ベルガモットの画像

ベルガモットの育て方

  • シソ科
  • モナルダ属

ベルガモットの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Monarda didyma

別名

モナルダ,ビーバーム,ホースミント

原産地

北アメリカ、カナダ、メキシコ

ベルガモットの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ベルガモットの育て方

育てる場所

日当たりを好みますが、真夏の直射日光での乾燥しすぎによる、生育の衰えや葉焼けがおこります。庭植えの場合は午前中は日当たりがよく、午後からは日陰になる半日陰が最適です。鉢植えは夏は半日陰の場所に移動し、そのほかの季節は日当たりの良い場所で育てます。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと与えます。過湿はよくないですが、極端に乾燥させても生育不良をおこします。特に真夏は乾きやすいので水切れに気を付けましょう。

肥料

肥料はたっぷり与えましょう。生育期に肥料が切れると葉っぱが枯れることもあります。

病害虫

うどんこ病、灰色カビ病

用土

やや湿り気があり、水はけの良い土を好みます。

植え付け・植え替え

腐葉土を混ぜ込みます。鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で混ぜた土を使います。

増やし方

植え替えは、株元から15cmくらいの高さの場所で茎を刈り取ってから掘り上げて地下茎を切り分けます。
さし芽は5~6月が適期です。枝を先端から10cm程度の場所で切り取り、土に挿す下の部分の葉を取り除き1時間ほど水に挿して吸水させてから、川砂やバーミキュライトに挿し、根が出るまで乾かさないように明るい日陰で管理します。

手入れ

株が大きくなり枝葉が混み合うと、株が蒸れて下葉が枯れ上がったり病気にかかりやすくなります。枝葉が混み合った部分は刈り、風通しを良くしましょう。

ハーブの新着コラム

ハーブの新着投稿画像

ハーブの種類

アメジストセージ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。 アメジストセージの育て方へ

バジル

よく日のあたる場所で育てます。 バジルの育て方へ

フレンチラベンダー

ラベンダーの中では暑さに強く、暗い場所でも育てやすい品種です。他のラベンダーとの違いは、花の先端に紫... フレンチラベンダーの育て方へ

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。 パセリの育て方へ

コリウス

日当たり、風通しのよい場所、真夏は直射日光の当たらない明るい半日陰で育てます。 コリウスの育て方へ

レモンバーム

直射日光でもよいですが、明るい日陰の方が葉の色つやも鮮やかに育ちます。 レモンバームの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード