警告

warning

注意

error

成功

success

information

桔梗(キキョウ)の花言葉|色別の意味や怖い由来とは?

古くから日本人に愛されてきた桔梗(キキョウ)の花。多くの武士の家紋に使われていたり、秋の七草にも入っていたりと歴史ある植物です。今回は、そんな桔梗の花言葉の意味を色別にご紹介するほか、由来や怖いとされる理由、種類・品種などについてもご紹介していきます。

桔梗(キキョウ)の花言葉

桔梗の花言葉は、「永遠の愛」「変わらぬ愛」「気品」「誠実」です。

「永遠の愛」「変わらぬ愛」「気品」「誠実」

桔梗全般の花言葉は、悲しい物語が由来となっているそうです。

あるところに、戦に出た夫を10年間待ち続けた若い娘がいました。夫が戦から帰ってくる日に妻が他の男性と宴の準備をしていたところを目撃した夫は、妻が別の男と結婚したと勘違いしてしまいます。

その後、ツナは身の潔白を証明するために自ら命を断ってしまいました。自らの過ちに気がついた夫も、妻の後を追って命を断ちました。そうして、悲しくもふたりの命は永遠となってしまいました。また、紫は古来より高貴な色とされているので、そこから「気品」という花言葉がつけられたとされています。

色別の桔梗(キキョウ)の花言葉


桔梗には、白、紫、ピンクの花色があり、それぞれの花色ごとに花言葉が異なります。花言葉は下の表の通りです。

「清楚」「従順」
「永遠の愛」「変わらぬ愛」「気品」「誠実」
ピンク
「幸薄」

英語での桔梗(キキョウ)の花言葉は?

英語での桔梗の花言葉は「endless love(永遠の愛)」「honesty(正直者、誠実な人)」「the return of a friend is desired(友人の帰りを願う)」「obedience(従順)」です。

桔梗(キキョウ)の花言葉は怖いの?

桔梗の花言葉は、ピンク色以外は全体的にポジティブです。ピンクの桔梗には「幸薄」という花言葉がつけられているので、贈り物しないように気をつけましょう。

紫と白の桔梗には怖い意味はありませんが、紫の桔梗の花言葉の由来となった、戦に出た夫を一生待ち続けた若い娘が、最終的に亡くなってしまうという物語から、桔梗は怖いというイメージがついてしまったと考えられます。

桔梗(キキョウ)の名前の由来は?

桔梗は中国などで漢方の原材料である生薬として使用されています。その生薬の名前である「キチコウ」が変化し、「キキョウ」と呼ばれるようになったとされています。

桔梗(キキョウ)はいつの誕生花?

桔梗は、10月31日の誕生花とされています。

桔梗(キキョウ)とはどんな花?花の季節は?

桔梗は古くから日本人に愛されてきた花で、明智光秀や坂本龍馬などの武士の家紋に使われています。上から見た姿が陰陽道の五芒星に似ていることから、平安時代に活躍した陰陽師である安倍晴明も紋として用い、自宅の庭にたくさんのキキョウを植えて育てていたといわれています。

また、古くから漢方としても利用されており、秋の七草にも入っている歴史のある花です。野生の桔梗は絶滅危惧種に指定されており、とても貴重な植物です。

桔梗は6月〜9月の初夏から秋の季節に花を咲かせます。開花は6〜7月が最盛期です。

科・属名
キキョウ科・キキョウ属
分類・性質
耐寒性・多年草
原産地
日本、朝鮮半島、中国
学名
Platycodon grandiflorus
英語名
Balloon flower
別名
ムラサキバナ(紫花)、オカトトキ(岡止々岐)
出回り期
6月~7月頃
開花時期
6月~9月頃(最盛期は6〜7月)
花色
白、紫、ピンク
花もち
3日ほど
誕生花
10月31日

桔梗(キキョウ)の種類・品種


キキョウの品種としては、自然界に分布する原種と、原種を園芸用に品種改良することで誕生した品種改良種、の2種類に大分されます。

野生種の桔梗は絶滅危惧種に指定されていますが、園芸品種は多く存在しています

桔梗の種類は、以下の記事に詳しく紹介しるので、ぜひ参考にしてくださいね。

桔梗(キキョウ)の風水の効果とは?

キキョウは、凛として控えめな花姿から、恋愛運を上昇させると考えられています。叶わぬ恋や苦しい恋愛を乗り越えて、幸せを引き寄せる力があると風水的には考えられています。

また、冬に枯れても春にまた芽を出し、初夏にしっかり花を咲かせることからも連想されるように、キキョウは生命力や健康の象徴としての意味合いも持っています。

今より健康で活発に仕事や恋愛に取り組みたいと考えている方にとって、キキョウは風水的に強い味方になってくれるでしょう。

凛とした桔梗(キキョウ)の花言葉を贈ろう!

桔梗といえば和風な日本のイメージによく合う植物ですよね。日本では古来から愛されてきた桔梗は、その時代の家柄や地位を示すものとして、多くの武士たち家紋になりました。

秋の七草としても歴史があり、凛とした紫の美しい花は魅力的ですよね。

桔梗の切り花を花瓶に挿してお家で秋の雰囲気を味わってみるのも良いかもしれませんね。

おすすめ機能紹介!

花言葉に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花言葉の関連コラム

花言葉の新着投稿画像

人気のコラム