バラの画像

バラ(薔薇)の育て方|地植えや鉢植えのコツは?種類別の剪定の仕方は?

  • バラ科
  • バラ属
バラ(薔薇)の育て方|地植えや鉢植えのコツは?種類別の剪定の仕方は?の画像

古代ペルシャ・ローマの時代から栽培されてきたバラは、長年品種改良を重ねられその種類は膨大です。育ててみたいバラが多すぎて困るというバラ好きの方は多いのではないでしょうか?あでやかなハイブリッド、香りが強くカップ咲きのオールドローズなど枚挙にいとまがありませんね。

そんな大人気のバラの育て方についてご説明します。

バラ(薔薇)の栽培場所

さまざまなタイプの花姿が楽しめるバラですが、樹形で分けると「木立性」「つる性」「矮性のミニバラ・スプレイ系」の3タイプがあります。どのタイプのバラでも、地植えでも鉢植えでも、バラの栽培環境はとても重要です。

地植え・鉢植え共通

バラを育てるときは、基本的に日当たりがよい明るい場所、そして風通しのよい場所を選ぶことが重要です。日陰で風通しの悪い場所では、うどんこ病が発生しやすくなるので注意しましょう。

地植え

バラを地植えできるガーデンスペースがあるなら、木立性の大型バラのスタンダード仕立て、つるバラをアーチに仕立てるなどダイナミックな楽しみ方が可能です。

鉢植えと違い移動させることができないため、真夏の日照時間や梅雨時の風通しなど、生育条件を考慮してバ植える場所を選びましょう。

鉢植え

ベランダやエントランスなら、木立性のバラやミニバラの鉢植え栽培が楽しめます。季節に応じて鉢の設置場所を移動することができるので季節や天気の状況にあわせた管理ができるところが利点です。

バラ(薔薇)の水やり

バラを健康に育て美しく花を咲かせるための重要なポイントに水やりがあります。ただ水をあげればいいというものではなく、水の量や頻度、掛け方について、バラの状態に気を配りながら調節することが必要です。

地植え・鉢植え共通

バラには、基本的には表面の土が乾いたら水やりをすればOKです。ただし、季節によって調節が必要です。

例えば真夏の暑い時期には葉や花にかかった水はあっという間に熱湯状態になり、株を弱らせる原因となります。なるべく朝の早い時間帯に水をあげるようにしましょう。バラの休眠期となる冬場には、控えめな水やりで十分です。

地植え

バラを植えている場所があまり水はけがよいとはいえない場合は、根腐れ防止のため水やりは控えましょう。ただし花や葉の状態に目を配りしおれるようなら都度水やりを行います。

鉢植え

普段は週に2,3回程度株元に静かに水やりを行うようにしましょう。受け皿に水が染み出るくらいが適量です。雨の当らない場所に鉢を置いている場合は、晴天の日を選んで葉ダニ防止のため葉水として葉や茎にも水をかけてあげるとよいでしょう。

バラ(薔薇)の肥料

地植え・鉢植え共通

「花の女王」と呼ばれるほどの美しい花を咲かせるだけあって、バラは多くの肥料を必要とします。バラの根元に与える元肥、地上部から与える追肥共に多めに与えるようにしましょう。

まず元肥を与える時期ですが、鉄則は「根が休眠している1月から2月初めに行うこと」です。目に見える芽より先に根が活動し始めるため、新芽が出る前に行うことが必要です。バラが休眠状態となっている厳寒の時期に行うため、寒肥とも呼ばれます。

バラの根が目覚め茎や枝に養分を起こり始める早春、地中の温度が上昇してから根部分を動かすと根を傷めることになることも。できれば毎年この休眠期にバラの根元を掘り下げ、元肥を与えておくようにしましょう。

自然の中で咲く草花には、周囲の木が秋に落とした葉が腐葉土となって栄養分となりましたが、庭や鉢の中のバラには私たちに人間が元肥・追肥を与える必要があります。

また、元肥には土中の栄養分を補充する意味のほかに、生育に必要なバクテリアを活性化させ、値をリフレッシュさせる効果が期待できます。よく使われる有機質肥料には、鶏・牛ふん、油かす、骨粉などがあります。これらを腐葉土や堆肥ミックスして利用します。

そのほか緩効性化成肥料も、成分に含まれるリンサン効果で値を健康・丈夫にしてくれるのでぜひ使いたい肥料です。

地植え

庭植えのバラも、できれば冬の休眠期時に根元を掘り下げて元肥を施しましょう。根に空気を送り込むことは根の生育によい影響を及ぼします。地植えは肥料が周囲に流れることを想定して、鉢植えよりも多めに肥料を施しましょう。

また四季咲き品種のバラの場合、夏の剪定時に肥料を多め(一株当たり一握りの緩効性肥料)を与えておくと秋の花つきがよくなるので、忘れず与えておきます。

鉢植え

鉢植えのバラに活用したい肥料は、液肥です。高価な肥料ですが即効性があり、特に開花時期には水やりを兼ねて施しておくと花が元気に次々と咲きます。活力剤の使用も効果的です。また、根元には発行油粕や緩効性化成肥料を置き肥しておきましょう。

バラの休眠期には掘り下げて元肥を与え、根詰まりしているようなら一回り大きいサイズに鉢替えを行います。このとき、根の先端部分が根腐れを起こしていないかもチェックしておきます。

バラ(薔薇)の土

地植え・鉢植え共通

バラは水はけのよい有機質土壌を好みます。赤玉土もしくは庭土に腐葉土やピートモス、バーク堆肥を混ぜてふかふかした土をつくり、適宜牛ふんや鶏ふんなどの養分をプラスしましょう。そして、元肥料や予防薬剤も忘れずに混ぜ込んでおきます。

市販されているバラ専用の土は、初めてバラを育てる初心者の方にもおすすめです。

バラ(薔薇)の育て方で注意すべき病気・害虫

地植え・鉢植え共にバラにつく病害虫や病気は共通です。丹精込めて育てたバラの開花のために日ごろからしっかりチェックしておきましょう。

つきやすい害虫

春先の3月下旬あたりに、バラの新芽にきやすい害虫の代表がアブラムシです。駆除に有効な薬剤は、スミチオンやオルトランの1,000倍希釈液を、新芽周りを中心として株全体に散布しておきましょう。

また、有機質土壌を好むコガネムシは、バラが植えられたふかふかの土壌が大好きです。成虫は初夏から秋にかけて葉は花弁を食べ、3年間も土中にいる幼虫は夏から翌春にかけてバラの根を食べてしまいます。

できれば、元肥を与える際に幼虫のうちに対峙するといいでしょう。成虫駆除に有効な薬剤はベニカ水溶剤をまいておきます。

突然バラのツボミが乾燥したようにしおれてしまったら、まず間違いなくバラゾウムシの仕業です。成虫にはスミチオンなどの殺虫剤を散布して対処します。落ちた新芽やツボミは卵が産みつけられている可能性があるため拾い集めて処分します。

かかりやすい病気

うどん粉病は、粉をまぶしたような白いかびが生える病気で、特に蕾につくと開花を阻害するため注意が必要です。カビ胞子が風で飛散するため見つけたらすぐ摘み取ることが大切です。症状が出ている葉や蕾を見つけたら摘み取り処分します。

また、黒点病は葉に黒い斑点ができた後黄変して落葉してしまう病気です。バラの葉を減らしてしまうので成長が遅くなり、花が咲きにくくなります。雨の多い時期に多く発生する理由は、土の中の黒点病細菌が雨で跳ね返ってしまうからです。

バラ(薔薇)の植え付け・植え替え

バラの植え付け

バラの苗には「新苗」「大苗」があり、それぞれ植え付け時期がそれぞれ異なります。

前年の秋以降に接木をした若い苗のことを新苗と呼び、春から梅雨前にかけての時期に植え付けます。大苗は接木したあと1年以上育苗した苗のことです。どちらも冬に入る前の休眠時期に植えつけますが、寒さの厳しい時期は避けるようにします。

バラの植え替え

植え付け同様に、植える場所や鉢を変える植え替えの時期もバラの休眠期になります。

落葉して光合成が停止し、根から最低限の水分を吸い上げている時期だからこそ安心して根を触ることが可能になります。根がよく回っていれば鉢をサイズアップしてあげましょう。また根が長い場合は、丸めるように入れてあげればOKです。

バラ(薔薇)の増やし方(挿し木)

バラの増やし方は挿し木が一般的です。

挿し木に必要な道具

バラの挿し穂:今年伸びた充実した枝を使いますが、先端部分は使用しません。細い方が発根しやすく、太いと発根後の成長が早くなります。

養分のない清潔な土:肥料をいれない小粒赤玉土などが最適です。
切れ味のよいカッター:さし穂を作るときに使います。
プランター:挿し木をさす土を入れる小さめの容器を用意します。

挿し木の時期

春から夏の初めにかけての、気温が20度を超えた頃が挿し木に適した季節です。ちょうど秋咲き前の選定時期にあたりますから、選定で切った枝を挿し穂にするとよいでしょう。

