天使の雫の画像

天使の雫の育て方

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

天使の雫の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Sedum treleasei

別名

天使のしずく,トレレアシー,トレレアセイ

原産地

メキシコ

天使の雫の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

天使の雫の育て方の画像

天使の雫の育て方

人気の高いセダムのうち、特に淡い紅色に紅葉する「天使の雫」

同じセダムの「乙女心」にも似ていますが、それよりも丸みを帯び白味がかった葉をもっているのが特徴です。

今回はそんな「天使の雫」について、育て方を中心に簡単にご紹介します。

基礎情報

日当たり

育てやすいセダムの中でも、少しばかりコツのいる品種ですが、基本の育て方は同じです。

日当たりを好むので、強烈な日差しが当たらない限り、日光浴をさせてあげた方がいいかもしれません。

紅葉のためにも必要です。ただ、真夏の高温多湿には弱い性質を考えると、年中半日陰で育てるのもありでしょう。

セダムは、どれも基本的には半日陰でも育てることは可能です。

ただひょろりと長く育ってしまうリスクもあることを、知っておきましょう。

夏以外に日当たりのいい場所で育てる場合には、秋は9月のお彼岸が過ぎてから日差しのいい場所に移動させてあげましょう。

夏場は、しっかり風通しのいい半日陰が適切です。

日に当てることで丈夫な株に育ち、葉の色艶が良くなることを考えると、日当たりのいい場所で育ててあげることは優先すべき環境です。

 

置き場所

高温多湿に弱いので、基本的に風通しの良い場所を好みます。

過剰な湿気に当たると、根腐れを起こすか、病気にかかるでしょう。

そのため、梅雨時期や夏場は絶対に軒下など、雨の当たらないところを選びます。

一方日差しが常時強くはならない冬は、寒さに耐えられない可能性もあるので室内で育てます。

ただし冬の間ずっと室内で育てるとなると、日光不足の状態になり、そのまま春の日差しに当てると葉焼けになる可能性が高くなります。

したがって、適度に日の当たる場所におくことは忘れずにおきましょう。

 

水やり

セダムの1種であるので、基本的に過剰な水やりは禁物です。

生長期に当たる春・秋は、土が乾く度に水をしっかりと与えるという頻度で行えば、成長してくれます。

ただ、やはり乾燥地域に順応して進化してきた多肉植物なので、休眠期に水を春・秋と同様の形で与えると、腐って枯れます

休眠期に当たる真夏は断水を心がけてください。葉が下の方からポロポロと落ち始めると、それは根腐れの信号です。

 

冬は、セダムが休眠してしまう時期なので、乾燥気味の水やりを意識しましょう。

頻度としては、月1、2回で、土が完全に乾ききってから土の表面を濡らす程度に与えるようにしましょう。

 

肥料・追肥

セダムは、他の多肉植物と同様に、それほど肥料を必要とはしません。

植え付けや植え替えといったときに、用土に緩効性の粒状肥料を混ぜておけば十分です。

与えれば育つということもないので、むしろ控えめを意識する方がいいでしょう。

 

用土

丈夫で育てやすいと言われるセダムの1種である「天使の雫」も、他の多肉植物と同様に用土は水はけの良いものを好みます。

そのためサボテン・多肉植物用の培養土でいいでしょう。

もしも配合土を利用する場合には、鹿沼土(小粒)2・赤玉土(小粒)2・ビートモス2・川砂2・燻炭2で混ぜるといいかもしれません。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えは、1〜2年に1回の頻度で行うようにしましょう。

生育期に当たる春・秋ならば、どちらでも問題ありませんが、中でも春(3〜5月)の生育期の初期もしくは直前にするのが無難です。

植え替えの際には群生した株の株分けや、茎が伸び切った株は剪定してしまいましょう。

それを挿し木にするのも可能です。植え替える先の土は、清潔で新しいものにしましょう。

 

増やし方

天使の雫」を含むセダムを増やす方法は、葉挿し、挿し芽、株分けがありますが、中でも「天使の雫」は、茎が長く伸びる特徴から考えても、挿し芽が適しています。

茎を、先端から5〜10センチの長さでカットし、下方の葉を取り除いておきます。

処理後の挿し芽は1週間ほど陰干ししてから、清潔な用土に挿しましょう。

株分けならば、大きく成長した株を、植え替えの際にカットし、半日乾かしてから植え付けるといいでしょう。

葉挿しは絶対にできないわけではありませんが、「天使の雫」では成功率が低いのでおすすめできません。

方法は葉を手で軽くひねって取り、用土の上に並べるだけです。

時期として適しているのは春・秋ですが、どちらかというと春の方が株が丈夫で、元気な状態なのでどの方法の成功率もあがるでしょう。

 

病気・害虫

「天使の雫」が気をつけるべき病気は、多肉植物によく起こる「黒斑病」と「カビ類の侵食」です。

発症する前に、必ず風通しの良い場所での育成と、適切な水やりを心がけるようにしましょう。

次いで気をつけるべき害虫は、夜盗虫、ワタムシ、アブラムシ、カイガラムシです。

浸透性と移行性のある殺虫剤を撒いて、予防と駆除の両方をしてしまいましょう。

季節の節目が撒くには最適です。

 

管理温度

「天使の雫」は、セダムの中でも暑さを苦手とする種類です。

そのため、夏場の管理が一番気をつけるべきポイントになります。温度は出来る限り低くなる日陰等で育ててあげましょう。

 

種類・品種

「天使の雫」を含むセダムは、花壇用の苗として広く知られている多肉植物です。

育てやすいこともあって、園芸愛好家から好まれており、ベンケイソウ科の多肉植物の中では、最も多い420種ほどが確認されているそうです。

代表的な品種としては、茎が下垂していくタイプの「玉すだれ」「神玉つづり」や、茎が上向きに伸びていく「八千代」などが挙げられます。

「天使の雫」と同様に紅葉がとても楽しめる品種としては、霜さえ凌げれば寒さにも強い「虹の玉」や、低温時に赤紫色に紅葉する「コーラルカーペット」などがあります。

落葉種タイプもあり、日本原産の「ミセバヤ」などは、ピンクの花が美しいとされています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

「天使の雫」は花を咲かせません。代わりに、葉が淡く紅葉する様子を楽しむことができます。

 

トリビア

風水

セダム全般に言えることですが、「厄払い」と「緊張感を取り払う」効果でしょう。

特に丸みを帯びた葉をもつ「天使の雫」は、後者の効果が期待できそうです。

 

花言葉

「天使の雫」の花言葉はありませんが、これを含むセダムの花言葉はあります。「静寂」です。

誕生花などとして送るには少し合わないかもしれませんが、自分で家に飾って、静かで豊かな空間づくりをしていくのもいいかもしれません。

 

由来伝承

「天使の雫」を含むセダムという属名は、英語で表記するとStone cropといいます。

セダムは岩場等の過酷な環境でも自生できる植物なため、石場に生える作物という意味としてStone cropとなったそうです。

一方の和名は、学名であるSedumをそのまま読んだだけのようです。

ちなみに、このSedumという学名は、ラテン語で「座る」を意味するSedereに由来しており、これは岩場で座るように自生しているように見えることが背景にあるようです。

 

まとめ

今回は、多肉植物の中でも女性からの人気が非常に高いセダムの1種、「天使の雫」についてご紹介しました。

育て方は夏に弱いタイプのセダムですが、根が安定するまで育成すれば、夏にも比較的強く瑠なる上に、可愛らしいので購入を勧めたい品種です。

できれば、他の種類のセダムとまとめて寄せ植えをすると可愛らしいかもしれません。

うっすらとした紅葉を楽しめるというメリットから、単体で育ててみるのも面白いでしょう。

春先のグランドカバーとしてなら、活用することもできるかもしれません。興味のある方は、是非自分の手で育ててみてください。

 

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『天使の雫の育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

サルメントーサ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 サルメントーサの育て方へ

ミドリノスズ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... ミドリノスズの育て方へ

夕映え

アエオニウムの中でもこの種は、強い光を浴びると葉が緑から紅桃色や紫色になります。ロゼットの大きさは1... 夕映えの育て方へ

ベルム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 ベルムの育て方へ

マハラジャ

柱状に育つユーホルビア・ラクテアが帯化し、葉要素が抜けるようになった品種です。タイで栽培された物が多... マハラジャの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料