プラスチック鉢は通気性に注意!デメリットを知って相性のいい植物を植えよう。

プラスチックの植木鉢は、なんといっても軽くて持ち運びがしやすいのが一番のメリットです。色やデザインが豊富でおしゃれなものも、安価で手に入れることができます。

プラスチックの植木鉢は様々な植物に使用できますが、通気性のない素材なので注意が必要なポイントがいくつかあります。今回は、プラスチックの植木鉢で植物を栽培するポイントをご紹介します。

プラスチック植木鉢の特徴

プラスチックの植木鉢には通気性がないため、水を通したり側面から空気が入ることはありません。夏場に外気が高温になるため、鉢の温度が上がりやすく、高温で根が傷んでしまうこともあります。夏場の水やりや、置き場所には注意が必要です。

アスファルトの上に直置きすると、日光の照り返しによってさらにダメージが大きくなってしまいます。ラックやスタンドを利用して、地面の温度が直接伝わらないようにしましょう。

プラスチック植木鉢のメリット

プラスチックの植木鉢の最大のメリットは、なんといっても軽いことです。植木鉢は土を入れるので、どうしても重くなります。また、陶器の植木鉢は衝撃に弱いため落とすと簡単に割れてしまいます。プラスチックの植木鉢であれば簡単に壊れることはないことがメリットですね。

また、大きさや色も様々で価格も安いので、好みのデザインのものを探すことができます。高いところから吊るすハンギングなどにも使用しやすいと言えるでしょう。

プラスチックの植木鉢のデメリット

プラスチックの植木鉢のデメリットは、水はけが悪いことです。プラスチックの鉢は、底穴以外は完全にプラスチックで覆われてしまうため密閉状態となってしまいます。陶器や素焼きの鉢のように気功がないため、蒸れやすく土が乾きにくい一面があります。

湿気に弱い植物には向かないのと同時に、そのほかの植物でも根腐れしないように注意しなければいけません。

プラスチックの植木鉢に向いている植物

プラスチックの植木鉢は蒸れやすいですが、逆に保湿性が高いとも言えます。シダやランなど、多湿を好む植物には最適の鉢でしょう。

プラスチックの植木鉢でガーデニングを楽しもう

プラスチックの植木鉢で植物を育てる場合、加湿になっていないか注意しながら育てる必要があります。しかし、湿気を好む植物には最適の状態を作れます。

プラスチックの植木鉢は安価なので、自身で塗装するなどしておしゃれにリメイクすることもできます。市販のおしゃれな鉢を探す楽しみもあるでしょう。自分好みのプラスチック鉢で素敵な植物を育ててみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ガーデニングに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

ガーデニングの関連コラム

ジューンベリーの剪定の時期や方法、切るべき枝の見分け方は?の画像

ジューンベリーの剪定の時期や方法、切るべき枝の見分け方は?

水苔(ミズゴケ)とは|戻し方や保管方法、使い方は?の画像

水苔(ミズゴケ)とは|戻し方や保管方法、使い方は?

ハイゴケ(這苔)とは|育て方は簡単?どうやって増やすの?の画像

ハイゴケ(這苔)とは|育て方は簡単?どうやって増やすの?

コーヒーの木の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?の画像

コーヒーの木の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?

コーヒーの木の植え替え|時期や方法、注意することは?の画像

コーヒーの木の植え替え|時期や方法、注意することは?

ガーデニングの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
368

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
359

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
263

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
237

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?