熊童子の画像

熊童子の育て方

  • ベンケイソウ科
  • コチレドン属

熊童子の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Cotyledon tomentosa

別名

クマドウシ,トメントサ

原産地

南アフリカ

熊童子の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

熊童子の特徴

小熊の手のような形をした葉を持つユニークな多肉植物。

熊童子の育て方

育てる場所

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。

水やり

鉢植えの場合は春から秋は乾いたら水を与え、夏と冬は乾かし気味に管理します。

用土

一般的な多肉植物用培養土か、自分で配合する場合、鹿沼土小粒2、赤玉土小粒2、ピートモス2、川砂2、燻炭2の割合で混ぜ合わせた土を使用します。

植え付け・植え替え

1〜2年に1回植え替えましょう。真夏と真冬を避けて行います。

増やし方

挿し木で増やすことができます。

手入れ

乾燥に強いが、過度の水やりには注意。

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジンの育て方へ

鬼退治

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 鬼退治の育て方へ

サルメントーサ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 サルメントーサの育て方へ

亀甲竜

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 亀甲竜の育て方へ

テトラゴナ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 テトラゴナの育て方へ

花うらら

エケベリアの中でも観賞価値が高いといわれる美しい品種。ライトグリーンの葉先がピンク色に美しく染まりま... 花うららの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料