ブルーサルビアの画像

ブルーサルビアの育て方

  • シソ科
  • サルビア属

ブルーサルビアの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Salvia farinacea

別名

サルビア・ファリナセア

原産地

オーストラリアを除く温帯、亜熱帯

ブルーサルビアの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ブルーサルビアの育て方

育てる場所

日当たりを好み、水はけがよく、しかも乾燥しないところが適地です。

水やり

用土が乾き始めたらたっぷりと与えます。水分が切れると生育が悪く、下葉が枯れ上がることがあります。

肥料

庭植え、鉢植えとも定期的に与えます。肥料がなくなると生育が止まる為、月に1回、緩効性肥料の置き肥か、月に3回ほど液体肥料を与えます。

病害虫

アブラムシ、ヨトウムシ、ハダニ

用土

赤玉土6、腐葉土4の配合土や、市販の草花用培養土などを利用します。

植え付け・植え替え

5月上旬ごろにタネをまき、タネは好光性なので覆土はごく薄くし深く埋めないようにします。発芽までの7~8日は乾かさないよう注意して、発芽してからは日によく当てて徒長させないように気をつけてください。

増やし方

主にタネで増やしますが、さし芽でも簡単に増やせます。摘心や切り戻したときの芽をさすと簡単に苗ができます。

手入れ

咲き終わった花穂の切り取り、夏に半分ぐらいの高さで切り戻しをします

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

温帯スイレン

花は昼咲き性。根茎が太く長く、春に根茎の先端から芽を水中に伸ばし、水面に葉を広げます。 温帯スイレンの育て方へ

ノウゼンカズラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ノウゼンカズラの育て方へ

シモツケ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シモツケの育て方へ

ケイトウ

鮮やかな花色で、夏から秋にかけて開花します。日本では奈良時代頃から親しまれている花です。古名は韓藍(... ケイトウの育て方へ

アベリア

春〜秋の長い期間、鐘形の小さい花をたくさん咲かせる常緑性の低木。花の香りが豊かで排気ガスに強く、丈夫... アベリアの育て方へ

カスミソウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カスミソウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料