ベニバナの画像

ベニバナの育て方

  • キク科
  • カルタムス属

ベニバナの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Carthamus tinctorius

別名

原産地

-

ベニバナの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

普通

耐暑性

普通

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ベニバナの育て方の画像

ベニバナの育て方

黄色やオレンジの花を咲かせるベニバナを乾燥させることで紅色の塗料に変身するありふれた植物です。

また乾燥させると血行促進作用がありとされ養命酒などに含有されています。

塗料や生薬など色々な用途があるベニバナの育て方についてご紹介します。

基礎情報

日当たり

ベニバナは日光を好みます。日当たりは良い方がすくすくと育ちます。

 

置き場所

ベニバナは風がよく通る環境で育てましょう。乾燥には強く、高温多湿を嫌います。

やや低温に耐えることができ、「雪」や「霜」に当たっても枯れない頑丈さがあります。

真冬は流石に耐えられない時期でもありますので、敷きワラなどを株元へ覆ってあげましょう。

 

水やり

過湿の環境を苦手としますので乾燥気味に育てましょう。土の表面が乾いていたら水を与えます。

夏場は葉に水がかかると炭そ病を引き起こすことになりますので株元にそっと水やりを施します。

地植えの場合は、植え付けをした後当分は乾燥させないように水やりをしましょう。

降雨の力でほとんど生育しますので雨がなかなか降らないときは水やりを行いましょう。

鉢植えでは、土の表面が乾いてから水やりをします。

乾燥気味に管理することを心がけましょう。

水分を与えすぎると根腐れの原因に繋がりますので注意が必要です。

 

肥料・追肥

肥料の与え過ぎはバランスが悪くなり茎が伸びすぎてしまいます。

鉢植えの場合、肥料は植え付けの際に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。

その後、追肥を施す必要はありません。育ち方に合わせて1か月に1回、液体肥料を与えても構いません。

地植えで育てているのであれば、耕した土に腐葉土か堆肥を多く混合させておきます。

そして、ゆっくり効く化成肥料を施しておきましょう。追肥は行いません。

 

用土

排水性のある土を選択しましょう。有機物が多く含んだ土も適合しています。

ベニバナは酸性の土ではよく育てませんので石灰を用いて弱酸性寄りに変更させておきましょう。

地植えの場合はこの条件の土を用意します。

鉢で育てていく場合、小粒の赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜ込んだものに苦土石灰を少し含ませておきましょう。

苦土とは酸化マグネシウムのことです。

 

植え替え・植え付け・種蒔

花が咲いた後に実を結んだら枯れてしまいますので植え替え作業はしません。

基本的に植え付けでも種蒔でも暖かくなる時期の3月〜4月に行います。

植え付けのときは、購入してきたまたは育てた育苗ポットから取り出します。

取り出すときに根についた土をほぐしてはいけません。鉢の目安として5号鉢か6号鉢を用意しましょう。

1つの鉢に1つの株を植え付けます。プランターに植えるのであれば15cm以上20cm以下の間隔を空けておきます。

地植えでは20cm〜30cmが良いでしょう。種蒔に関しては「増やし方」でご説明します。

 

増やし方

種蒔では、関東地方より南の暖地であれば10月から11月に撒くことが可能です。

育苗ポットに小粒の赤玉土やバーミキュライトなどを単体で入れたり、種まき用の土を入れます。

ポットの中心に指などで窪みを作ったらそこにベニバナの種を2・3粒蒔きます。

発芽確認までは土を乾燥させないよう水やりを欠かさず行いましょう。本葉が5、6枚付き始め根もしっかりしたら植え替えます。

春に蒔くと7月に花を咲かせますが、雨に当たる時期が多いのでカビが生えやすくなります。

できれば秋蒔きをおすすめします。

 

病気・害虫

ベニバナの病気には、炭そ病にかかることがあります。雨で泥はねして寄生したり土の中に潜んでいることが多いです。

株元に注ぐように水やりして泥はねを無くしましょう。害虫には、アブラムシやハモグリバエなどに気をつけましょう。

 

管理温度

ベニバナは20度前後が生育適度となっています。高温多湿の環境にならないように注意して育てましょう。

 

種類・品種

ベニバナの主な原産地には、西アジアや地中海沿岸の地域です。

日本には、シルクロードから中国を通って知れ渡りました。万葉集などにも登場する古来より親しまれてきた草花です。

草丈は0.6m〜1.2mと幅広く、キク科の仲間です。

品種には最上紅花やトゲなしベニバナ、しろベニバナなどがあります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

開花当初は濃い黄色の花を咲かせますが、時間が経つに連れてオレンジ色へと変色していきます。

花後近くになれば紅色になります。3段変化をする特徴のある花ですね。

花の姿はアザミの花と類似しています。葉っぱと総苞にトゲがあり鋭くなっています。紅色に変わらない品種も存在します。

 

トリビア

花言葉

ベニバナの花言葉には、特別な人・包容力・愛する力・化粧・装いという意味が込められています。

ベニバナの色素を用いて口紅やチークなどの化粧品に使われていることから「化粧」や「装い」という花言葉が付いています。

 

由来伝承

ベニバナの学名には、Carthamus tinctorius(カルタムス ティンクトリウス)と呼ばれています。

カルタムス属に分類されアラビア語かヘブライ語の「染める」という意味に由来しています。

ティンクトリウスには「染料になる」という意味のラテン語です。日本での栽培は山形県が有名で江戸時代から親しまれています。

花後、乾燥させて紅色の塗料にしたり血行促進剤の効力を持ち合わせているので生薬として使われています。

サラダ油や化粧品にも利用されています。

 

まとめ

歴史的草花であるベニバナの育て方をご紹介しました。様々な用途に使えるベニバナは非常に色の濃い花を咲かせます。

ぽんぽんのようにまん丸とした花が可愛らしいので是非育ててみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『ベニバナの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

ケイトウ

鮮やかな花色で、夏から秋にかけて開花します。日本では奈良時代頃から親しまれている花です。古名は韓藍(... ケイトウの育て方へ

センニチコウ

鮮やかに色づいている部分は花でなく、苞葉に当たります。日本の夏に適した性質を持ち、長期間咲きます。近... センニチコウの育て方へ

ジャーマンアイリス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ジャーマンアイリスの育て方へ

ガーベラ

花色は赤、ピンク、オレンジ、黄色、白など多彩で、色によって花言葉が変わります。花形もバリエーション豊... ガーベラの育て方へ

フクシア

日当たりのよい場所を好みます。暑さ、多湿には弱いので、夏場は風通しの良い半日陰で育てます。冬場は5℃... フクシアの育て方へ

ムスカリ

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 ムスカリの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料