アガベの画像

アガベの育て方

  • キジカクシ科
  • リュウゼツラン属

アガベの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Agave americana 'Marginata'

別名

リュウゼツラン,アオノリュウゼツラン,竜舌蘭

原産地

メキシコ

アガベの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
アガベの育て方の画像

アガベの育て方

アガベとは、南アメリカ北部や北アメリカ南部、

中央アメリカを原産地とするリュウゼツラン科のリュウゼツラン属に分類される多年草の多肉植物の名前です。

暑さや寒さにも強いのが特徴となっています。

そんなアガベの育て方について次から詳しく解説します。

アガベの基礎情報

アガベの日当たり

アガベは、暑い地域に自生していていて、

また多肉植物である事から推測される通り、お日様の光を好む性質を持っています。

また高温&乾燥の環境が好きです。

ですので、できるだけ日光が当たるようにして育ててあげる事が基本となります。

日当たりが悪い環境で育てていると、徒長と言って、

ひょろひょろと間延びしたような不格好な感じになってしまいます。

また暑さだけではなく、寒さによる低温の環境にも強い為、

すべての種類とまでは言えないのですが、

一部の種類では室内に移動させずに戸外で冬越しをさせる事ができるものがあります。

ですので園芸の初心者でもかなり育てやすいと言えます。

 

アガベの置き場所

アガベは、風通しと日当たりの良い場所に置いて育ててあげると元気に生長してくれます。

しかし注意点としては、雨が当たらないように気をつけてあげる事です。

乾燥を好みますので湿気が苦手なアガベです。

雨にずっと当たってしまうような場所に置いて育ててしまうと、根っこや葉が腐って最後にはダメになってしまいます。

暴風雨や台風の時にも注意してあげるようにしましょう。

また寒さには強い性質を持ってはいますが、戸外で越冬させる為には、0〜3℃の気温が必要となりますので、

冬場にそれを下回る気温となる地域で育てる場合には、

やはり室内へ移動して管理してあげる方が安全ですし、アガベにとっても良い環境です。

 

アガベの水やり

アガベは、暑い地域が原産の多肉植物です。

肉厚の葉の部分には水分を溜め込める機能が備わっていますので、

高温や乾燥には元々強いという特徴を持っています。

乾燥気味に育ててあげる事が基本となってきますので、水やりは控えめに行うのでOKです。

夏場に関しては、土が乾いていたらそれから数日程度経ってから水やりを行うようにします。

水のやり過ぎは、根腐れや弱ってしまう原因となりますのでくれぐれも注意するようにして下さい。

しかし水やりをする際には、鉢底部分から水が流れ出てくるくらいまでたっぷりと水やりを行うのがポイントです。

注意点としては、水やりの時に受け皿に水が溜まってしまっていると、

根っこにカビが生えてきやすくなる原因となってしまう為、そのままにせずに必ずチェックして捨てるようにする事です。

 

 

アガベは、10月下旬〜3月中旬頃にかけては生育が止まり、休眠状態になっています。

冬は、この休眠状態の時期ですので、水やりに関しては月に1〜2回程度までにしておくようにして下さい。

冬の休眠期で気温の低いこの時期に水やりをし過ぎてしまうと、根腐れしてしまう事がありますので、

十分に注意する必要があります。

寒さには強いとは言っても、過湿や多湿の環境には弱い性質を持っているからです。

上手に冬越しさせるには、休眠状態のままを保つのが大切です。

またアガベは下の方から順に葉っぱが枯れてきますので、

枯れてしまった部分はこまめに剪定ばさみを使ってカットして手入れをするようにしましょう。

そのままにしておくと良くありませんし、害虫が付着していないかどうかについても、

この時に葉の表だけではなく裏側まで観察するようにしてチェックするようにして下さい。

 

 

アガベの肥料・追肥

アガベは、生育期にあたる春〜秋の時期には肥料が必要となってきます。

この期間には、緩効性の肥料を2ヶ月に1回を目安に与えるようにしてあげて下さい。

もしくは即効性のある液体肥料でもOKです。

その場合には、10日に1回を目安として与えるようにしましょう。

緩効性の肥料もいいですし、園芸店やホームセンターなどで購入できますが、

「マグァンプK」というのもおすすめです。

即効性の液体肥料では、ハイポネックス原液を使うのが良いでしょう。

だいたいどちらも1000円前後で簡単に手に入れる事ができるようになっています。

ただし多肥にはしないようにするのがポイントです。

多肉植物というのは、元々あまり肥料を必要としない性質があるからです。

肥料が多すぎてしまうと、肥料焼けを起こして大切な根っこ部分が傷んでしまいますので注意が必要です。

 

 

アガベの用土

アガベを育てる時に適した用土についてですが、これは水はけが良い土が最適です。

というのも、多肉植物であるので肉厚の葉には水分を溜め込める力を持っています。

それだけではなくアガベは、乾燥した環境の方が元気に生育してくれますので、

保水力が高くいつまでも水分が蒸発しにくいジメジメとした土では、アガベにとっては辛い環境となってしまいます。

園芸店などで売られている、多肉植物専用の培養土を利用すると簡単で便利です。

もし一から自分で作りたいという方でしたら、

赤玉土の小粒5:軽石の小粒4:腐葉土1」の割合で配合して作った土が向いていますので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

 

 

アガベの植え替え・植え付け・種蒔

アガベには植え替えが必要です。

鉢植えで育てていると、そのうちに鉢全体に根が回ってきてしまいます。

そのような状態になってしまうと、水分や養分をうまく吸収する事ができなくなり生育不良に陥ってしまうからです。

その為、2年に1回を目安にして植え替えを行うようにしましょう。

植え替えの適期は、4〜5月頃となっています。

植え替えの方法ですが、鉢の土を1 /3ほどまで落とします。

その後、1〜2回りほど、今よりもサイズの大きな鉢の中へ植え替えるようにするのです。

アガベは株分けという方法で増やしていくのが一般的ですので、

植え替えについても、株分けと同じタイミングで行うようにすると、

アガベにストレスを与える回数が少なくて済むのでおすすめです。

植物は結構デリケートです。ストレスに何度も晒されてしまうと、

弱って元気がなくなったり枯れてしまったりする原因にもなりますので、気をつけてあげるようにしましょう。

植え替えというのは、私達人間が想像している以上に、植物にとっては大きなストレスがかかるものなのです。

また種蒔については、粒子ができるだけ細かい土がおすすめです。

そこに均一に種を蒔きます。そして発芽するまでは、乾燥した状態を避けてください。

発芽した後は、風通しが良い場所に置いてあげます。アガベは、原産地が熱帯地方ですので、

種蒔の適期は5月以降がおすすめです。

 

アガベの増やし方

アガベの増やし方は、株分けという方法が一般的でおススメです。

株分けを行うのに最適な時期は、植え替えと同じ4〜5月頃となります。

やり方ですが、親株から子株が出ているのを見つけたら、植え替えを行うのと同時に株分けをしてしまいます。

株元からでている子株と園芸用のハサミを使って、丁寧に切り取って親株から分離します。

この際に注意するポイントとしては、子株には必ず根っこが付いた状態になるように分けるという事です。

根っこのないものはNGです。そして、親株から外した子株のサイズに合った鉢を選んで植え付けるようにします。

植え付けを行った後の水やりは良くありませんので、しばらくは控えるようにするという事も、忘れずに覚えておくようにしましょう。

アガベというのは、夏の暑い時期によく生長します。

その為、株分けは必ず夏前までに行うようにするのもポイントとなってきます。

 

 

アガベの病気・害虫

アガベには、アザミウマカイガラムシという害虫が付くことが知られています。

アザミウマというのは、夏場の高温時に特に発生しやすいです。

注意するようにしましょう。またカイガラムシは季節を問わず一年を通して発生しやすいです。

白くて小さな綿のように見えるものの中には、カイガラムシの幼虫が入っています。

放っておくと、アガベを食べてしまって白っぽい小さな凹みを残します。

また成虫になると、株元の根の付け根部分に付いて、

根から大事な栄養分や樹液を吸い取ってしまい弱らせてしまいます。

どちらも見つけ次第早めの駆除が効果を発揮します。

幼虫に関しては、殺虫剤を噴霧して退治します。

成虫は、歯ブラシを使ってこすり落とすか、もしくは薬剤を用いて駆除します。

またアガベに発生しやすい病気には、「さび病」や「黒星病」があります。

さび病は、秋〜冬の時期にかけて、黒星病は、春〜夏の時期によく発生します。

どちらも見つけ次第、病斑部分をナイフなどを使って丁寧に切除しましょう。

 

 

アガベの管理温度

アガベは、基本的な性質としては丈夫な植物です。

観賞用として室内で育てる場合には、できるだけ日光に良くあてて、

風通しも良くなるような場所に置いて育ててあげるようにしましょう。

しかし直射日光に長時間当ててしまうと、葉焼けを起こす場合がありますので注意は必要です。

暑さにはとても強いですが、多湿や過湿の環境は苦手としますので、

水やりの頻度は控えめに行うようにします。

寒さにも強い性質を持っていますが、冬の低温時期には注意が必要です。

0℃以下の気温になると休眠状態に入りますので、断水をした方が良いです。

また冬場の水やりについては、5℃以上の気温がある日を選んで、

月に1〜2回程度でOKですので水をあげるようにして下さい。

冬は、0℃以下にならないような明るい場所にできる限り置いて管理するようにしましょう。

ただし0℃〜3℃程度の気温があれば、戸外での冬越しが可能な種類も一部ですがあります。

 

アガベの種類・品種

アガベは、種としてかなり豊富です。

その数はおよそ300種ほどと言われています。

しかし個体変異も大きく、また変種が多いので系統立った分類は難しいそうです。

代表的な品種には7品種があり、

アガベ・アテナータ」「アガベ・アテナータ”バリエガタ”」「アガベ・アメリカーナ」「アガベ・アメリカーナ”マージナータ・オーレア”」「アガベ・アスール・テキラーナ」「アガベ・マクロサ」となっています。

 

 

アガベの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

アガベは、放射状(ロゼット状)の葉の中央から茎を伸ばし、黄色い美しい花を咲かせます。

しかし開花した後は、株は枯れてしまいます。

咲くのは100年に一度だけとも言われていて、「センチュリープラント」とも呼ばれています。

一生の間に咲くのはたった一度だけだそうです。

 

 

アガベのトリビア

アガベの風水

アガベには、葉に棘がありますので、サボテンと同じく邪気を払ってくれる効果があると言われています。

また上に伸びる葉っぱが、陽の気を発していると言われていて、気を活発にしてくれる効果もあるそうです。

人の動きがあるリビングや玄関先、仕事場などに置くのがおすすめです。

 

アガベの花言葉

アガベの花言葉には、「気高い貴婦人」や「繊細」などがあります。

 

 

アガベの由来伝承

アガベの名前の由来ですが、アガベは、別名が「リュウゼツラン(竜舌蘭)」とも言われています。

リュウゼツランの学名である「Agave」をカナ読みにしたものが名前となっています。

原産地は主にメキシコを中心としていて、観葉植物としてのみならず、

現地ではお酒のテキーラやアガベシロップの原料としても使われています。

 

まとめ

今回は、初心者にも丈夫で育てやすいアガベという多肉植物の育て方についてご紹介してきました。

希少価値も高く、ロゼット状に伸びる肉厚の葉や葉色も美しく観葉植物としてもピッタリです。

斑が入る種類もあってそれぞれに魅力があり存在感も抜群にあります。

室内のインテリアとしてぜひ一度アガベを育ててみてはいかがですか?

 

 

※トップ画像はPhoto by 31Øsshadowさん@GreenSnap

ELLY

ELLY

旅と緑が大好きなグリーンライター。 旅先では観光より現地の植物を見るのが好き。

『アガベの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

ハラン

木陰などの日陰、または室内で育てます。 ハランの育て方へ

インドボダイジュ

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 インドボダイジュの育て方へ

アガベ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。多くの種類は低温に強いです。 アガベの育て方へ

コーヒーの木

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日... コーヒーの木の育て方へ

シンゴニウム

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 シンゴニウムの育て方へ

ディスキディア

基本的には明るい状態を好むので直射光で育てますが、真夏はやや明るい半日陰程度にするのが無難です。 ディスキディアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料