アロマティカスの画像

アロマティカスの育て方

  • シソ科
  • プレクトランツス属

アロマティカスの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Plectranthus amboinicus

別名

キューバンオレガノ

原産地

インド~南アフリカ

アロマティカスの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

アロマティカスの育て方

育てる場所

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。

水やり

葉に水を蓄える仕組みになっているため、土が乾いてから与えるようにしましょう。水のあげすぎは根腐れの原因になるので注意が必要です

肥料

ほとんど必要ありません。

病害虫

カイガラムシ、ナメクジ

用土

乾燥を好む為、水はけの良い土が適しています。多肉植物用や観葉植物用の土で大丈夫です。

植え付け・植え替え

繁殖力が強い為、鉢がすぐに根で一杯になるので鉢底から根がはみ出てきたら、株分けし、植え替えをするのがよいでしょう。夏前が適期です。

ハーブの新着コラム

ハーブの新着投稿画像

ハーブの種類

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。 パセリの育て方へ

チェリーセージ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光は若干苦手なので風通しの良い半日陰で育てます。 チェリーセージの育て方へ

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。 ローズマリーの育て方へ

サルビアガラニチカ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。 サルビアガラニチカの育て方へ

ニオイスミレ

花だけでなく葉にも香りがあり、香水の原料となります。ニオイスミレの種と根には毒が含まれており、非常に... ニオイスミレの育て方へ

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は... ミントの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード