シンビジウム(シンビジューム)の育て方|植え替えや株分けのコツは?

Lily

Lily

公開日:2021.01.20

淡い花色が多いシンビジウムは、胡蝶蘭よりも落ち着いた雰囲気で耐寒性もあります。室内でも育てることができるので、豪華なシンビジウムの花を飾ることで空間もより一層華やぎます。今回は、そんなシンビジウムの育て方について詳しくご紹介していきます!

シンビジウム(シンビジューム)はどんな花?

華やかな印象のシンビジウムは、東南アジアやオーストラリアなどを中心に生息する多年草植物です。ラン科シュンラン属に分類され、ピンク色や白色、黄色やオレンジ色など花色が豊富で、特に白色のシンビジウムは人気があります!開花時期は12月~4月頃で、花持ちが良く1か月程度観賞することができます。

シンビジウムは小型種であれば花径3cm程度、大型種の場合は約10cm以上の花を咲かせ、花茎が直立するタイプや下垂するタイプ、そして弓状になるタイプがあり咲き方によって印象も変わってきます。耐寒性に優れていて、気温が約2~3度でも枯れることはありません。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:栽培する場所

シンビジウムは日光に当たることでよく育つため、室内で育てる場合は窓辺が良いでしょう。真夏の時期はもちろんですが、冬でも直射日光は葉焼けする原因になるため、カーテン越しに育てるようにしましょう。花が満開に咲いた状態であれば、半日陰の場所で管理しても大丈夫です。

シンビジウムは暑さには少し弱い植物なので、夏はなるべく涼しい場所で育てましょう。関東以南であれば4月~5月頃、北海道や東北の場合は6月以降に屋外に出して育てることをおすすめします!

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:土づくり

シンビジウムに適した用土は、ホームセンターなどでラン用の用土として販売されています。石軽8:バークチップ2、または日向土6:パーライト4程度の割合で混ぜた用土が適していると言えるでしょう。バランスの良い用土を使用することで、シンビジウムも良く育ちます。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:水やり

基本的に水やりは毎日しますが、時期によってその頻度は変わります。春~秋の時期であれば、1日1~2回程度水やりをしましょう。秋~冬は週に2回程度に減らし、土の表面が乾いている時に水を与えるようにしましょう。つぼみが付き膨らんできた頃には、2~3日に1回程度に増やしていきます。

水やりの頻度はあくまで目安ですが、水の与えすぎは根腐れの原因にもなるので気を付けましょう。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:肥料・肥料

シンビジウムには、4月~9月頃に骨粉や油などの置き肥をして、新芽が出る5月頃から1~2週間に1回を目安に液体肥料を与えます。シンビジウムは比較的肥料を好む植物ですが、花が咲く冬の時期には肥料を与えずに育てることで花芽が多く付きます。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:植え付け

5~8号鉢を用意し、鉢底にシンビジウムに適した用土を入れて深く植えすぎないよう高さを調節していきます。周辺に新しい土を入れていき、隙間ができないように棒などで叩きながら土を詰めていきます。シンビジウムの株が植えられたら、鉢の下から透明な水が出てくるまで水を与えます。

シンビジウムは根を縦に伸ばすため、縦長鉢を使用することをおすすめします。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:植え替え

4~5月頃が最適な時期で、2~3年に1度を目安に植え替えをしましょう。一回り大きい鉢に、ラン用の用土を入れて植え付けます。植え替えをしてから約1週間~10日後に水やりや肥料を与えましょう。大きすぎる鉢に植え替えると花付きが悪くなるため、鉢の大きさには十分気を付けるようにしましょう。

シンビジウム(シンビジューム)の手入れ:

花数が多いシンビジウムですが、全ての花を咲かせようとすると株が弱り花芽をつくる力も弱くなってしまいます。そのため、4月~5月頃と10月~11月頃に新芽を除去する芽かきを行います。バルブと呼ばれる葉の付け根の膨らんだ部分に、新芽が1つだけ残るようにしていきます。特に、開花前の10月~11月頃は花芽を取り除かないよう気を付けながら作業しましょう。芽かきをすることで、冬の時期に綺麗な花を咲かせます。

そして、花が咲き終わったらハサミを使用して花径を切りましょう。花を長期間付けておくことで予想以上に負担がかかるため、開花して約1か月後には付け根から花径を切ります。使用するハサミは、衛生面を考慮して加熱消毒をした清潔なハサミを使用しましょう。

シンビジウム(シンビジューム)の増やし方:株分け

シンビジウムは、バルブや新芽の数が増えてきた頃に「株分け」で増やします。株分けの最適な時期は3月~4月頃で、バルブが3つ以上を目安に一株にしましょう。

剪定ハサミや包丁などを使用して切り分けていきますが、このときバルブを傷つけないように注意しながら作業しましょう。株分けした後は、5~8号鉢に植え付けていきます。

シンビジウム(シンビジューム)の育て方:注意する害虫・病気

シンビジウムは、黒斑病というウイルス病や灰色かび病などの病気にかかりやすいです。特に、ウイルス病にかかってしまうと薬がないことから、感染が分かった時点で処分しなくてはなりません。

灰色かび病は枯れた花や葉などを放置しておくことが原因なため、日頃から花がらなどをこまめに取り除くようにしましょう。

また、シンビジウムには、アブラムシやカイガラムシ、そしてナメクジなども発生します。アブラムシはつぼみが大きくなってきた時期、カイガラムシは株が込むことでシンビジウムの葉裏に発生します。ナメクジがいることで新芽や花など柔らかい部分が食べられてしまうため、忌避剤を撒いて予防しましょう。

シンビジウム(シンビジューム)の花言葉

シンビジウムには、「華やかな恋」「高貴な美人」「飾らない心」などの花言葉があります。シンビジウムの豪華な花姿から、華やかな恋や高貴な美人などの花言葉がつけられました。

シンビジウムは花色ごとにそれぞれ花言葉があり、ピンク色は「上品な女性」、白色は「深窓の麗人」、そして黄色のシンビジウムには「誠実な愛情」などがあります。上品な女性や深窓の麗人という花言葉は、ラン科の中でも落ち着いた花色であることが由来だとされています。

シンビジウム(シンビジューム)を育ててみよう

ランの仲間であるシンビジウムは淡い花色が特徴で、胡蝶蘭などとは雰囲気も変わります。胡蝶蘭よりは控えめな印象ですが、数多くの花が咲くので豪華な印象はあります。日当たりや風通しが良い場所で育てるなど、育てる環境に配慮すれば園芸初心者の方でも育てることができる植物です。

室内にシンビジウムの花を飾れば、寒い冬の時期でも一気に華やかな雰囲気になります。ピンク色や黄色、そしてオレンジ色など花色が豊富で、観賞していると自然と明るい気持ちになることでしょう!シンビジウムは花の咲き方などもさまざまなので、ぜひともご自身が好きなシンビジウムを見つけて、ご自宅で育ててみてはいかがでしょうか。

Lily
お花や植物が好きで、休日は四季折々の花が咲く公園や観光スポットなどを訪れています。さまざまな種類のお花の育て方などについてご紹介していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード