シマトネリコの花で夏満喫!

徳原鉄二

徳原鉄二

公開日:2016.10.20

シマトネリコは小柄で白い花を咲かせる樹木です。風にそよぐ花を眺めれば涼しさを感じ、夏の癒やしを与えてくれるシマトネリコ。

セミの集いの場ともなっているこの植物を家庭で育てれば、お子様と夏を満喫できること間違いなし!育て方をご紹介します。

シマトネリコについて

シマトネリコはモクセイ科トネリコ属で高さ約15mの、温暖な場所に生息する樹木です。

観葉植物として鉢植えにされたり、庭木街路樹として育てられています。

6月から7月頃になると、小さな白い花を咲かせ、光沢のある葉が風になびくと夏は涼しげで、風情を感じさせてくれます。

発育は早く、定期的な手入れが必要です。環境さえ整っていれば、屋外でも屋内でも育てることができる人気の植物です。

シマトネリコと昆虫

シマトネリコにはカブトムシセミが好んで集まります。

カブトムシは本来、クヌギが多い茂っている雑木林などで生息していますが、餌となるを求めて他の昆虫たちと争っています。

しかし、シマトネリコは表皮が固く、カブトムシでないとその木の樹液を食べることができないため、カブトムシが集まると言われるようになりました。

シマトネリコの夏を感じさせる見た目とカブトムシが揃えば、夏らしさも最高に感じられるでしょう。

ただし、あまりに削られると木自体が傷んでしまうので、状況に応じて処置することが必要ですね。

シマトネリコを育てるには

最後に、シマトネリコの育て方を紹介します。

植え付けは温かい4月頃に行いましょう。

肥料は年に1度有機肥料を株元の周辺に埋めるようにします。

夏は水をしっかりと与えてください。寒さに弱いので、寒冷地で育てることは難しいかもしれませんが、鉢植えにして室内で育てれば問題はありません。

まとめ

夏にピッタリのシマトネリコの育て方、そして、カブトムシとの関係と注意点をご紹介しました。

一つあればとても爽やかな雰囲気をだしてくれるシマトネリコ。枯れにくく管理もしやすいので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。

 

 

※トップ画像はPhoto by emiさん@GreenSnap

徳原鉄二
ロードレースに興味を持ち始めた33歳。 好きな漫画は「弱虫ペダル」。好きな食べ物は焼き鳥。 週末は園芸店周りを積極的に行って、情報収集に努めたいと思います。

開花に関連するカテゴリ

開花の関連コラム

開花の新着投稿画像

rabe

22

極小ミニバラ・みさき もうすぐ満開です😆 えらいね。冬越したねー😘😍 と言いながら、 気安く触ると 怪我🩹します😭 鋭い🪒小さな棘は、 大輪の薔薇🌹にも、負けず劣らず🗡 厄介で...

muuufkr

46

今朝はキレイに開いてました😘

kan

130

おはようございます♬ GWも後半…近場のお買い物レベルの お出掛けでぐっと我慢😓 眩しいくらい真っ白な庭のカラー(^^)

あずき

43

ペチュニア・藤色ロマン 最初はボケた色だな〰️と思ってたけど、だんだんこのモンヤリした色が可愛いく見えてツボ💗

ベティ

97

地植え多肉ちゃんも花盛り✨ 他の植物に覆われてしまわないように気をつけるだけで元気にしています😊

けるみん

19

去年は6輪もさいたのに、今年は3輪しか咲かなかった。でも、一つ一つが大きかったような気がします。

CIDER

42

“ニゲラ” お迎えしたくって、昨秋種まきをしました。 この花のまわりのふわふわっとしたところが、何とも言えないです。

マ〜ボ〜

57

今日の一枚 大和系 パ-パソルム ホワイトフォ-ム 連休最後の昨日の朝 なんとか花が咲いて来ましたよ

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード