シマトネリコの画像

シマトネリコの育て方

  • モクセイ科
  • トネリコ属

シマトネリコの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

高木

学名

Fraxinus griffithii

別名

タイワンシオジ

原産地

中国、台湾、日本(沖縄県)、フィリピン

シマトネリコの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

シマトネリコの育て方

育てる場所

明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。寒さにはあまり強くなく、気温が-5度以下になる環境では枯れていまう可能性があります。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。庭植えの場合は水やりの必要はありません。ただし植え付けて2年未満の場合は鉢植え同様に水を与えてください。

肥料

庭植えの場合は2月に元肥として有機質肥料を施します。鉢植えの場合は3月に追肥として化成肥料を施します。

用土

水はけの良い土を選んでください。(例:赤玉土中粒2、完熟腐葉土1の割合の配合土)

植え付け・植え替え

植え付け、植え替えは4月に行ってください。植え付けの際に元肥として有機質肥料または緩効性化成肥料を土に混ぜます。

増やし方

さし木、またはタネまきによって増やす事ができます。タネは採取後にビニール袋に入れて冷蔵庫で保存し、4月に蒔いてください。

手入れ

冬期以外はいつでも剪定がする事が可能です。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

キチジョウソウ

半日陰が最適ですが、日向や日陰でも育てることが出来ます。 キチジョウソウの育て方へ

アガスターシェ

ハーブの一種で庭植えなら植えっぱなしでも毎年咲いてくれます。 アガスターシェの育て方へ

ライスフラワー

雨の当たらない、日の当たる場所 ライスフラワーの育て方へ

タチアオイ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐寒性がありますが、霜には当たらないように... タチアオイの育て方へ

クルミ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。 クルミの育て方へ

スズラン

午前中は日が当たる場所、午後は日が当たらない半日陰で育てます。 スズランの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード