コウモリランの画像

コウモリランの育て方

  • ウラボシ科
  • ビカクシダ属

コウモリランの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Platycerium bifurcatum

別名

ビカクシダ

原産地

世界の熱帯

コウモリランの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
コウモリランの育て方の画像

コウモリランの育て方

ビカクシダという別名でも呼ばれているコウモリランは、葉が不思議なフォルムをしていることから、インテリアとしての存在を充分に発揮してくれる観葉植物です。

丈夫なことでも知られています。そんなコウモリランの育て方について紹介していきます。

基礎情報

日当たり

コウモリランが自生しているのは、アフリカやマダガスカルなどの熱帯地域です。

そのため、コウモリランは日光を好み、日陰などの日が当たらない場所で管理すると、葉っぱの色が黄色く変色してしまうことがあります。

日光を好むといっても、直射日光にには弱く、夏の強い日射しに長時間あたっていると葉焼けを起こしてしまうこともあるので、夏場だけは、日陰か、室内に取り込んで、カーテンなどを使って光の調節をしてあげてください。

 

置き場所

10度以上の場所で育てるのがポイントとなっているので、基本的には室内でも屋外でも育てることができるようになっています。

気温が5度以上であれば、冬を越すこともできます。

夏は日射しが強くなってくるので、コウモリランに直射日光があたらないように注意しましょう。

それ以外の季節では、日の当たる日向に置いて管理してもかまいません。

室内で育てる場合の置き場所は窓際にして、カーテンで日光の調節ができるようにしましょう。

冬になると窓際は気温がさがってくるので、冬だけは窓際から離れた場所で育ててください。

 

水やり

コウモリランは高温多湿の環境を好む植物です。そのため、水苔やチップが乾いてきた時に、水やりをするようにしましょう。

霧吹きを使って、葉っぱと植え込みの両方に水をあげてください。

2、3日水やりをしていなくとも、十分元気に育ってくれるので、水苔やチップが乾いていない時に、水をあげるのはやめましょう。

水の与えすぎによって、コウモリランが枯れてしまうことがあります。

鉢植えでコウモリランを育てている時は、水を上からかけてあげるのではなく、鉢を深めの受け皿にいれて、その受け皿に水を溜めて、鉢の下側から水を吸わせるようにしてあげてください。

数分で水を吸い上げてしまうので、水を吸い上げなくなるまで水を与えて、残ってしまった水はすぐに捨てましょう。

他にも、インテリアにするために、木の板に着生されているコウモリランを育てる時は、その板ごと、水を張った洗面器に浸けておきます。10分ほどで水が染み込みます。

 

冬場は、他の季節ほど水やりをする必要がありません。

乾かし気味に育てていれば、寒さに強くなってくれるので、冬を越しやすくなります。

 

肥料・追肥

コウモリランの生育期である春から秋にかけての期間は、2、3ヶ月に1度、コウモリランの葉っぱの付け根の部分にある外套葉という茶色の葉っぱの下の水苔に、効き目がゆっくりと効いてくる緩効性化成肥料を与えます。

肥料を与えることで、コウモリランの株を元気に、そして大きくすることができるようになりますが、肥料を与えすぎてしまうことは枯れる原因になるので気を付けましょう。

 

用土

コウモリランを鉢植えで育てる場合には、ピートモスが8、パーライトが1、軽石の小粒が1の割合で混ぜ合わせた配合土を使いましょう。

他の配合では、ピートモスが7、パーライトが2、軽石の小粒が1のものがあります。

水はけの土を好み、保水性の高い水苔をいちばん使うのが良いです。

ヘゴ板やハンギングで室内に飾りたい場合には、水苔を使って、コウモリランを着生させましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

コウモリランの植え付けに適している時期は、5月の中旬から9月の中旬となっています。

鉢植えに植えつける場合は、苗の根っこの部分についている土をもみほぐしてから取り除いておきます。

水苔を丸めてから苔玉にして、根っこの部分を苔玉で覆います。そこをさらに水苔で周りを覆っていきます。

鉢の底に軽石や発泡スチロールを敷いて、苗を植えていきます。

鉢ごと水の中に沈めてから、水苔に水を吸わせて、水を完全に吸ったら、半日陰の場所に置いて管理してください。

ヘゴ板に着生させる場合は、ヘゴ板にワイヤーを通すための穴を数か所空けておきます。

水苔玉と根っこがへばりついている苗をヘゴ板に乗せてから、ワイヤーかシュロ縄を使ってコウモリランを固定させます。

鉢植え同様にヘゴ板ごと水の中に沈めてから水を吸わせて、水を吸ってから、半日陰の場所に置いておきます。

コウモリランがよっぽど大きくならない限りは、植え替える必要はありません。

株が大きくなった時には、5月から8月の間に、2、3年に1度の回数で植え替えをします。

植え替えの方法は植え付けと同じになっています。植え替えの時に胞子葉が枯れていたら、すぐに取り除いてください。

葉っぱの表面に産毛のようなものがついている時は、触って取らないように気を付けましょう。

それを取ってしまうと、種子がつかなくなってしまいます。

 

増やし方

コウモリランは株分けや胞子から増やす方法があります。

どちらも植え付けや植え替えの時期と、同じころにするのが適期となっています。

大きくなってしまった親株のコウモリランを株分けするには、外套葉の下の部分からでてきている子株を切り取っていきます。

子株には胞子葉が3枚ほどつけて切り取るのがポイントとなっています。

切り取った子株をヘゴ板や鉢に植えつけて、1ヶ月の間は明るい日陰に置いて管理しておきます。

胞子から増やす方法では、葉っぱの裏についている胞子をスプーンで削り取り、湿った土を敷いている深い受け皿の中に胞子を蒔きます。

常に土を湿らせておくため、ラップなどで蓋をしておきます。常に20度くらいの気温をたもち、明るい日陰で管理してください。

表面の土が乾いてきそうだあと思った場合は、霧吹きをして湿らせてあげてください。

しばらすするとコウモリランの芽が出てくるので、それをインテリアとして使用することができるようになります。

 

病気・害虫

コウモリランがかかりやすい病気では、春から秋にかけて、高温多湿の環境で葉っぱに発生しやすい炭そ病というものがあります。

炭そ病は、黒褐色の斑点が葉っぱに出て、徐々に範囲が広がっていき、葉っぱに穴が開いてしまったり、枯れてしまったりして、植物を弱らせていく病気です。

炭そ病が発病してしまった葉っぱを見つけた時は、すぐにその葉っぱを取り除いて、薬剤を散布しましょう。

気を付ける害虫では、カイガラムシがあります。

どんな植物にも寄生して、年間を通して葉っぱを食害していくので注意が必要です。

発生しやすくなるのはコウモリランの生育期でもある5月から7月にかけての間で、カイガラムシを放っておくと、カイガラムシの排泄物によってすす病という病気が誘発されてしまうので、見つけた時は早めに駆除してください。

幼虫の場合は殺虫剤で駆除できますが、成虫になってしまうと薬剤が効かなくなるので、ブラシなどでこすり落としましょう。

 

管理温度

コウモリランは、10度以上の温度を保って育てることがポイントとなっています。

熱帯で育つ植物なので、最低でも5度以上の気温がある環境で育てるのがこのましいです。

氷点下にならないかぎりは冬を越すことはできますが、より安全に冬を越したいという場合は、暖かい部屋に置いて管理しておきましょう。

夏場の高温を好むので、夏には風通しが良く、直射日光があたらない場所で管理してあげてください。

 

種類・品種

コウモリランの種類には、全部で18種類ほどあり、品種によって葉の形や色が違ってきます。

プラティセリウム・ビフルカツムという品種は、コウモリランの中でも一番ポピュラーなものとして知られています。

暑さや寒さにも強く、管理もしやすいことから、園芸でも流通しています。

プラティセリウム・ウィリンキーという品種は、胞子葉が細くなっており、長く垂れ下がっている姿が特徴的です。

角度によっては純白色にも見えてくる品種で、乾燥にも負けない丈夫さがあり、繁殖力も強いため増やしやすくなっています。

プラティセリウム・スペルブムというのは、コウモリランの中でも大型のものとして知られる品種です。

スペルブムというのは、気高い、上品という意味があり、日本の寒さや暑さにも耐えてくれるので、大きなサイズのものを育てたい時はこれを選んでみてください。

他にも、プラティセリウム・エレファントティスという品種があります。

熱帯雨林の中にある、やや乾燥気味の場所で生息している品種で、切れ込みのない外套葉がゾウの耳のようだと言われていることから、この名前がつけられました。

 

トリビア

風水

コウモリランの緑色にはリラックス効果があると言われており、心を癒したい時にはインテリアとして室内に飾ってみるのがおすすめです。

外套葉の部分の色も変わり、緑とブラウンの色が同時に見られることも、心を癒す効果が高くなるということで、リラックス効果が高い植物として知られています。

 

花言葉

コウモリランの花言葉には、「信頼」「助け合う」「魔法」などがあります。

野生種のコウモリランは、そのほとんどが樹木に着生して育っています。

そのため、大木の協力がなくては生きてはいけないということから、信頼や助け合うという花言葉がつけられました。

 

由来伝承

コウモリランは、その葉っぱの形がコウモリの羽のようにも見えるということから、コウモリランという名前が付けられました。

また、明治の初期頃には日本へと伝わって、葉っぱが鹿の角、ビカクに似ているということから、和名でビカクシダという名前が付けられました。

 

まとめ

独特でユニークな形の葉っぱをしているコウモリランは、熱帯地域で育ったことから、水やりも少なめで済み、丈夫なため、初心者でも簡単に育てる事ができるようになっています。

ハンギングや板に着生させて育てることもできるため、インテリアの一つとして取り入れることもできます。

リラックス効果もあるコウモリランを、ぜひ家に飾ってみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『コウモリランの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラの育て方へ

ディフェンバキア

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ディフェンバキアの育て方へ

ホヤ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... ホヤの育て方へ

バオバブ

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる屋外へ置いてください。夏の直射日向も問題ありません。寒さ... バオバブの育て方へ

エバーフレッシュ

耐陰性がありますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。寒さに弱いので冬は室内の日当たりの... エバーフレッシュの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料