細かな葉で彩る爽やかグリーンの世界


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.04.28

細かな葉で彩る爽やかグリーンの世界  アスパラガス“スプレンゲリ”

明るいグリーンが爽やかな印象のアスパラガス“スプレンゲリ”。細かい葉が密集しているのが特徴です。

アレンジを美しく仕上げるには、葉がくしゃくしゃしている部分は使わないほうがいいでしょう。
また、この作品のように花の上にかけるようにあしらうと、葉の特徴を活かすことができます。
矯めは効きませんし、加工にも向いていないので、自然の曲がり具合をそのまま利用してアレンジを。白に特殊加工したものも出ています。

花材/アスパラガス〝スプレンゲリ〟、カーネーション、アンスリウム、アジサイ

34(アスパラガス・メリー)

ポイント
右は葉がくしゃくしゃしているもの。左のように、すっきりとしていて美しい部分を選んで使いましょう。

34-1のコピー

ハート型の葉をバランスよく配置する ハワイアンベビーウッドローズ

ハート型の葉がとてもかわいらしく、ツルの質感とシルバー系の色も魅力的です。
葉と葉の間隔が長めなので、大きめの作品には使いやすいのですが、小さな作品に用いる場合には、いくつかのパーツに切り分けて再構成することをおすすめします。

ポイントになるのはやはりハート型の葉なので、各パーツに葉がつくように切り分けましょう。
アレンジをする際、特に葉物や枝物を使用する時に重要なのは、いかに作品の大きさに合わせたパーツに分解し、再構成するかということです。

この作品では、シルバーの質感を引き出すために、同じようなテクスチュアのフランネルフラワーを合わせてみました。

花材/ハワイアンベビーウッドローズ、アジサイ、フランネルフラワー

35(ハワイアンベビー)
ポイント
小さな作品には、いくつかのパーツに分解して使いましょう。ハート型の葉がポイントとなるので、意識して切り分けましょう。

35-1
ツルの動きを最大限に活かすため、他の花や葉はあえて動きを出さないように。

水が下がらず重宝するシダの仲間 シースター

シースターとは、実は通称名で、学名はグレイケニア。
海の星(ヒトデ)に似ていることからシースターと呼ばれるようになったようです。シダの仲間ですが、水が下がりません(下がっているのがわからないといったほうが適切かもしれません)。

完全に水を切ってもフレッシュの状態とまったく形は変わりません。シダの仲間は水が下がりやすいので、今までにないシダの使い方ができる重宝な葉物です。
矯めも効き、そのままドライになるので長くアレンジや花束の骨組みにも使えます。

もともと輸入物で、山採りです。山採りのものは使いなれていない方が多いかもしれませんが、こういった花材を取り入れることでひと味違ったアレンジになるのでトライしてみてください。

花材/シースター、カーネーション、ロフォミルタス、苔ウメ

36(シースター)

ポイント
矯めや葉のカットの仕方でまったく違った効果を出せます。あらかじめ余分な葉は取り除き、葉全体に動きを出すように使うとよいでしょう。

36-1
シースターはメイン花材としてより、効果的な空間演出を行ううえでの主材として使うとよいでしょう。ほどよい存在感を持ち、個性的なラインにまず目が行くため、強い色の花材や多くの色がミックスされた状態に落ち着きを与えることができます。

自然の造形美を見極めて適材適所に リキュウソウ

もともとは百部(ビャクブ)という名で、江戸時代に薬用植物として日本に入ったリキュウソウ。
優しい姿形には似つかず根には毒があり、シラミやノミなどの駆除にも使用されたそうです。
茶人の千利休とは関係ないようです。

日保ちも良く、扱いやすいので人気があります。ポイントは、葉の流れがそれぞれ違うので特徴をよく見て適材適所に配すること。
植物にはひとつとして同じものはありません。人の手では決してできない自然が作り出した造形を、無理なく美しくアレンジすることが大切です。

花材/リキュウソウ、マリーゴールド、カボチャ、アンスリウム、バラ、ダリア

37(リキュウソウ)

ポイント
それぞれ葉の流れが違うので、よく観察して適材適所にあしらうことが大切です。
マスの花とカボチャに、リキュウソウで遊びをプラス。マリーゴールドの黄色とカボチャのオレンジにリキュウソウのグリーンを少々加えています。色の配分に気をつけることが大切です。

37-1のコピー

人工的な色と違い、同じ色でも花によってまったく異なるのでより多くの花を見て色彩感覚を養いましょう。

arrangement Shinichi Nagatsuka
photo (C) Seibundo-Shinkosha

 

出典元:書籍『葉物フラワーアレンジ講座』

種類も豊富になり、フラワーアレンジや花束になくてはならない素材が「葉物」です。花をひきたてるだけでなく、それ自体の美しさを生かしたワンランク上のフラワーアレンジメントにするためのアイデアやテクニックを紹介。水揚げや管理法、葉物図鑑も収録。葉物を使いこなすための知恵がぎっしりの1冊です。誠文堂新光社刊

詳しくはこちら

 

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花のみどりのまとめ

黄色と青と白

study:flower figures

侘び

ドラセナのまとめ🌱✨いけばな定番花材です!😆 おまけ付き

Photo By apricot53

水仙は いけばな花材の定番😁✨ 風を感じることができる可愛いお花です!😜🎊

生花作品 2018

生け花の新着投稿画像

apricot53

178

お稽古速報 テーマは野菜をいける ビーツとケールを使ってみました 素材の色彩感を大切にして

apricot53

178

お稽古速報 テーマは野菜をいける ビーツとケールを使ってみました 素材の色彩感を大切にして

モカママ

88

今日は凄い雨☔️でしたが皆さん大丈夫だったでしょうか😌 あっ🤭もう日をまたいでました😅 昨日、JAの産直で久しぶりに切り花を買いました💐 なんと全部で210円😁 そして素敵に組み合わせて...

みどりちゃん

9

先週の活け直し!いまさらですが、やっと横長の器が手に入ったので…(きゃしゃなプラスティックやけど…)

せーら

5

ヤブランとアンスリウムでいけてみました✨ ヤブランは地味な葉ですが、すご〜くモテるので、手間要らず! お水も殆ど減らず濁らない楽ちん素材です😉

なお

59

河川敷散歩中🚶‍♀️

JJ

60

ピンクのバラ ギガンジューム 擬宝珠 花器は白のコンポート 高さが少しあり、口は広くありません 大きくいけるには不向きです 先生のアドバイスもあり バラメインで小ぶりにしました

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード