カラテアの画像

カラテアの育て方

  • クズウコン科
  • カラテア属

カラテアの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Calathea

別名

原産地

南米

カラテアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
カラテアの育て方の画像

カラテアの育て方

おやすみなさいと、布団をかぶるようにして、カラテアの植物も夜になると眠ります。

広げてあった葉っぱを上に立て、きゅっと身を寄せます。

これらは休眠運動と呼ばれ、ネムノキなどにも見られる特徴です。

カラテアの知られざる生態を知り、育ててみましょう。

基礎情報

日当たり

カラテアは強い光が大嫌いです。

明るい日陰で育ててあげると元気に育ちます。

ただし、暗すぎる日陰で育てた場合、今度は勢いがなくなって、葉色が悪くなってしまうので、

年間を通して明るい日陰になる場所がベストになります。

室外で育てるならば、木陰のそばに置いてあげましょう。

春から秋にかけて、木漏れ日がそよぐような日陰が理想的です。

家がマンションなどで庭がないなら、直射日光の当たらない日陰を見つけましょう。

ホームセンターなどで売っている、透明なプラスチック板を遮光板代わりに使用して、ベランダに置いてもいいでしょう。

直射日光を避ける工夫を心がけましょう。

室内ならば、明るい部屋中を選び、レースのカーテンで光が遮ぎられる窓際に置きましょう。

 

置き場所

置き場所の必須条件は、一年を通して明るい日陰になる場所です。

庭木がある家なら、広葉樹の木陰になる場所や、木漏れ日が落ちる場所に置きましょう。

ベランダならば、遮光板で光線を遮るように工夫をして、直射日光が避けられる場所に置きましょう。

カラテアは強い風に弱い傾向があります。

野外の置き場所で、強風に煽られやすい箇所は避けるか、また風よけの物を置くなどして、風の通りを制限しましょう。

高温多湿を好むため、年中を通して室内で育ててもよいかもしれません。

気温が10℃を切ると、途端に生長が著しく低下します。

家庭であっても、常に暖房をいれっぱなしにして12℃以上を保つか、

真冬の時期ならば保温のため、ダンボールなどで空気の層を作るようにしましょう。

乾燥にも注意が必要で、暖かな室内であっても、暖房が直接当たる場所は避けます。

日陰を好み、強い風と寒さ、乾燥に弱いデリケートな生態なので、置き場所には少し考慮が必要です。

上級者向きの植物といえます。

 

水やり

カラテアはアメリカでも熱帯地方が原産になるので、高温で湿気た環境を好みます。

夏場の水切れがないように、土が乾いたらたっぷり水を与えましょう。

しかし、土が四六時中湿っていると、根腐れになるので、乾いたらあげてください。

特に夏場は、朝にあげていても、乾きやすいので、夕方になってから、

土の湿り気具合を様子みて、乾いているようであれば、もう一度水やりしてもかまいません。

吸水力が強い植物なので、土の乾燥具合を確かめつつ、2度目の水やりが必要か判断してください。

 

 

熱帯地方の植物なので、少しでも気温が下がると、生長が緩慢になってきます。

冬場に枯れ気味で、元気がないようであれば、断水して休眠させましょう。

枯れた部分の葉や花はそのまま放置せずに、早めにむしり取って春を待ちましょう。

枯れているようにみえても、春になってから水をあげると、新芽がまた伸びてくることがあります。

そうなれば、水やり開始です。

水やりだけでなく、霧吹きで葉っぱを湿らせてあげることも重要になります。

カラッとお日様の照った夏でも、冬の暖房のきいた室内であっても、みずみずしさを保ちます。

油断すると、夏のクーラーの風にやられてカラカラになります。

定期的に葉っぱには霧吹きを吹きかけましょう。

 

肥料・追肥

春から秋にかけての生長期に、液体肥料を月3回ほどあたえるか、

2ヶ月に1回の割合で、緩効性の肥料を根の近くに置き肥してもよいでしょう。

 

 

用土

用土に適したものは、水はけがよく通気性に優れたものが一番です。

市販されている観葉植物用の培養土だけだと、効果的ではないので、培養土に川砂を少し混ぜ込んでみるとよいです。

腐敗質のものを選びましょう。

水ごけ単用のものは、カラテアに適しています。

ただし、水ごけの性質として多湿になりやすいので、

表面は乾いていても、指を土につっこんでみると、内部はまだ湿っている場合が多々あります。

水やりのタイミングが狂ってくるので、可能ならば、

赤玉土にピートモスや川砂を混ぜて、ちょうどよいあんばいの、ミックス用土を自力で作ってみてもいいかもしれません。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えのタイミングとして、鉢が小さくなってき時や、2年に1回のペースで行います。

初夏から梅雨の時期が、もっとも植え替えに適した期間です。

水ごけで植えている場合、腐った水ごけが出てくるので、それらは植え替えの際に、一緒に取り除きます。

それから新しい水ごけに移し替えましょう。

土の場合ならば、まず株を抜き、根の腐った部分を切り落として、新しい鉢に移動させたら完了です。

 

 

増やし方

基本的に、カラテアの増やし方は株分けになります。

しかし高芽の出る種類のものは、さし芽で増やすことが可能です。

株分けならば、ハサミで子株を切り取り、新しい鉢に植え付けましょう。

さし芽であれば、芽を切り取ったら、水ごけを直接まいて鉢に植えます。

水ごけの湿気を保ち、明るい日陰に置いておけば、1ヶ月近くで発根します。

親株が育った同じ用土に植え替えると、土に馴染みやすくなります。

 

病気・害虫

カラテアは常に湿った環境を好むので、黒斑病や、斑点病といったカビが原因となる病気にかかることがあります。

カビ予防に除湿が一番なんですが、

あまり乾燥させると、今度はカラテア自身が乾いてしまうので、さじ加減が必要です。

また害虫は、時期に関係なくハダニが発生しやすくなります。

葉に斑点があったり、異変を感じた場合は、葉の裏にハダニがいないか確認しましょう。

霧吹きを定期的にかけることで、ハダニ発生の予防になります。

湿度と乾燥と、環境の調整をしながら予防策を張りましょう。

 

 

管理温度

冬を越せるように、常に気温が10℃以上を保てるようにしましょう。

最低気温が20℃から低くなっていくと、

徐々に活動が鈍っていくので、高温多湿な熱帯気候に自生している植物なのだと、常に念頭において環境を整えてあげましょう。

厳冬ならば、人間と同じようにカイロや湯たんぽをそばに置いて保温する方法も一つの手になります。

 

種類・品種

カラテアは赤道が近い熱帯アメリカ(ブラジル、ベネズエラ、エクアドルなど)に

150種ほど自生するクズウコン科の植物になります。

美しい斑点模様と、独特な色彩が美しいです。

ゴシキヤバネショウの和名を持つ「カラテア・マコヤナ」を初めとし、

カラテア・ランキフォリア(和名をヤバネシワヒメバショウという)」をくわえ、

葉が60センチの大型に育つ「カラテア・ゼブリア」などがあります。

カラテアは夜になると休眠運動といって、葉を上に閉じて眠るような仕草をする、変わった生態を持っています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

花を楽しめる種類として「カラテア・クロカタ」があります。

深緑の矢羽状の模様が独特で、オレンジの花を花茎の頭頂部分に咲かせます。

ゴールドスター」の異名があり、観賞用で楽しめます。

 

 

トリビア

花言葉

花言葉は「飛躍」、「強い思い」と「あたたかい心」の三種類があります。

思い切って飛躍したい年に、周りからプレゼントされると嬉しいですね。

起業した知り合いや、出世した人が周りにいるなら、

これからますます飛躍する意味を込めて、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

由来伝承

カルテアの由来は、カゴを意味するギリシャ語の「カラトス」から来たのではないかと言われています。

しかしはっきりとした記述がないため曖昧さを残します。

花の形がカゴに似ているのではないかという、諸説があります。

 

 

まとめ

夜になると眠るような仕草をする、変わった生態を持ったカラテアの育て方を紹介しました。

カラテアは環境の変化に耐えられないので、特に四季のある日本では育てにくい植物かもしれません。

上級者向けのガーデニングになりますが、常日頃から植物に愛情を注いであげることが、上級者への第一歩かもしれません。

 

 

※トップ画像はPhoto by しのんさん@GreenSnap

松本光男

松本光男

旅行と食べることが好きです。カフェめぐりや雑貨屋巡りも趣味です。 勉強しながら執筆させていただきます。幅広い内容を発信していきまたいと思います。

『カラテアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガスの育て方へ

アグラオネマ

直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。耐陰性がありますので、明るい室内でも育てること... アグラオネマの育て方へ

トックリヤシ

一年を通して室内で育てることができます。明るい日陰で育ててください。 トックリヤシの育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカの育て方へ

シンゴニウム

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 シンゴニウムの育て方へ

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料