挿し木の方法

植え替えまでは清潔に保つことを心掛けます。

1.10cmくらいにカットし3~4枚刃を残した挿し穂を用意します。
2.1時間ほど吸水した挿し穂に発根剤をつけ、土に穴をあけてから挿し穂をさします。
3.霧吹きなどで毎日水分を切らさないように気を付けると平均1.5~2ヶ月で値が伸びます。
4.たくさん根が伸びてきたらバラの土に植えて、日当たりのよい場所に置きます。

剪定したバラの枝は、1時間ほど水を吸わせます。

バラ(薔薇)の剪定

バラは年に何度も美しい花を咲かせるだけあって、幹本体は疲弊しやすく老化の早い植物です。そのため、よい芽を伸ばし、花月をよくするための選定は欠かせない作業です。

四季咲きバラの剪定

四季咲き性のバラの場合は春バラ、秋バラシーズンに備えて年二回、冬と秋のはじめに行う秋の剪定のヽ隻律屏の作業になります。オールドローズのように一季しか咲かないものは、春の剪定だけになります。

四季咲きバラの休眠期(強剪定)と秋のはじめ(弱剪定)の二回に分けて行います。春バラ、秋バラシーズンに備えて行うとおぼえておくとよいでしょう。

一季咲きバラの剪定

オールドローズのようにワンシーズンのみ開花するバラは、冬に行う春の開花に備えた剪定だけになります。

バラの強剪定(四季咲き性:ハイブリッド・フロリバンダ)

思い切り枝を切り落とし、根元の枝を短く残す強剪定ですが、品種によって切り詰める度合いは異なります。

ハイブリッド系(四季咲き大輪花)とフロリバンダ系(四季咲き中輪花)は、剪定前の1/2の高さまで切り詰めます。ハイブリッド、フロリバンダともによい芽を選んで、その芽の上5mmの位置で切ります。

芽が伸びる方向に向かって、斜め上向きになるようにカットします。よい芽は丸く締まった芽で、伸びはじめている芽は避けるようにします。また、株の内側に向いている芽は避け、外側に向かっている芽を伸ばすようにします。

バラの強剪定(つるバラやイングリッシュローズ)

ツルバラやイングリッシュローズの場合は、樹高が2m以上になる事も少なくありません。このような品種は枝の先端を10~20cmカットするだけにとどめます。

バラの弱剪定(四季咲き性のみ)

春から夏にかけての成長期は、どうしても枝葉が混み合います。風通しをよくするため、そして秋に咲く花のために弱剪定を行います。よい芽から上5㎜の位置で芽が伸びる方向に合わせて斜めにカットします。

「ふところ枝」と呼ばれる内向きの細い枝や、枯れた部分を枝元からカットします。ただし葉はなるべくたくさん残すように注意します。

バラ(薔薇)の花言葉

恋人に贈るお花としては王道のバラ。プロポーズ時にバラの花束を贈られた思い出がある女性は幸せですね。

当然バラが持つ花言葉も「情熱」「熱烈な愛」といったフレーズが並びます。

一方花の色によって微妙に異なる意味を持つため(例えば黄色は嫉妬など)、ギフトとしてふさわしいか心配になることもあるようです。しかし沢山の意味が与えられているのでそれほど神経質にならずに相手が好きな色のバラを贈ってはいかがですか。

バラの花言葉を詳しく見る 》

バラ(薔薇)の花の寄せ植え

バラと一緒に宿根草やコンパニオンプランツを植えたり、あるいは鉢の中で他の草花との寄せ植えを楽しむとさらにバラの美しさが引き立ちます。

地植えでスペースに余裕があるなら、「ツルバラ×クレマチス」はあこがれのイングリッシュガーデンの定番植栽。また春に咲く宿根草や球根類を植えておくとバラの開花時期とあいます。

ハチやプランターでの寄せ植えなら楽しみ方はさらに広がります。
ムスカリなどの小球根なら植えっぱなしで手間いらず。パンジーなどの小さな花と合わせるのもおすすめです。

さまざまなバラ(薔薇)の花を、鉢植えや地植えで栽培してみよう!


園芸愛好家なら一度は夢見るローズガーデン。広い芝生がひろがる庭があればと夢見てしまいますが、小さなお庭であっても狭いベランダであっても自分の好きなお花が咲く場所こそマイガーデンです。

ぜひ今年こそ好きなバラを選び、自分だけのローズガーデンを実現しましょう。

※トップ画像は裏花火さん@GreenSnap

バラの新着コラム

バラの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
原産地
アジア、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、アフリカ

バラの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

バラの新着投稿画像

みんなのバラの育て方

姫バラ・姫乙女

ミニバラ

バラ花ざかり

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード