モミジって育てられるの!?肥料の問題と育成法をご紹介!

FLORA

FLORA

公開日:2016.12.12

カエデとも呼ばれるモミジを育てると言われてもあまり実感がわきません。

所々で生えていたりするもの、というのが一般的です。

実はそんなモミジも、そこまで難しい育成をしなくても良いのです。

肥料の問題を含めた注意点を踏まえ、育成方法をご紹介します。

葉の変色の理由

紅葉の時期になれば勿論変色しますが、変な色に変色しているモミジを見たことがある人もいるかもしれません。

変色の理由は日光です。

日光の当たり過ぎは日が焼けてしまい、変色の原因となるのです。

まだ鉢植えの段階の場合は、できるだけ日陰への移動をおすすめします。

日光と合わせて気温の問題がだいたい挙がるのですが、モミジは冬場に強いため、冬を越すことは可能です。

大事!水やりと肥料の問題!

まずは水やりの点からです。

注意すべき点は、モミジは乾燥しやすいということを把握しておく必要があるということです。

乾燥したら水をやる、というスタンスでいいですが、暑くなる夏場は特にたっぷりと水を与える必要があります。

根元でなく、全体に行き渡るような水やりを心がけるのが良いです。

肥料の問題は、そこまで難しいものではありませんが、きっちりとした時期に撒くのが必要です。

9月と10月粒状の肥料をばら撒くのが良いです。

特殊な害虫の発生

アブラムシなども発生しますが、モミジならではの害虫も発生します。

ゴマダラカミキリムシと呼ばれる害虫が湧くのがモミジの特徴です。

この害虫は樹の皮を剥がしたりする虫なので、早めの駆除をする必要があります。

殺虫剤での駆除が可能です。

まとめ

あまり関わることのないであろうモミジの育成ですが、挿し木などを利用し、大きくなるまで育成している人が多くいるようです。

育成に関しての注意事項も少なく、しっかりと管理すれば大きく育ってくれるため、自宅で秋の紅葉を楽しむことも可能です。

 

 

※トップ画像はPhoto by ふみふみさん@GreenSnap

FLORA
1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

地植えに関連するカテゴリ

地植えの関連コラム

地植えの新着投稿画像

ひめだか

203

今日のお花 ⁑ ヤブラン(藪蘭) 🌸☘🌸

ひめだか

164

ハイビスカス(八重咲き) 🌺🌲🌺

ひめだか

169

クフェア 🌸🌲🌸(ピンクシマー) 小さくて可愛いお花です😊

ひめだか

137

コエビソウ 🌸☘🌼 メキシコ出身の小海老ちゃんは、「ベロペロネ」とも呼ばれます😊

ひめだか

157

キンミズヒキ 🌼☘🌼

ひめだか

144

柑橘系のお花 🌼🌲🌼 とても良い香りがしました😊

ひめだか

156

キツネノカミソリ 🌸☘🦊 切れ味バツグン🪒 3年保証 😉

ひめだか

129

タコノアシ 🌼☘🌼(蛸の足) シベが花びらの外にあるユニークなお花です🧐

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード