メキシコマンネングサの画像

メキシコマンネングサの育て方

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

メキシコマンネングサの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Sedum mexicanum

別名

原産地

メキシコ

メキシコマンネングサの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

メキシコマンネングサの育て方の画像

メキシコマンネングサの育て方

メキシコマンネングサはとても丈夫な多肉植物です。

管理も簡単で、どんどん増えてくれるので、屋上緑化などにも利用されています。

には黄色い花、夏にはきれいな緑色、秋には紅葉と私たちを楽しませてくれるメキシコマンネングサの育て方をご紹介します。

メキシコマンネングサの基礎情報

メキシコマンネングサの日当たり

メキシコマンネングサは多肉植物です。日光を好む性質はありますが、丈夫なため多少日当たりが悪くてもちゃんと育ってくれます。

ただ丈夫とはいえ、日陰では育ちません

だんだんと弱っていきますが、それでもすぐに枯れるわけではないので、やはりたくましい多肉植物であるといえます。

ただ日光が足りていないと、花つきが芳しくないものとなりますので、もし花も楽しみたいのであれば日当たりをよくしてあげましょう。

 

メキシコマンネングサの置き場所

庭植えにするするのでしたら、一日中日陰になる場所ではない限り、多少日当たりが悪い場所でも大丈夫です。

鉢植えの場合も同様です。耐寒性もありますので霜や雪にも耐えてくれます。

ただ地面が凍結してしまうと、根が傷んでしまうこともありますので注意が必要です。

よく増えるので室内での管理にはあまり向いていないかもしれません。

 

メキシコマンネングサの水やり

庭植えしているのでしたら、基本的に何もしなくて大丈夫です。手をかけなくてもちゃんと育ってくれます。

真夏で何日も雨が降らず、地面が乾燥しきっていたら様子を見て水をあげて下さい。

鉢植えにしている場合も土が完全に乾いてから水をあげます。

多肉植物の中では湿気に強い方ですが、やはり水のやり過ぎは根を傷めてしまいます。

受け皿に溜まった水は捨て、夏だからといって毎日水やりをすることは控えましょう。

日差しの強い昼間に、水やりをすることも避けた方がよいです。

庭植えも鉢植えも、冬は基本的に何もしません。夏場よりも土が乾きにくいので水やりをしなくても大丈夫です。

鉢植えの場合のみ様子を見て水をあげますが、たっぷりあげるのではなく土の表面が湿る程度にとどめます。

メキシコマンネングサに萎れている様子が見られない限りは、水をあげたくなっても我慢しましょう。

 

メキシコマンネングサの肥料・追肥

どんな条件でも育ってくれるメキシコマンネングサは、やせ地でも元気です。

庭植えや花壇で育てているのでしたら、肥料は必要ありません

鉢植えやプランターの場合のみ、生育期の春と秋に月に1回程度肥料をあげてもよいでしょう。

その場合も水で薄めた液体肥料にします。

 

メキシコマンネングサの用土

庭植えや花壇でしたら土を選ぶ必要はありませんが、鉢植えやプランターなどで育てる場合は乾燥気味を好むので、水はけのよい土を選びます。

赤玉土7割と腐葉土3割を混ぜたものを用意しますが、さらに水はけをよくしたいのであれば、そこに川砂を2割程度混ぜるとよいです。

またホームセンターや園芸店などで手に入る多肉植物専用の土などでもよいでしょう。

 

メキシコマンネングサの植え替え・植え付け・種蒔

メキシコマンネングサの株はとてもよく広がります。鉢植えやプランターでの管理でしたら、植え替えが必要です。

鉢植えなら毎年、プランターなら1年おきを目安にしましょう。

庭植えや花壇の場合、メキシコマンネングサはどんどん増えていきます。

あまり密集していると蒸れやすくなるので、風通しを良くしてあげるためにも茎を間引いてあげましょう。

開花期が終わった後の花がらも、ついでに切り取っておくとよいです。

 

メキシコマンネングサの増やし方

株分けや挿し芽で簡単に増やすことができます。

メキシコマンネングサは生命力が強いので、茎を適当に切って土に挿すだけでも勝手に増えていきます。

株分けは、密集し過ぎたメキシコマンネングサを間引くのによい方法です。

わりと簡単に引き抜くことができますので、抜いたら根やそのまわりの土をほぐしてハサミなどで2つに分けます。

それから好きな場所に植えつけて終了です。

株分けした際に根がついていなくても、植えた後に生えてくるので気にしないで下さい。

 

メキシコマンネングサの病気・害虫

半ば放ったらかしの管理でも大丈夫なメキシコマンネングサですので、病気は心配しなくとも良いです。

害虫がつくこともあまりないので、実に育てやすい多肉植物といえます。

 

メキシコマンネングサの薬用や用途

環境耐性に優れている多年草のメキシコマンネングサは、屋上緑化に広く利用されています。

芝よりも乾燥に強く、厳しい生育環境でも育ってくれるためです。

屋上緑化は、地球温暖化またヒートアイランド現象などの環境問題に効果的といわれている方法です。

工場やショッピングモールなどの敷地面積の広い建物の屋上に、空いたスペースを利用して植物を植えつけることで、緑化面積を増やしています。

これにより、植物の持つ力で空気を浄化する、また紫外線や酸性雨から建造物を守るなどの効果を得ることができ、省エネルギーにも役立つことが期待されています。

 

メキシコマンネングサの管理温度

寒さにも強い性質ですので、基本的に0℃くらいまでは耐えることができます。

ですが環境によってはもう少し低い温度でも冬越しできるようです。

 

メキシコマンネングサの種類・品種

メキシコマンネングサはベンケイソウ科のマンネングサ属です。

耐寒性宿根草に分類されています。

 

メキシコマンネングサの収穫

花が終わった後に直径約5mmほどの果実をつけます。

これが熟すとひとりでに避け、中から種子が出てきます。

この種子は自然に地面にまかれ、また新たなメキシコマンネングサが育っていくのです。

 

メキシコマンネングサの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

メキシコマンネングサの花は、他の多肉植物とは違って立ち上がるのが特徴です。

横に茎が這って広がっていくメキシコマンネングサですが、花の時期になると花茎が20cmくらい立ち上がり、その先端を小さな黄色い花が覆うように咲きます。

 

メキシコマンネングサのトリビア

メキシコマンネングサの風水

メキシコマンネングサはセダムの仲間です。セダムには「厄払い」「運気の上昇」という風水的な意味合いがあります。

セダム属のような常緑の観葉植物には、運気を高めてくれる効果があるといわれています。

いつでも青々とした葉っぱを保っているメキシコマンネングサは、良い運気を呼び込んで厄を払ってくれるので、玄関などに置くと効果的かもしれません。

 

メキシコマンネングサの花言葉

メキシコマンネングサはセダムの仲間であり、そのセダムには「静寂」「私を思ってください」という花言葉があります。

セダムは山地や岩場などの、静かな場所に自生しています。

そこで横へ横へと広がっていく姿が静けさを思わせたのかもしれません。

またセダムは白や黄色の小さな花をたくさん咲かせます。

植物にとって過酷な環境であっても、そこで可愛らしく咲き誇っていることから、「私を思ってください」という花言葉が生まれたのでしょうか。

 

メキシコマンネングサの由来伝承

関東以西から九州にかけて分布しているメキシコマンネングサは、ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草であり、帰化植物です。

帰化植物とは海外から日本に伝来して定着して周辺に広がっていき、野生状態になった植物のことです。

名前の由来はメキシコからやってきたからという説もありますが、メキシコには自生しておらず正確には不明です。

はっきりした原産地はわかっていません。

属名であるセダムにはラテン語で「座る」という意味があります。

また漢名では「松葉仏甲草」と表記し「仏」という言葉が使われています。

岩場などにどっしりと座るように自生しているからでしょうか。

 

まとめ

放っておいても自然に育ち、その数を増やしていくメキシコマンネングサは、関東以西では普通に見ることのできる身近な植物です。

庭や花壇などで育てると手間をかけることなくその場を彩ってくれ、またその性質から屋上緑化などにも大きく貢献する、私たちにとって役に立つ存在でもあります。

そして開花時期になれば、その小さな可愛らしい花が私たちの心を和ませてくれることでしょう。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『メキシコマンネングサの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

子宝弁慶草

葉っぱに沢山の子株をつけて繁殖する多肉植物。その見た目から子孫繁栄の象徴として人気があります。 子宝弁慶草の育て方へ

火祭り

水と肥料を控えめにして、日に当てつつ低温にあてると真っ赤に紅葉する品種。 火祭りの育て方へ

紅彩閣

基部から分岐して高さが1mほどになります。刺は生え始めが暗めの赤色で、だんだんと黒っぽい紫帯びた色へ... 紅彩閣の育て方へ

マルバマンネングサ

日本に自生する植物。丈夫なのでグランドカバーにも最適。 マルバマンネングサの育て方へ

ユーフォルビア・スザンナエ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり... ユーフォルビア・スザンナエの育て方へ

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料