ワックスフラワーの育て方|植え付けや花がらつみの時期、挿し木の方法は?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.04.27

テカっとしていてまるでロウを塗ったかのようなワックスフラワーはかわいらしく家で育てたい方もいますよね。このページではワックスフラワーの育て方をご紹介します。

育てる場所や用土、水やりなど基本の育て方から花言葉までまとめていますので、ぜひご参照ください。

ワックスフラワーとはどんな植物?

ワックスフラワーはフトモモ科の植物で、オーストラリアが原産です。位置づけとしては低木になり、背丈は50センチから2メートルほどになります。

ワックスフラワーは、4月中旬から6月上旬に赤、ピンク、白の花を咲かせます。

ワックスフラワーという名前はちょっと変わっていますよね。こちらは花弁の表面がロウ(ワックス)を塗られたように光沢があることからワックスフラワーとなりました。

ワックスフラワーの育て方:育てる場所

ワックスフラワーは日当たりを好むので、よく日が当たる場所で育てることで丈夫に育ちます。

ただし、真夏の強い直射日光に当たると、葉が変色しますので、ご注意ください。真夏は明るい日陰に移動させるのがよいでしょう。

ワックスフラワーの育て方:用土

ワックスフラワーの用土は、水はけがよく、なおかつ水もちがよいのもをおすすめします。

市販の草花用培養土で問題ありません。

ワックスフラワーの育て方:水やり

春秋はワックスフラワーの生育期で水を求めますので、この時期は土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。この時期に乾燥させて育ててしまうと、生育に悪く、最悪ツボミや葉が落ちることがありますので、気を付けましょう。

冬は生長がゆるやかになりますので、水やりの回数を減らしてください。

ワックスフラワーの育て方:肥料

ワックスフラワーの肥料は、4月から6月、10月から11月に緩効性肥料を与えてください。市販の顆粒状になったものをおすすめします。肥料は月に1回の頻度で与えるのがおすすめです。

ワックスフラワーの育て方:植え付け

ワックスフラワーの植え付けは4月です。

ワックスフラワーの育て方:手入れ

ワックスフラワーの手入れとして花がらつみが必要です。花がらつみとは、枯れた花をつみとること。また6月から7月に剪定すると、また花をたくさん咲かせてくれますよ。

ワックスフラワーの育て方:増やし方

ワックスフラワーPhoto by みらのさん@GreenSnap

ワックスフラワーの増やし方は挿し木です。

5月から6月が挿し木に最適な時期ですので、試してみてください。

5センチほどワックスフラワーの枝をカットして、清潔な土に挿して増やすことができます。挿し穂は明るい日陰で管理をしてください。

ワックスフラワーの育て方:注意する害虫・病気

害虫はアブラムシです。ワックスフラワーのツボミや新芽について、吸汁してワックスフラワーを弱らせますので気をつけましょう。見つけ次第駆除してください。

病気は、灰かび病です。

ワックスフラワーの花言葉は?

ワックスフラワーの花言葉は、「かわいらしさ」、「繊細」、「気まぐれ」です。

ワックスフラワーの育て方を覚えて花を楽しもう

小さな花を咲かせるワックスフラワーは花言葉同様に繊細でかわいらしいですのです。葉も細かくきれいですので、ぜひお迎えしてみませんか。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード