ジャーマンアイリスの画像

ジャーマンアイリスの育て方

  • アヤメ科
  • アヤメ属

ジャーマンアイリスの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Iris

別名

原産地

欧州

ジャーマンアイリスの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ジャーマンアイリスの育て方

育てる場所

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

水やり

鉢植えの場合、春の生育期は表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。過湿には弱いので、与えすぎには注意してください。それ以外の季節は乾かし気味に管理します。庭植えの場合、乾燥が続かない限り水やりは不要です。

肥料

春と秋に緩効性肥料を与えます。窒素が少なめでリン酸が多めに配合されているものを選びましょう。

病害虫

軟腐病、アブラムシ

用土

水はけのよく肥沃な用土で植えます。赤玉土5、腐葉土5の割合で混ぜ合わせた土を使用します。庭植えで水はけがよくない場合は盛り土するなど工夫します。弱アルカリ性の土壌を好みますので、石灰を混ぜ合わせてpH調整しておきます。

植え付け・植え替え

植え付けはあまく深く植えてしまうと、球根が腐ってしまいますので、少々根茎が見える程度に浅植えします。鉢植えの場合、根詰まりを起こすと生育が悪くなりますので、1〜2年に1回程度、新しい用土で植え替えを行ってください。庭植えの場合も、根が混み合うと生育が悪くなりますので、3〜4年に1回程度、株分けを兼ねて、植え替えを行います。

増やし方

株分けで増やすことができます。

手入れ

花が枯れてきたら、花がらを摘み取ります。一通り咲き終わったら、花茎ごと切り取ります。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

クルクマ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は球根を掘り上げ、5℃以上を保って室内... クルクマの育て方へ

フウリンオダマキ

午前中は日が当たる場所、午後は日が当たらない半日陰で育てます。 フウリンオダマキの育て方へ

サフィニアアート

花弁に星形の模様が入る印象的な咲き姿が特徴のサフィニア。生育・分枝力旺盛で育てやすい。また、ボリュー... サフィニアアートの育て方へ

コデマリ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 コデマリの育て方へ

カラー

カラーは大きく分けて、乾燥地域で育つ「畑地性」と湿地地帯で育つ「湿地性」の2タイプがあります。 カラーの育て方へ

ハツユキソウ

草丈は1m前後になり、茎はまっすぐ直立して上の方でいくつかに枝分かれします。緑の葉縁に白い覆輪が入っ... ハツユキソウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード