肥料・水ともに殆ど要らない!竜のひげ

暗めのグラウンドカバー(地面を覆う草)として重宝される竜のひげ。

かなり強い植物で日陰でも難なく生長し、水や肥料を特段与えなくても大丈夫です。

今回はそんな竜のひげの実態や育て方に迫ります。

竜のひげの概要

竜のひげは日本・中国・朝鮮と東アジアを中心に分布する多年草(1年で枯れずに複数年にわたって生存する植物)です。

寒さ・暑さ・日陰にも強く草丈も大きくなり過ぎないところから地面を覆うグラウンドカバーとしていたるところで散見されます。

その竜のひげという呼称は細く伸びた葉っぱが竜のひげを連想させることに由来します。

 

育て方

育て方に関してはほとんど何も考えなくて大丈夫です。

土はどんなものでも育ちますので他の植物みたいに「鹿沼土がいくら、赤玉土がいくら」といったように配合する必要がありません。

水やりも極端に乾燥しないかぎり不要ですし肥料も要りません。

あえてあげるのであれば植えつけの折に緩効性化成肥料(ゆっくり長く効く肥料)をあげれば良いです。

 

グラウンドカバー

竜のひげが丈夫さゆえグラウンドカバーに用いられることは述べましたが他にも用いられる理由があります。

竜のひげは一度植え付ければ雑草を寄せ付けないのです。

他の草が生えにくくなってその部分が深緑の美しい竜のひげに変わってくれます。

そのため雑草でお困りの人も購入されるのです。

しかし踏まれるのは得意でないので人が立ち入らない場所を選んで植える点にお気をつけ下さい。

 

まとめ

竜のひげは今でこそグラウンドカバーのイメージですが、

昔は生薬として漢方になっていましたし、高知県では茎を油揚げと煮て食していました。

そんな日本との関わりが深い竜のひげ。

今後地面で発見した際はそんな歴史や有用さに思いを馳せて御覧ください。

 

 

※トップ画像はPhoto by 野村 みのりさん@GreenSnap

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

グランドカバーに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

グランドカバーの関連コラム

セダムのグランドカバー|おすすめの理由やメリット、デメリットは?の画像

セダムのグランドカバー|おすすめの理由やメリット、デメリットは?

グランドカバーのおすすめ植物18選!日陰や踏みつけに強いのは?の画像

グランドカバーのおすすめ植物18選!日陰や踏みつけに強いのは?

肥料・水ともに殆ど要らない!竜のひげの画像

肥料・水ともに殆ど要らない!竜のひげ

ヒメイワダレソウの育て方!肥料の与え方、増やし方についての画像

ヒメイワダレソウの育て方!肥料の与え方、増やし方について

白い花と青い果実が可愛らしいリュウノヒゲの育て方の画像

白い花と青い果実が可愛らしいリュウノヒゲの育て方

グランドカバーの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
368

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
367

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
265

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
242

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?