地植え・鉢植え別!絶対にやるべきガーデニング梅雨対策とは?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.06.04

こんにちは、GreenSnap編集部です♫

もうすぐジメジメした梅雨の時期がやってきますね。長雨や湿気によって植物がうけるダメージはとても大きく、ガーデニングや家庭菜園ビギナーが挫折する原因の多くは、梅雨の過ごし方にあるとも言われています。

そこで今回は、梅雨が来る前にやっておきたい、ガーデニングの梅雨対策をご紹介いたします。

鉢植え&プランターで育てている植物の梅雨対策

軒下などに移動する

長時間雨に打たれ続けると、花びらが柔らかい植物は花から傷んで弱っていきます。また、土の過湿状態が長く続くと、根が呼吸できずに根腐れを起こして枯れてしまうので、移動できる鉢やプランターは雨が当たらない軒下や屋内などに移動させましょう。

鉢皿ははずしておく

移動ができない鉢やプランターもあるかと思いますが、せめて鉢皿ははずしておいてください。雨が鉢皿に溜まったままになると、雨が止んでいても、土や根が水に使っている状態なので、根腐れを起こしてしまいます。

鉢の下にすのこなどを敷いて地面から離す

移動ができる、できないに関わらず、鉢やプランターの下にはすのこやレンガを敷いて、地面より一段高い位置で管理しましょう。こうすることで、雨の水たまりに浸かることもなく、通気性がよくなるので梅雨時期の蒸れが防げます。

支柱を立てる

高く育つ植物・野菜には、はやめに支柱を立てておきましょう。トマトなど、成長の早い植物・野菜は、枝茎がきちんと育つ前に風にあおられると、簡単に折れたり、倒れたりしてしまいます。突然の豪雨や強風に耐えれるよう、早めに転倒防止、支柱立てをしてください。

花壇&地植えで育てている植物の梅雨対策

地面をマルチングしておく

ワラやバークチップ、ウッドチップなどを利用して、地面をマルチングしてください。豪雨で泥がはねあがり、葉に泥がつくと、正しく光合成ができなくなったり、病気の原因になってしまうので注意。

排水溝への道をつくる

長時間雨が降り続けると、平坦な地面にはずっと水が溜まり続けてしまいます。うまく排水溝に流すためには、水が流れるように誘導しましょう。シャベルなどである程度の深さの溝をつくり、排水溝へ流れる水の通り道を作ってあげてください。

排水パイプがある方は詰まっていないか確認を!

雨よけをつくる

最近では100円ショップのアーチ支柱、ビニールを使って簡単に雨よけを作ることができます。他にも、オーニングという、雨よけにも直射日光よけにもなるサンシェードなども数千円で入手できるので試してみてはいかがでしょうか。

梅雨対策でうまく乗り越えて夏のガーデニングを楽しもう!

梅雨時期には日照時間も短くなるので、天気予報に注意しながら、避難させていた鉢などは、こまめに日当たりの良い場所に移動させてあげると良いですよ。
うまく梅雨を乗り越えれば、夏の収穫や満開のお花が楽しめるはずなので、みなさんもお試しください!

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

ガーデニング初心者に関連するカテゴリ

ガーデニング初心者の関連コラム

ガーデニング初心者の新着投稿画像

トシ

81

背筋が、ピッと伸びたイケメンに見えるんです。 イイ男💕💕💕だねー。

ずんだ餅

26

スカスカで手に入れたパープルヘイズ。 それでも根っこを出してたので、何個か切って移植した🌱 来年はプチプチがもっさり繁ってるのを見れると良いな~👼

にゃんこ

20

久しぶりのボレロ🌹✨ この子は本当優秀🥺✨ 今も沢山の蕾が上がっています💓 うちの庭でザ・四季咲き🌹 秋も沢山楽しませてくれそうです😊

eiko♪

35

ベゴニアさん、鮮やかな色で玄関を明るくしてくれます。太陽浴びると葉っぱが光って生き生きして元気もらいます。

よっちゃん

35

少しずつ色づき始めました💓 日々の変化が楽しみな季節ですね✨

ミホポコ

31

アンスリウムに新たな花🌸というか、包が 咲いてきました⭕️ 寝室に唯一の観葉植物🌳 横に広がりやすいのが少々悩み😅

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード