警告

warning

注意

error

成功

success

information

まさに奇跡!世界初の青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」が誕生しました

コチョウランと言えば、優美で鮮やか、格式高い花姿がお祝いにぴったりな花として知られていますよね。これまでは染料を用いて染色したものしか存在しなかった青色のコチョウラン。今回、石原産業株式会社が独自のバイオ技術で世界で初めて染色ではない青色コチョウランの開発に成功!今年の3月に開催された世界らん展で一般に公開されました。
気高さを感じる青色の花は高級そのもの。さらに希少性の高さが大きな魅力となり、大切な人へのギフトに、あるいは記念すべき一日に贈りたい特別な花として、今注目を集めています。

花言葉は「奇跡のめぐり逢い」


長年多くの育種家が試みたものの成し得なかった青色コチョウラン。様々な実験の結果、ツユクサの青色遺伝子がコチョウランと相性が良いことを見出し、この青色遺伝子を導入することで見事に永遠に青色を呈する青色コチョウランが作出されました。

ツユクサとコチョウランの奇跡のめぐり逢いにより産み出された花、いつまでも綺麗な青色を呈する色褪せない価値を有する花、世界初の特別な花、Blue Geneはそのような意味を持つ青色コチョウランです。

今回は、青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」の商品化に到るまでの並々ならぬ苦労を重ねた開発背景について、石原産業株式会社 中央研究所 生物科学研究室の湯木俊次博士にお話をお伺いしました。

石原産業についてはこちら

「青色コチョウラン」開発物語


2005年に遺伝子組み換え育種の研究がスタートした青色コチョウランの開発。これまでの長い歴史の中で、コチョウランには青色色素であるデルフィニジン型アントシアニンを生成できる品種が存在しないということを知っていた開発者たちは、ツユクサの鮮やかな青色に着目しました。
一般的には雑草とされているツユクサの蕾からRNAを抽出する実験を行い、青色遺伝子の単離を成功させたことから全てが動き始めました。

試行錯誤の15年

2006年、千葉大学の三位教授との共同研究がスタート。遺伝子を導入しやすいコチョウランの培養組織の調製や、培養組織への遺伝子導入条件の検討など地道な研究を積み重ねました。
様々な工程を経て軌道に乗り始めた2008年、ここで研究中止を余儀なくされるといった想定外の事態に。しかしながら青色コチョウラン作出への高い期待もあり、千葉大学三位教授の研究室で研究を継続できることになりました。
そして2012年2月、ついにその時が訪れます。青色コチョウランが開花したと千葉大学からニュースリリースされ、大きな話題になったのです。
さらに2013年3月、開発に携わっていた三位教授の退官を機に青色コチョウランの事業化へ向け、石原産業での開発研究が再開しました。

no-img2
GreenSnap編集部
実に7年以上もの歳月をかけて、ようやく青色コチョウランの開花にたどり着いたんですね!

次なる課題は?

次に課題となったのは正常花形の青色コチョウランの育種でした。正常な花形に復帰した苗から3年に渡って毎年クローン苗を調整し、2019年までに全ての苗から正常な花形の花が開花することを確認。品種育成がようやく完了しました。

no-img2
GreenSnap編集部
無事に開発に成功しましたが、それでも販売されるのはまだまだ先の話。販売までにはどのようなプロセスがあるのでしょうか?

ブルージーンが生まれた日

遺伝子組換え植物である青色コチョウランの流通には、国内の生物多様性への影響しないことを確認し、国の承認を得ることが必要。そのため2020年5月に「一般ほ場での栽培および販売に関する承認」を申請し、2021年3月に承認を取得しました。ツユクサ由来青色遺伝子の単離を計画してからは16年、様々な人々の真摯な研究の積み重ねによって、ようやく青色コチョウラン商品化への道が開かれました。

no-img2
GreenSnap編集部
「ブルージーン」と名付けられた青色コチョウラン。花言葉は、「奇跡のめぐり逢い」。多くの困難を乗り越えながら開発に成功したブルージーンは、多くの研究者、研究機関、生産者の方々の協力があったからこそ成功に至った、まさに奇跡の花なのかもしれませんね♪

ブルージーンについて詳しくはこちら

世界らん展出展の様子

今年の3月に東京ドームシティ プリズムホールで開催された世界らん展。青色コチョウランの初お披露目と聞き、GreenSnap編集部もお邪魔してきました。
スペースも広くひと際存在感を放つブースには、青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」がずらり。ブースを訪れた人は、開発秘話や花の魅力などの説明に興味津々な様子で耳を傾けていました。


「ブルージーン」をお目当てに、たくさんのお客様がいらっしゃっていましたよ♪


黒い背景に映えるブルー♪シックで大人っぽい佇まいに思わずうっとり。

SNSに投稿されたみなさまの声

会場を訪れた来場者の方々より、多くの感想が寄せられました。
SNSに投稿されたみなさまの声の一部をご紹介いたします。
注目の「ブルージーン」との初対面だけに、みなさんの驚きや感動された様子がひしひしと伝わってきますね。

鮮烈なデビューを飾った「Blue Gene(ブルージーン)」

2022年3月に初めて一般公開された「Blue Gene(ブルージーン)」ですが、2022年5月に開催されたフラワー&ガーデンショウ横浜2022での注目イベント、“2022F&Gジャパンセレクション”にて
グランプリ』
鉢物部門人気投票第1位』
を受賞しました。

さらに“ジャパンフラワーセレクション2022”においても
『ベスト・フラワー(優秀賞)』
『カラークリエイト特別賞』
『ブリーディング特別賞』
『モニター特別賞 春(人気投票第1位)』
と、なんと4つも賞を受賞。
今年11月下旬に中央審査委員会により、ベスト・フラワー(優秀賞)に選ばれた4品種の中からフラワーオブザイヤー(最優秀賞)が決定されるため、こちらでの受賞の期待も高まっている「ブルージーン」。ますます目が離せません。

記憶に残り、心に響く「Blue Gene(ブルージーン)」。様々なシーンで親しんでもらいたい

One&Only 世界初の特別を贈ろう

多くの困難を乗り越え、開発に成功した世界初の青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」。
結婚記念日や誕生日、母の日、長寿のお祝いなどの特別な日の贈り物として手にとってみてはいかがでしょうか?
美しい色彩とともに、いつまでも色褪せない感動をお届けします。

ブルージーンについて詳しくはこちら

お問い合わせはこちら

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

胡蝶蘭に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

胡蝶蘭の関連コラム

まさに奇跡!世界初の青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」が誕生しましたの画像
PR

まさに奇跡!世界初の青色コチョウラン「Blue Gene(ブルージーン)」が誕生しました

胡蝶蘭の新着投稿画像

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
492

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
397

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
320

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
309

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
278

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!