一筆狼さんのお出かけ先,ハンゲショウ,八ヶ岳南麓の投稿画像

お出かけ先の画像 by 一筆狼さん | お出かけ先とハンゲショウと八ヶ岳南麓

2021/08/15

27回いいねされています

半夏生。(長文)〈半化粧、片白草(かたしろぐさ)とも〉夏至(6月21日)から11日目(7月2日頃)を半夏生と呼ぶ。その頃に花を咲かせるところから名付けたのに、一昨日、里山の空き地に自生しているのを見つけた。どういう風の吹き回しか、かなり遅い開花だ。

花は花弁がなく、紐状の花穂(かすい)にごく小さい花がつく。この花穂が出ると葉はベタっと白くなる。つまり、花があまりに小さいので、昆虫を誘うことができないのが悩みだったハンゲショウの知恵。
苦肉の策で花に近い方の葉を半分以上白く「半化粧」して目立たせた。昆虫をおびきよせ受粉させる役目だ。結実する頃には白い葉の必要はなくなり、元の緑の葉に戻る。

どうやら白い葉になると光合成ができないため、それなりにエネルギーを使うのかもしれない。
白い葉は、ハンゲショウが、がんばっているシルシだった。

2021/08/15

そうだったんですね。
白い葉は頑張りの証だったんですね〜💪💕

2021/08/25

いいね!0

@モンタナB B さま
ハンゲショウのひとりごとを聞いた限りでは、
そのようでした。

2021/08/25

いいね!1

このみどりを撮った人

一筆狼

一筆狼

四季折々の山野草を追い駆けます。 八ヶ岳南麓、標高1000m辺りの拠点から発信しています。

場所

お出かけ先

キーワード

八ヶ岳南麓

植物

ハンゲショウ

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

花に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

花のみどりのまとめ

秋バラの季節🌹

秋風が吹くクレマチスの丘

黒兎ン家の小さな蘭たち(自分用メモ)

花の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード