ジャスミンティーでもお馴染み!ジャスミンの育て方などを解説!

松本光男

松本光男

公開日:2017.02.14

ジャスミンは茉莉花とか素馨(ソケイ)という別名があり、暖かい地域が原産の植物です。

ジャスミンと言ってもその種類は約300種類くらいあります。

白や黄色などの花を咲かせ甘美で優雅な香りを放ちます。

そんなジャスミンを観賞用として育ててみては?

ジャスミンについて

ジャスミンは、モクセイ科のソケイ属の植物の総称です。

落花生もしくは常緑の半蔓性の低木です。

樹高は品種によっても違い2m~10mくらいになります。

熱い地域が原産地である為、寒さには弱い性質があります。

ジャスミンのアロマオイル(精油)にはリラックス効果や美肌効果など女性にとってうれしい効能がある事でも知られていて、ジャスミンティーも人気があります。

化粧品の香りづけなどにも使用されたりします。

花言葉は『柔和』や『優美』などとなっています。

 

ジャスミンの代表的な品種とは?

ジャスミンの種類は豊富にある為、その全てをご紹介するのは無理なので代表的な品種の4つをご紹介します。

まずハゴロモジャスミンです。

長く伸びるツル性で鉢植えるで栽培される事が多いです。

春頃にきれいな薄ピンクや純白の花が咲きます。

2つ目はアラビアンジャスミン(マツリカ)です。

白い花が咲き香りが強い為、ジャスミンティーによく利用されています。

3つ目はコモンジャスミンです。

ツル性で、開花時期には5弁の花びらを付けます。

4つ目は、オウバイ(黄梅)です。

梅ではなくこれもジャスミンの仲間です。

春頃になると黄色い花が咲きます。

しかし香りは殆どないというのが特徴となっています。

 

ジャスミンの育て方

ジャスミンの最適な種まきの時期ですが、3月下旬から4月下旬くらいで完全に暖かくなった頃にします。

苗から育ててもOKです。

水はけの良い土を好む性質があるので、ホームセンターなどで販売されているハーブ用の肥料を利用するといいでしょう。

水やりですが土の表面が乾燥していたら鉢底から水が染み出るくらいに十分に水を与えるようにします。

ただし受け皿の水は必ず捨てて下さい。

またツル性タイプのものはツルが張れるように配慮する事が必要です。

そして日当たりが良い場所に置いてあげるようにします。

冬場は寒さに弱いので室内に移動します。

 

まとめ

今回はジャスミンについてご紹介しました。

ぜひ一度ご自分でもジャスミンを育ててみてください!

 

 

※トップ画像はPhoto by もてちゃんさん@GreenSnap

松本光男
旅行と食べることが好きです。カフェめぐりや雑貨屋巡りも趣味です。 勉強しながら執筆させていただきます。幅広い内容を発信していきまたいと思います。

地植えに関連するカテゴリ

地植えの関連コラム

地植えの新着投稿画像

ひめだか

20

サザンカ(山茶花) 🌸🌲🌸

ひめだか

24

ダリア 🌸☘🌸

HEATH

8

実だけが残って野鳥のご馳走に。

HEATH

12

今1番元気かも。

HEATH

13

散歩中に見つけました。

かぶと

41

コンクリートの割れ目も みんなで花を植えたら楽しい

かぶと

38

近所の空き地で菜園している方の ミニではないが小さめの トマトの花 まだ咲いている

フロちゃん

21

だいぶ少なくなりましたがイソトマが咲いています。

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード