観葉植物は日光が必要?外に出す時間や太陽の当て方のコツは?

観葉植物を育てる上では、太陽の当て方も重要です。よくあるトラブルのケースが、お店の人に光に当てた方がいいと言われて外にずっと出しておいたら弱ってしまった…というものです。外に出す場合は、夏と冬に特に注意が必要です。

観葉植物を日光に当てるとき、夏と冬の外に出す時間には注意!

観葉植物を日光に当てようと思うとき、外に出す時間には注意が必要です。

夏は太陽光が強烈に降り注ぐので、昼の直射日光が植物に当たってしまうと、葉焼けが起きて痛む原因になってしまいます。太陽がのぼりきる前の午前中だけにしておきましょう。

また、冬は暖かい日中に屋外に出したものの、気温の下がった状態でそのまま置き忘れて、一日で葉が真っ黒に枯れてしまう、というケースも。11時〜14時の日光があたたかい時間帯だけ外に出してあげましょう。

 

観葉植物の日光の調節について

植物には光合成をして栄養を作るという前提があるので、太陽の光に当てるのは良いことです。しかし、光が強すぎると、温度が高くなって痛みやすくなる原因となってしまいます。

ちょうど良い光の当たり方については、熱帯地方をイメージしてみるのがおすすめです。ジャングルの中は湿度にあふれていて、背の高い木が生い茂り、直射日光が当たらないものの、木漏れ日などで非常に明るくなっています。

こういった場所が観葉植物の育ちやすい環境のイメージです。

水をあげたあとに日光に当てる、適度な日陰を作るなどして工夫してあげてくださいね。

 

観葉植物に日光を当てるときは置く場所にも注意

直射日光を苦手とする観葉植物であれば、外に出すのは控えて、レースのカーテン越しの明るい日陰に置くことをおすすめします。夏の直射日光を遮ってくれるので、植物が元気に育つことができます。

日陰に強い観葉植物であれば、蛍光灯の明かりでも育ちます。蛍光灯や白熱灯といった日陰で育てる場合には、週3、4回ほど日光の当たる場所に移動させ、1回につき5時間以上日光浴させてあげましょう。

 

観葉植物を外に出して日光を当ててあげよう

今回は観葉植物の育て方における日光の当て方のコツについて、ご紹介しました。観葉植物は種類によって育ちやすい光の条件が異なるので、種類に応じた場所で育てるようにしましょう。

基本的には日当たりの良い明るい場所を好むので、適度に日光に当ててあげてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

日当たりに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

日当たりの関連コラム

植物が葉焼けしたらどうする?原因と対策方法は?切るべき?の画像

植物が葉焼けしたらどうする?原因と対策方法は?切るべき?

観葉植物は日光が必要?外に出す時間や太陽の当て方のコツは?の画像

観葉植物は日光が必要?外に出す時間や太陽の当て方のコツは?

意外と育てやすい?ジャスミンの水やりを中心とした育て方!の画像

意外と育てやすい?ジャスミンの水やりを中心とした育て方!

多肉植物のルビーネックレスとは?の画像

多肉植物のルビーネックレスとは?

亜熱帯地域に育つ観葉植物でも夏に気をつけたい注意点の画像

亜熱帯地域に育つ観葉植物でも夏に気をつけたい注意点

日当たりの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
368

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
367

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
265

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
242

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?