知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.05.30

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。

葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。

ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。

破れたり、周りが変色している、葉物をきれいに使う

いつでもきれいな葉があればいいですが、そうもいかないときの応急処置です。

周辺が少し変色したり、傷んでしまっている葉物を

ハサミで傷んでいる部分をきれいに切り取ってしまえば見栄えが良くなります。

上はそのままのドラセナ、下は傷んだ部分をカットしたもの。

カットするときは不自然にならないよう、なるべく葉の形に添って切っていくのがコツ。

01

02

スマイラックスをより魅力的に使う

たくさんの小さな葉がふんわりとついているスマイラックスは、

花束でもアレンジでも重宝しますが、使い方が難しい葉物のひとつでもあります。

たとえば、垂れ下がるアレンジを作るときにうっかり裏ばかりが見えるようになってしまえば寂しい印象に。

ツヤのある表面が見えるように、U字に配置して、葉の表裏両方が見えるように使いましょう。

スマイラックスの表、スマイラックスの裏。表に比べて葉が垂れ下がり、美しく見えません。

垂らすデザインの場合は下の写真のようにU字にして使うと両面の変化も見せられます。

先端はUピンでフローラルフォームに留めます。

03 04

05

水が下がりやすいアイビーを長く持たせる

かわいらしい姿が人気のアイビーですが、切り葉の状態だと水が下がりやすいという悩みどころも。

そこで事前に、植物発根剤などにつけておくと根が出てきます。

そうすれば持ちがよくなります。アレンジ用に常に用意しておくとさらに便利。

普通の水でも水をきれいに保っておけば根が出てくる場合もあります。

根が出てきた状態のアイビー。

こうなれば持ちがよくなり、アレンジに使っても水が下がる心配をしなくてもすみます。

06

葉物を切ったときに白い液体がでてきたとき

ゴム科の葉物やユーフォルビア、ブルースターなどは切ると白い液体が出てきます。

この液体をそのままにしてアレンジをすると茎の断面が固まってしまい、

水を吸いにくくなり、その結果水が下がりやすくなります。

そこで液体は丁寧に拭き取ってからアレンジに使いましょう。

一度きれいにふき取ってしまえば次から次に出てくることはありません。

一部の葉物を切ると出てくる白い液体。これをそのままにしておくと

固まって吸水できず水が下がりやすくなるので、きれいにふき取りましょう。

ふき取った後は液体が出るのも止まります。

07 08

葉がたくさんついている葉物を使うときのコツ

ナルコユリなど1つの茎にたくさんの葉がついているものは、

小さな作品に使うときは葉を間引いてラインを見せた方が、すっきりして使いやすくなります。

まずデザインの完成図を思い浮かべ、必要な葉を選定しましょう。

不要な葉を間引いて、1枚1枚の葉を見せたいイメージ通りにクセづけして形を整えます。

必要に応じて「矯め(ため)る」作業を行えば、より効果的です。

写真は、形を整える前のナルコユリと、不要な葉を間引いて葉にクセをつけたもの。

ナルコユリは葉の根元にヒゲがあるので、それを取り除いた方がすっきりとした印象になります。

そのまま使うともっさりとした印象の葉物でも、ひと手間かけるだけで、こんなに印象が違います。

09 10

 

photo (C) Seibundo-Shinkosha

 


出典元:書籍『フラワーデザインの上達法 グリーン使いのテクニックBOOK』

フラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、「グリーン」の使い方を紹介する一冊。フラワーアレンジメントやブーケに花だけでなく「葉」「枝」などグリーン素材を上手に加えることで、花の見え方や表情が変わってくる。グリーンをどのように扱うか、どのようなデザインで生きてくるかなどをアレンジメント作品とともに紹介する。グリーンテクニックで制作する作品の印象など、美しい写真とわかりやすい図説などを交えて解説する。誠文堂新光社刊

詳しくはこちら

フローリスト編集部
フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花の新着投稿画像

なぎさ

3

先日、蕾で生けた水仙が開花してきました。

にいののん

30

職場のお花シリーズ イメージはホワイトクリスマス🎄 って、白い菊だけだったので🤣 この菊もお花大好きおじさんから頂きました💕 ビニールとゴザを掛けて、霜と寒さから菊を守ってるそうです😊

ヒーちゃん

69

おはようございます! 今日はなんの日? 漢字の日。バッテリーの日。 そしてダズンローズデー! 自分は知りませんでしたが、「12」が重なる12月12日に、12本のバラを愛情のしるしとして恋人にプレゼント...

apricot53

361

今日のお花 スターチス3連投 崩れ丼にいけてみました この花器は最強です✨

apricot53

262

今日のお花 スターチス連投 一時期ハーバリウムに ハマってました 再投稿です

apricot53

257

今日のお花 スターチス マリーゴールドドライとの合わせです チョット予定を変更して スターチス連投します クリスマスいけばなはオアズケ😅 楽しみにしてた方ごめんなさい🙇‍♂️

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード