警告

warning

注意

error

成功

success

information

園芸初心者からプロの専門家まで!誰もが目指せる『グリーンアドバイザー』合格体験記

[PR]

植物を育てたり、眺めたりすることは、多くの人にとって日々の生活を彩る大切な趣味ですね。そんな園芸やガーデニングの楽しさをより深く理解し、正しい知識を身につけるために役立つのが「グリーンアドバイザー」の資格です。

資格を通じて、正しい植物の育て方から園芸に関する幅広い知識を学び、趣味から一歩先へ踏み出した「植物の専門家」としてのスキルを磨くことができます。

この記事では、2023年度のグリーンアドバイザー認定試験に合格した2名の体験記をご紹介します。

今回の体験記を通じて、グリーンアドバイザーへの道のりや、それを通じて見えてくる園芸の世界の魅力について、ぜひご覧ください。

「グリーンアドバイザー」ってどんな資格?

「グリーンアドバイザー」とは、植物の基本的な知識や、正しい育て方を身につけ、園芸・ガーデニングの魅力や育てる楽しさを伝える専門家を目指せる資格試験です。

日本家庭園芸普及協会が実施するインターネット講習を受講して試験に合格すると、「グリーンアドバイザー」の称号を得ることができ、個人の趣味の領域を超えて、実際のお仕事や地域活動、園芸に関するイベントの企画・運営など、幅広い場面で知識を活かすことができます。

詳しくはこちら 》
植物の魅力を伝えるグリーンアドバイザーになろう!2024年度の試験概要の変更点とは

小さい頃から植物が大好き!小学六年生のチャレンジ!及川仁太さん

及川仁太さん

及川仁太さん:小学6年生(12歳)
2023年 グリーンアドバイザー取得

仁太さんが植物に興味を持ち始めたのは、小学1年生の頃から。小さな頃から昆虫や生き物が好きだった仁太さんは、次第に身の回りの野草や雑草にも興味を持ち始め、植物の世界にのめりこんでいったそう。
グリーンアドバイザーの資格に挑戦した理由は、お母さんの提案がきっかけでした。年齢制限が撤廃されたことを知り、チャレンジすることを決意しました。

ーグリーンアドバイザーの勉強はどのように進めましたか?

大事だなと思った部分にテキストに線を引いて、今までの自分の経験と知識を結びつけながら進めていきました。

植物の育て方だけじゃなくて、植物の体の仕組みや、園芸に使う道具まで、今まで知らなかった知識を幅広く知ることができて新しい発見がたくさんありました。

ーテキストや動画で、特に印象に残っている部分はありますか?

及川仁太さん

文章だけじゃなくて図で分かりやすく解説してくれる部分が多かったり、動画では大事なポイントをゆっくりハキハキ話してくれたのが印象に残っています。特に、肥料についての法律があることを知らなかったので、こんなことまで勉強できるんだなと思いました。

大人向けの試験なので、まだ習っていない漢字が出てきて難しかった部分もあったけれど、テキストには動画の解説がついていたので小学生でもわかりやすかったです。

試験に合格してからは、グリーンアドバイザーを受験するまで触れてこなかった植物の分類について調べたり、肥料の法律にも目を向けるようになれたのが楽しいです。

ーこれから資格をどんな風に生かしていきたいですか?

及川仁太さん

資格を活かして、園芸で困っている人のお悩み相談に乗れたらいいなと思っています。家ではクレマチスやバラ、クリスマスローズ、オダマキ、キャットテールなどの多年草をたくさん育てているのですが、今特にハマっているのが砂漠のバラといわれる「アデニウム」です。

今の将来の夢は、アデニウムの品種改良をしたり、育種家になること。将来植物の仕事をするために、グリーンアドバイザーで学んだ知識を生かしていきたいなと思います。

ーこれから受験する方へのメッセージをどうぞ!

僕のように植物が好きな人にとって、グリーンアドバイザーは園芸やガーデニングだけではない植物の色々な知識を知ることができる機会になると思います。ぜひ一度挑戦してみてください!

撮影協力

七北田公園都市緑化ホール

七北田公園都市緑化ホール

七北田公園都市緑化ホールは、宮城県仙台市内にある緑とふれあえる公園緑地です。今回は、施設内の温室をインタビューで使用させていただきました。

施設名 七北田公園都市緑化ホール
公式HP www.sendai-park.or.jp/web/office/nanakita/index.html

子育てをきっかけにガーデニングに夢中に!植物の魅力を多くの人に伝えたい!yukkyさん

yukkyさん

園芸好きの両親のもと、小さい頃からたくさんのお花に囲まれて育ったyukkyさん。自身も子育てに励むようになり、お子さんの幼児クラブでの寄せ植え体験をきっかけにガーデニングに夢中になっていったそう。子どもが少し大きくなったことを機に、さらに専門的な知識を身につけたいと考えて、グリーンアドバイザーの資格取得に挑戦することを決意しました。

yukkyさん
Instagram:@gardener_yukky.3
2023年 グリーンアドバイザー取得

ーグリーンアドバイザーを取得しようと思ったきっかけは?

小さい頃から植物に囲まれて育ち、子育てをきっかけに自身もガーデニングの楽しさに目覚めました。子育てと植物を育てることはとてもよく似ていて楽しいと思ったんです。ガーデンストーリーが運営する植物好きのオンラインコミュニティ『ガーデンストーリークラブ※』に参加したことをきっかけに、将来的に植物に対する仕事がしたいと思うようになりました。色々な資格があるけれど、グリーンアドバイザーなら、オンライン動画とテキストで家事や育児の合間をぬって勉強できる。それに、植物の基本的な部分から学び直せるのが魅力でした。

※「ガーデンストーリークラブ」は、ガーデニング・植物情報を発信するウェブマガジン「ガーデンストーリー」が運営する、全国の花ファン・庭ファンが集う会員制度です。

ーグリーンアドバイザーの勉強はどのように進めましたか?

試験日から逆算して、家事と育児の合間をぬって勉強を進めていきました。専用のノートを準備して大切なポイントをメモしたり、テキストから図をコピーして貼り付けたり、試験に出るところは付箋をつけたりして、自分だけのノートを作っていきました。

ーテキストや動画で、特に印象に残っている部分はありますか?

専門的な知識だけではなく、日本の園芸が持つ文化的な側面も学べたのがとても楽しかったです。特に印象に残っているのは、日本の園芸の歴史について解説されていたところですね。

昔の人たちも、現代を生きる私たちも、花を愛でる気持ちは同じなんだなと思ったら、親近感が湧いてきて。「幕末日本探訪記」という、英国生まれのプラントハンターが日本の文化や社会を観察した体験記が紹介されていたのですが、実際に購入して楽しく読みました。

ーグリーンアドバイザーを取得して変わったことはありますか?

ガーデニングを始めたばかりの頃はインターネット上の情報や書店で見つけた園芸書を頼りにしていましたが、思うようにいかないことが多く、失敗を通して学ぶことの方が多かったかもしれません。例えば、ホームセンターで土や肥料を選ぶときも、どのような時期や植物の状態に合わせて選べばいいのかがわからず、試行錯誤を繰り返す日々でした。

グリーンアドバイザーの資格取得に向けたテキストは、植物の基礎知識編と資料編の2冊に分かれていて、基礎から順を追って体系的に学べたので、土の配合など、今まで困っていたことへの理解が深まりました。

ーこれからどんな風に資格を活かしたいですか?

将来的には、植物に関わる仕事を本業にしたいですね。現在は、InstagramなどのSNSを活用して、植物の魅力を発信しているのですが、この活動を通じてより多くの方に植物やガーデニングの楽しさを伝えていきたいと思っています。
また、引き続き、自宅に作っている小さな庭で実験を重ね、将来的には植物、生き物たち、そして人にとっても心地のよい庭を作れるように精進していきたいと思います。

ーこれから受験する方へのメッセージをどうぞ!

グリーンアドバイザーを受けることで植物についての理解が深まり、上手に育った時の喜びにつながります。資格を取るというよりも、植物を理解するための第一歩として楽しんで受験してみてください。

試験は満遍なく出題されるので、どこが出てもいいようにしっかり資料を読み込んでくださいね!

あなたもグリーンアドバイザーに挑戦しませんか?

今回は、グリーンアドバイザーに挑戦した2名の方にインタビューを行いました。受験をきっかけに、さらに植物との暮らしを活き活きと楽しまれているのが印象的でしたね。

今年度のグリーンアドバイザー試験は、2024年4月1日から受験への応募が開始されます。昨年から開始されたCBT方式により、日本全国にある最寄りのテストセンターで受験が可能です。詳しくは詳細記事をご確認くださいね!

詳しくはこちら 》
グリーンアドバイザー認定試験に新方式導入!全国47都道府県・300ヶ所以上にて、コンピューター上で受験が可能に

植物の魅力を伝えるグリーンアドバイザーになろう!2024年度の試験概要の変更点とは

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花の育て方に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

オンシジューム(オンシジウム)の育て方|花が終わったらどうする?植え替えや挿し木の方法は?の画像

オンシジューム(オンシジウム)の育て方|花が終わったらどうする?植え替えや挿し木の方法は?

シンビジュームの育て方|植え替えや株分けの時期は?花が終わったら?の画像

シンビジュームの育て方|植え替えや株分けの時期は?花が終わったら?

デンドロビウムの育て方|植え替え時期や方法は?花が終わったらどうする?の画像

デンドロビウムの育て方|植え替え時期や方法は?花が終わったらどうする?

カトレアの育て方|花が終わったらどうする?植え替え時期はいつ?の画像

カトレアの育て方|花が終わったらどうする?植え替え時期はいつ?

オキザリスの育て方|花が終わったらどうする?地植えで冬越しできる?の画像

オキザリスの育て方|花が終わったらどうする?地植えで冬越しできる?

人気のコラム

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧の画像
いいね
511

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
424

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
330

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
327

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
286

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!