これなんて読む? 知っておきたい園芸用語(3) 『斑入り』ふいり

フローリスト編集部

フローリスト編集部

公開日:2016.12.02

みなさまこんにちは、モルモリカです。

ガーデニング本を見ていると、なじみのない言葉が出てくること、ありませんか?

中には、読み方すらわからないものも……。

今回は、そんな言葉の中から『斑入り』(ふいり)を紹介します。

 

●斑入り(ふいり)とは、斑が入ること。

みどりの葉に、ちょっと違う色が入る植物がありますよね。

たとえば、ヘデラ。

gs160803-1168jpg_28957837142_o

アイビーの名でもおなじみです。

ふつうは、みどり一色ですが、

中には、違った色が入る種があります。

たとえば、ツルニチニチソウ。

gs160804-1337jpg_28986777441_o

白っぽい色や、黄色っぽい色で、緑の葉が縁取られている種があります。

このように、みどりの葉の中に、色が変わった部分を持つものを斑入り植物といいます。

 

●斑の色や入り方いろいろ

斑とは、違った色の部分のことを指します。

斑の色は、

gs160805-5011jpg_28986779701_o

淡い緑……

gs160806-1728jpg_28776944400_o

淡い黄色……

gs160807-2480jpg_28776945780_o

淡いピンク……

などさまざま。

斑の入り方も、いろいろです。

gs160808-4757jpg_28957844072_o

覆輪(ふくりん)。

葉の周囲に入ります。

gs160809-0049jpg_28957845352_o

縞斑(しまふ)。

細い葉に入る縦縞を呼びます。

gs160810-2419jpg_28957846882_o

細かい点が葉の全体に入る場合は、斑の入り方によって散り斑(ちりふ)、砂子斑(すなごふ)、星斑(ほしふ)などと呼ばれます。

gs160811-9511jpg_28776952720_o

網斑(あみふ)。

葉脈にそって、違った色が入るもの。

斑の入り方によって、脈斑(みゃくふ)と呼ばれる場合もあります。

 

●古典植物の場合

gs160812-4546jpg_28776954180_o

日本で古くから栽培、観賞されてきた植物のことを、古典植物と呼びます。

蘭(ラン)や万年青(オモト)などの植物は、斑の美しさが観賞対象になっているものもあります。

gs160813-0559jpg_28957850632_o

古典植物愛好家の間では、斑入り植物を

「柄もの(がらもの)」と呼んで珍重されています。

 

●ガーデンに変化を与える斑入り植物

gs160814-1118jpg_28957852502_o

斑入り植物は、

みどり一色よりも、軽やかなイメージになり、

ガーデンに変化をプラスします。

gs160815-1475jpg_28776962050_o

明るい印象になるので、玄関やエントランスまわりの植物にも。

gs160816-4954jpg_28776964430_o

日陰のガーデンでは、上手に斑入り植物を使うと、

じめっと暗い印象になりません。

斑入り植物は、株によって斑の入り方に微妙な違いがあります。

選ぶときには、好みの斑の入り方を吟味してチョイスしてみましょう。

ちなみに……

gs160817-2381jpg_28776966570_o

「覆輪」とは、葉縁の部分に斑が入ることを指すのは、ご説明したとおり。

gs160818-3272jpg_28986793081_o

このように、花弁(花びら)が白く縁取られている場合も、

「覆輪」と呼びます。

広い意味では、花弁(花びら)も、色が変わった部分があれば、その部分は斑と呼びます。

ところが、一般的に「斑入り植物」といった場合は、葉に斑が入る植物を指すことが多いのです。

gs160819-3274jpg_28986793681_o

この、デュランタのように……

『花は覆輪の花が咲くけれど、葉は緑色の一色』という植物は、ふつう、斑入り植物のグループには、入らないことが多いのです。

ちょっとややこしいですね。

 

フローリスト編集部
フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

アプローチに関連するカテゴリ

アプローチの関連コラム

アプローチの新着投稿画像

jship

18

ベビーサンローズ

シネさんぽ

8

また花が咲きました‼️

jship

16

カリシア・レペンス

ヒデ

4

名前は忘れましたが、今年も可愛く咲き始めました‼️

ヒデ

4

2年目の紫陽花と春先に植えたベゴニア。 来年が楽しみです‼️

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード