マキギヌの画像

マキギヌの育て方

  • ベンケイソウ科
  • センペルビウム属

マキギヌの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Sempervivum arachnoideum

別名

巻絹,クモノスバンダイソウ,蜘蛛巣万代草

原産地

ヨーロッパ~中東、ロシア、コーカサス、モロッコ

マキギヌの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

水やり

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

マキギヌの特徴

寒さにたいへん強い、春秋生育型のロゼットタイプの多肉植物です。国内では山野草としても流通します。葉先から長く白い繊毛を出して株を覆います。

マキギヌの育て方

育てる場所

高温多湿に弱いため、夏場は風通しの良い半日陰で育てください。夏場以外は日当たりの良い場所で管理してください。

水やり

春と秋の生育期には土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。それ以外の時期は極力水やりを控えてください。

肥料

春と秋の生育期には緩効性化成肥料か液体肥料を少量施します。

病害虫

カイガラムシ、アブラムシ、ネジラミ(サボテンネコナカイガラムシ)

用土

水はけの良い用土を用います。自分で配合する場合は鹿沼土小粒2、赤玉土小粒2、ピートモス2、川砂2、くん炭2で配合した土を使います。

植え付け・植え替え

植え付け、植え替えは3月〜5月または9月〜11月に行ってください。通常、2〜3年に1回、植え替えを行ってください。

増やし方

3月〜5月、9月〜10月に株分け、さし芽、タネまきでふやします。

手入れ

花を咲かせたロゼットは早めに整理して、子株の生育を促しましょう。

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

紅司

赤い筋の模様が美しい品種。 紅司の育て方へ

セトーサ

青い葉色で葉っぱ全体に生える毛が印象的な中型種です。高温多湿に弱いですが、群生させると目を引きます。 セトーサの育て方へ

千代田の松

風通しと日当たりの良い場所で育てます。 千代田の松の育て方へ

錦蝶

葉先から子株を落とし繁殖する多肉植物。 錦蝶の育て方へ

ハムシー

釣り鐘状の花を咲かす多肉植物。開花したものがオリベランサスと言う名の鉢花として流通します ハムシーの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料