寒さに強い、冬型のクラッスラ3選

takenaka

takenaka

公開日:2017.04.16

多肉植物は冬には弱い、というイメージがありませんか。

実は彼らにも好みの季節があり、一様に冬が苦手というわけではないのです。

今回は多肉植物の中でも比較的育てやすいクラッスラから、寒さに強い3種類を冬型の特徴と合わせてご紹介します。

 

冬型とは

「冬型」のクラッスラは夏の間は休眠状態に入り、寒くなると成長していきます。

夏型のクラッスラに比べて寒さに強い品種ではありますが、寒冷地の屋外で育てても大丈夫というわけではありません。

冬型の生育適温は3℃〜20℃が目安です。基本的に日陰に置いた方が元気に育つでしょう。

また水やりは春と秋には土の表面が乾いたらたっぷりとあげ、休眠状態に入っている夏場はほとんど与えなくても大丈夫です。

冬は土と葉の状態をみて、週に1回を目安にあげるとよいでしょう。

 

寒さに強い「玉稚児」

ぷっくりとした肉厚の真っ白い葉っぱを隙間なくぎゅうぎゅうに重ねた姿をしているのが「玉稚児」です。

ぎゅっとした葉っぱをまるで塔のように上へ上へと重ねて成長します。

小型なので見た目がとても可愛らしいクラッスラです。日光に当たらないまま春を迎えると、急に日に当たることで葉焼けを起こす場合があります。

冬の間も時折日光浴をさせるとよいでしょう。

 

寒さに強い「小夜衣」

小夜衣」はシルバーグリーンの葉をもったクラッスラです。

間近で見ると、小さな白い斑点模様が葉っぱ一面に広がっています。

葉の表面はザラッとしていて、ぷっくりととても肉厚です。

葉っぱだけ見るとボリュームがありますが、株自体は小型です。

 

寒さに強い「緑塔」

小さな三角形の葉っぱが重なり合うように積み上がっているのが「緑塔」です。

柱上に上へと伸びていくので、まるで小さな塔がいくつもそびえ立っているように見えます。

冬型の中でも暑さに弱い方なので、高温多湿にやられないように夏場は風通しのよい日陰に置いて水やりを控えるようにします。

日光が当たらない状態が続くと葉が間のびしてしまうので、春と秋には日光浴をさせましょう。

 

まとめ

冬でも安心のクラッスラ達には、ぷっくりとした肉厚の葉っぱを持った小型の種類が多くあります。

その独特の形状は置いてあるだけでも存在感があって魅力的です。

いろいろな種類を集めてインテリアにしても楽しいですね。

 

※トップ画像はPhoto by taiyo-020xoさん@GreenSnap

takenaka
お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

タニラーに関連するカテゴリ

タニラーの関連コラム

タニラーの新着投稿画像

しい

40

バニラシフォンの下葉が枯れてきてたので、お掃除ついでに子株を切り離して植え替えました またバニラ色のお子ちゃまが出来てくれるといいなぁ(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

ととまる111

15

久しぶりに行ったホームセンター🛠 こ、コレは…😳‼️ なんだろう?初めて見た⤴︎

ミッケ

20

こちらもぷっくりツヤツヤ🥺 はーっ(ため息)。いつまでも眺めてられる😍

♥️hisataka♥️

263

葉挿しの鉢‼️

ちか

34

黒法師の葉がポロポロ落ちててガッカリしてたけど… 小さな芽がたっくさん着いてる!?

あすみ

24

良い色になってきました。 可愛くて、可愛くて、 チュッチュッしたい😍😍😍

ミッケ

17

8月にお迎えしたハオルチア。 購入時、赤札処分で安くなっていて、購入後、虫を発見。 なんとか虫に勝ち、今はこんな感じ。 葉がプリっとしてきました。 間延び?してる葉っぱを取ってしまおうか、残しておいて...

makiko

47

トトロの箱庭❣️ 可愛いかな😅 自己満足😆

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード