地味な花とは言わせない!最近の「キク」はとっても可愛い♡

内田アリ

内田アリ

公開日:2020.01.22

こんにちは、ライターのariです。

みなさん、キクの花ってどんなイメージですか?
仏壇に飾る花だから、なんだか縁起が悪い?

いえいえ、とんでもない!!
キクは結婚式などで着る着物などにも描かれていたりと、日本を代表する花のひとつ。
実はとっても縁起がよいお花なのです。

それに、最近のキクの花は、とっても可愛いものが出回っていますよ。

そこで今回は、キクの花に注目してみたいと思います!

「マム」という呼び名でオシャレ花に!

キクの原産地は中国。
江戸時代に品種改良が行われ、世界中でさまざまな種類が作られています。

キクの花はよく、「マム」と呼ばれますが、これはキクの学名が「クリザンセマム」といい、それを省略して「マム」と読んでいるのです。

「マム」の方は、ちょっと可愛らしいかも!?

 

キクはバラエティ豊かでカラフル!

キクには、いろいろな種類があります。こちらは「スプレーマム」や「スプレー咲き」と呼ばれるもの。
色も優しいピンク色で、とっても可愛い♡

 

こちらは輪咲きでしょうか。
花が開く直前の、絶妙な瞬間ですね!

 

こんな、華やかな色の輪咲きのキクもあります。
キクの花じゃないみたい!

 

こちらはまるで、ダリアのよう!
先端が薄いグリーン色で、とっても美しいですね。

 

こちらはポンポン咲き。
花がボール状で花びらがびっしり詰まっていて、とっても可愛らしいですよね。
アレンジに使うのもおすすめです。

 

アレンジ次第で素敵に飾れる!

スプレー咲きの白いキクと、ポンポン咲きのグリーンを合わせて。
ガラスに挿せば、さりげなく爽やかなアレンジに。
テーブルに飾ると素敵です。

 

ボリュームのあるポンポン咲きは、一輪挿しで飾ってもいいかも!
ちょっと短めにカットして、こんな風に飾るのも可愛いですよね。

 

こんな華やかなアレンジにも。
キクは脇役はもちろん、メインにもなります。

 

こんな変わった形の花器に活けても素敵!
キクは和にも洋にも合いますね。

 

マクロで見るとますます美しい、キクの世界!

マクロの世界でキクを覗いてみると、こんな風に小さな花びらがギュッと詰まっています。
なんて愛らしい花なんでしょう。

 

蕾はこんな姿をしています。
アンティークぽくって、まさかキクとは思えませんね。

 

いかがでしたか?
キクのイメージが少し変わったのではないでしょうか。
切り花でも比較的日持ちするので、アレンジなどに使ってみるのもおすすめですよ。

内田アリ
フリーランスの編集ライター。ウェブサイト、ムック、フリーペーパーなどの媒体で執筆中。ハマっていることは植物、インテリア、海、 iPhoneでのカメラ撮影&加工。気に入った写真はInstagramでアップするのが日常です。

花瓶・フラワーベースの関連コラム

花瓶・フラワーベースの新着投稿画像

aki

31

キレイに咲いたストロベリーアイス🍓

(N)kohana

20

卒業して使わなくなってしまったランドセルをドライフラワーを添えて感謝の気持ちを込めておじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントに…

カズ

106

アジサイ

ozeki fumiyasu

119

今日は、カラテアさんと🌿✨ニュードリーミーさん🌿✨2つとも筆で描いたような葉っぱの柄が素敵です✨相性も良さそうですね🖼 先日、越谷にあるシマムラ園芸という所に行ってきました🌈GSを見ていたら、...

くろりん

57

お花屋さんで買ったトルコキキョウとスキミアを自己流アレンジ。 まだまだ上手とは言えませんが、お花を眺めながらあーだこーだと考える時間は、私にとって大切なリフレッシュタイム♡

tanikyuTAN

17

キッチンに グリーンアイスの切り花添えて 夕ご飯作り〜♪

くろりん

28

仕事の合間にお花屋さんでトルコキキョウとスキミアを購入♡ 帰ったら花瓶でアレンジしよう!

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード