫です。

あまりたくさん水をやると、土が乾きにくくなり、根腐れを起こしてしまいます

水やりの目安としては、1週間で土が乾くぐらいの量が理想的です。

室内で管理をする場合には、暖房器具によって乾燥しやすくなってしまうことを、覚えておいて下さい。

 

肥料・追肥

クーペリーは、肥料がなくても十分に生長します。春から秋の生長期に、薄い液体肥料を与えてあげます。

与える場合は2週間に1度程度で大丈夫です。生長や綺麗な紅葉をする手助けになります。

肥料が多すぎると枯れてしまう原因になってしまいますので、注意してください。

 

用土

多肉植物用の土、もしくはサボテン用の土といった水はけのよい土で育ててあげましょう。

水はけが悪いと、多湿を嫌うクーペリーにとっては最悪の環境となってしまいます。

自分で配合する場合には、赤玉土小粒、鹿沼土小粒、ピートモス、川砂、燻炭をそれぞれ1ずつの割合で混ぜ合わせたものを使います。

 

植え替え・植え付け・種蒔

クーペリーの植え替えの時期となる目安は、鉢の底側から根が出始めてきたらとなります。

もしくは1年か2年に1度してあげましょう。生長期である春もしくは秋にするのがおすすめです。

苗が土に根付きやすくなります。植え替えをしないと根詰まりを起こしてしまい、苗の調子が悪くなってしまいます。

植え替えをするときは、古くなった土を払ってしまいましょう。

古い土が残っていると、病気や虫が湧いてしまう原因となります。

また、古い根っこがあれば弱ってしまう元ですので、植え替えの際に切ってしまいましょう。

 

増やし方

挿し木でも株分けでもどちらでも増やすことができます。

挿し木をする場合には、5センチほどの大きさに切って、挿し木をする土に挿します。

20日ほどで発根するので、比較的容易に増やすことができます。

株分けをする場合には、植え替えの時期に行っても大丈夫です。

葉の部分から土に挿す部分を、数センチほど残して、切り離してしまいます。

挿し木をする場合も、株分けをする場合にも、植える前に切り口の部分をしっかりを乾かしてあげます。

時期としてはどちらも5月から10月です。クーペリーが生長期に入っている時期にしてあげることでしっかりと根付きやすくなります。

ただし、真夏は避けてあげましょう。

 

病気・害虫

クーペリーにつきやすい害虫として挙げられるのは、ワタムシ・ヤトウムシ・カイガラムシ・アブラムシという比較的小さい虫です。

これらの虫は非常に小さく、肉眼での確認だと見落としがちになります。

季節の変わり目の時期に、浸透移行性のある殺虫剤をまいておくことで、これらの害虫を駆除・予防することができます。

また、クーペリーは、風通しの悪い場所に置いてしまうと、水はけが悪く根腐れを起こしてしまいます。

根腐れによってカビ類が発生して侵食されてしまいますので、注意が必要です。

強い直射日光を浴びることも、クーペリーにとっては天敵です。

葉焼けを起こす原因となってしまいますので、直射日光が厳しい時期には、日中は日陰に置くことで回避しましょう。

 

管理温度

クーペリーは夏の高温多湿に弱いので、直射日光の厳しい時期には軒下や日陰に移して管理してあげましょう。

冬場は耐寒気温が5度までなので、ある程度の寒さであれば大丈夫です。

しかし、霜には弱いです。できるだけ室内で管理してあげるのがおすすめです。

 

種類・品種

ベンケイソウ科、クラッスラ属に属しているクーペリーは別名「乙姫」・「あかり」と呼ばれています。

流通名は「クラッスラ・クーペリー」「クラッスラ・乙姫」で、これは他の属の「クーペリー」と区別するためにつけられています。

クーペリーの名を持つ植物は他に、ロゼッタ型に咲くのが特徴的なハルオチア属のハルオチア・クーペリー、半常緑多年草であるヒアシンス科、レデボウリア属のレデボウリア・クーペリー(流通名:シマツルボ)があります。

クラックス・クーペリー自体は同じベンケイソウ科に属しているセダムと似た特徴がありますが、セダムはマンネングサ属であるため別種です。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

クーペリーの茎は上ではなく、横に広がるため、マット状に群生します。

ピンク色の小花が、1つの塊から数個以上固まって咲きます。

開花時期は春から秋にかけてですが、蕾ごとに不揃いに咲いて、枯れます。

この時期にずっと咲いている訳ではありません。

 

トリビア

風水

クラックス・クーペリーは横に群生するため、風水では「陰」の性質を持っていると考えられます。

「陰」の性質は、トラブルからの回避や、穏やかな日々を送れるように期待ができ、リラックス効果を望めます。

置く場所としては、寝室などの休息するための場所・落ち着きたい場所がおすすめです。

また、クーペリーはピンク色の花をつけます。ピンク色は心を穏やかにする効果があります。

 

由来伝承

南アフリカが原産国であるクーペリー。

先ほど紹介したレデボウリア・クーペリー、ハルオチア・クーペリー以外にもハイビスカス・クーペリーと様々なところにクーペリーという名前はついています。

この「クーペリー」ですが、命名者であるトーマス・クーパーの名前に因んでいるという説が有力ですが、残念ながら、確定的な名前の由来となる説はありません。

 

まとめ

群生するピンク色の花は綺麗で、観葉植物としても人気が高いクーペリーを紹介しました。多肉植物でもあり、それほど育てるのが難しくないのも人気の1つです。この記事を参考にして、是非一度クーペリーを育ててみてください。

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『クーペリーの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

銀波錦

波打っているような白い葉っぱを持つユニークな多肉植物。葉の表面は白い粉を帯びたおり銀色に見える。 銀波錦の育て方へ

クジャクサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 クジャクサボテンの育て方へ

花うらら

エケベリアの中でも観賞価値が高いといわれる美しい品種。ライトグリーンの葉先がピンク色に美しく染まりま... 花うららの育て方へ

仙女の舞

葉がフェルトやベルベットの様な軟毛で覆われている多肉植物 仙女の舞の育て方へ

鬼退治

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 鬼退治の育て方へ

紅彩閣

基部から分岐して高さが1mほどになります。刺は生え始めが暗めの赤色で、だんだんと黒っぽい紫帯びた色へ... 紅彩閣の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料