ギョリュウバイの画像

ギョリュウバイの育て方

  • フトモモ科
  • レプトスペルムム属

ギョリュウバイの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Leptospermum scoparium

別名

原産地

オーストラリア、ニュージーランド

ギョリュウバイの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ギョリュウバイの特徴

細い枝に赤、ピンク、白などのウメのような小花を多数咲かせます。尖っており、硬い、小さい葉を持ちます。開花後の果実は褐色で、細長い形をした種が多く含まれています。名前の由来は、葉が「ギョリュウ(御柳)」、花が「梅(バイ)」に似ていることから、「ギョリュウバイ(御柳梅)」となりました。

ギョリュウバイの育て方

育てる場所

日当たり、水はけが良い場所を好みます。関東地方以西では戸外で冬を越すことも可能です。

水やり

表土が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと与えますが、過湿にも弱いため、夏は特に注意が必要です。

肥料

ほとんど必要ありませんが、春〜秋に適宜液体肥料を一度ほど施しましょう。

用土

草花用培養土を使用するか、自分で配合する場合は赤玉土6、腐葉土3、砂1の割合で混ぜ合わせた土を使用します。

植え付け・植え替え

庭植えが好ましいですが、鉢植えの場合は1〜2年に1回植え替えましょう。

増やし方

4〜9月に枝を10〜15cm程で切り、用土に挿し木します。

手入れ

剪定は花が終わった後に行います。9月以降に剪定すると翌年花が少なくなることがあります。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

シロツメクサ

日向か半日陰で育てます。真夏の暑さに弱いので夏は明るい日陰で育てます。 シロツメクサの育て方へ

ガザニア

日当たりと風通しのよいところで育てます。 ガザニアの育て方へ

レンギョウ

日当たりの良い場所を好みます。ただし暑さに弱いので、強い西日の当たらないところで育ててください。 レンギョウの育て方へ

ハナミズキ

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。地植えの場合は、よほど乾燥しない限り水やりの必要は... ハナミズキの育て方へ

ポーチュラカ

シャモジ形で多肉質の葉と茎をもち、暑さや乾燥に非常に強い植物ですが日当たりの悪い場所では花が咲きませ... ポーチュラカの育て方へ

ベゴニア

ベゴニアは赤、白、黄、紫色など花の色が豊富で、春から秋まで長く楽しめる品種です。難しい品種もあります... ベゴニアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料