キンモクセイの水やりや育て方について

FLORA

FLORA

公開日:2016.12.13

強い香りの目立つキンモクセイは、観賞用として植えられることの多い樹木です。

お茶やお菓子といった食用にも使うことができ、家で育てることも可能です。

水やりや肥料、キンモクセイを育てるにはどうすればいいかを紹介します。

日当たりが良い場所で育てる

寒さをあまり得意としないキンモクセイを育てる時は、日光の当たりやすいところを選びましょう。

日陰でも育ってはくれますが、枝が細くなったり花付きが悪くなったりと、あまり元気よくは育ってくれません。

なので、日光がたっぷり当たる場所で育てましょう。

また、大気汚染にも弱いため、空気の悪い場所に植えることはあまりおすすめできません。

キンモクセイを植える場所や水やり

キンモクセイは水はけのいい土を好みます。

水はけのいい酸性の土が適していますが、それでも水はけが悪い時は、腐葉土川砂を混ぜ込んで土の調整をしてください。

苦土石灰といったアルカリ性の強い用土もキンモクセイには合わないので、使わないようにしてください。

地植えの場合になると、一度根付いたキンモクセイに水やりはほとんどしなくても構いません。

鉢植えで育てる場合には、土の表面が乾いた時にたっぷりと水をあげてください。

一方、冬の水やりは控えめにするように気を付けましょう。

地植えと鉢植えで変わる肥料

鉢植えでも育てることができるキンモクセイですが、生長すると6mほどまで伸びることがあるので、地植えで育てるほうがオススメとなっています。

地植えで与える肥料は、リン酸やカリウムが含まれている有機肥料草木灰で、2月頃に与えます。

鉢植えの場合には、有機肥料やリン酸分が多い化成肥料を、2月と5月開花前に与えておきます。

液体肥料の場合では栄養が足りないので、花付きが悪くなってしまいます。

まとめ

キンモクセイは家で育てるとなると少しスペースをとってしまいますが、咲いた花は毎年芳香を放ってくれて、秋の訪れを教えてくれるものになります。

病気に強いため育てやすくなっているので、苗木を買って育てれば、花もすぐに見ることができます。

 

 

※トップ画像はPhoto by 絵空さん@GreenSnap

FLORA
1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

水やりに関連するカテゴリ

水やりの関連コラム

水やりの新着投稿画像

Cabinotier

57

【プリムラ(Primrose)】 欧州からアジアにかけて広範囲が原産と言われるプリムラ💐 カラフルで様々な形があり、可愛らしい花を咲かせ、寄せ植えに欠かせない花として親しまれ...

そらみん

17

荒子川公園長く花を咲かせるため8月末に種まきをするみたいです

そらみん

22

荒子川公園のひまわりは11月頃まで毎年咲いています 花を長く咲かせるため8月末に種まきをしているんですよ

yuri

36

昨日、花屋さん行った時に見つけた多肉😳 手前がチェリー 奥がエケのマリア🌺 Eマリアってやーつ??🌬️ まだまだ欲しいのあったけど そんなにお金持っていってなかった😭笑 ちなみに、...

yuri

28

最近 芽が出てることに気付いたオレンジモンローの葉挿し🌺 元の株はめっちゃ大きかったんやけど 茎が腐った...😭 成長は 早いんかな?? 早く大きくなってほしい😍💕

そらみん

17

実家のゼラニウムがまた可愛く綺麗に咲いてくれました。

ヌマ餃子

86

テレビの周りは特等席🌞 久しぶりの貴重な日差しを なるべく多くのグリーンに🌿

Cabinotier

78

【ヤマアジサイ】 古くは「万葉集」でも例にあげられ、日本原産の植物として知られているヤマアジサイ。 別名「沢アジサイ」とも呼ばれています☝️ 毎年5月〜初夏に開花時期を迎えると言われ...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード