ピンクの葉っぱがかわいい観葉植物とは?

観葉植物のヒポエステスは、緑色の葉っぱに白や赤、淡いピンク色の細かい斑模様が入っているのが特徴です。今回の記事では、ピンクの葉っぱがかわいい「ヒポエステス」について詳しく紹介していきます。

ピンクの葉っぱの観葉植物とは?

ピンクの斑模様の葉っぱが特徴的なヒポエステスは、常緑の多年草です。南アフリカ、マダガスカル、南西アジアが原産で、約40種類が分布しています。

斑の色によって、ホワイトスポット、ピンクスポットなどの多くの品種があり、その姿からソバカスソウという別名もあります。

葉っぱが美しく個性的で、観葉植物やミニ観葉として楽しまれていますが、寄せ植えのアクセントとしても楽しめます。

土の代わりにハイドロカルチャーで育てることもでき、虫がつきにくく、清潔で育てやすく、リビングやキッチンなどでも楽しむことができます。

 

ピンクの葉っぱの観葉植物の育て方

ヒポエステスは日当たりか明るい半日陰で育てる必要があります。少し耐陰性があり暗い室内でも枯れませんが、日照不足になると徒長してしまうので、間延びしたら茎を切り戻し、日当たりの良い場所に移動させましょう。日光に当てた方が斑模様がきれいに出ます。

真夏の直射日光は葉焼けの原因になるので、日陰へ移動させるか、よしずをかけて遮光しましょう。寒さにはさほど強くなく、耐寒温度は5度です。冬は暖かい室内に取り込みましょう。室内でガラス越しの日光に当てて、日光不足に注意しましょう。

冬は水やりを控えめにし、乾かし気味にすることで耐寒性が上がります。春と秋は表面が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。夏は1日1回必要です。

肥料は育成期の春から秋にやりましょう。置き肥の場合は2ヶ月に1回、液体肥料は2週間に1回やります。病気にも注意しましょう。

 

ピンクの葉っぱの観葉植物で注意する病害虫は?

春から秋に炭疽病が発生する場合があるので、葉っぱに褐色で円形の病疽ができたら、殺菌剤を散布する必要があります。株や葉の風通しを良くすることで病気の予防になります。

 

ピンクの葉っぱの観葉植物を育ててみよう

今回は、ピンクの葉っぱがかわいい観葉植物「ヒポエステス」についてご紹介しました。寄せ植えにして育てるのも、インテリアとして飾るのもおすすめなので、ぜひ育ててみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

観葉植物の肥料に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

観葉植物の肥料の関連コラム

観葉植物の正しい肥料の与え方|おすすめの種類は?どの時期に与える?の画像

観葉植物の正しい肥料の与え方|おすすめの種類は?どの時期に与える?

赤い実がキレイ!ジュズサンゴの肥料はコレ!の画像

赤い実がキレイ!ジュズサンゴの肥料はコレ!

ポイント!プリムラジュリアンの肥料のあげ方の画像

ポイント!プリムラジュリアンの肥料のあげ方

ガーデンマムの育成には肥料が必須!の画像

ガーデンマムの育成には肥料が必須!

ゴールドクレスト・ウィルマの肥料のやり方をご紹介!の画像

ゴールドクレスト・ウィルマの肥料のやり方をご紹介!

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
362

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
353

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
303

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
260

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
230

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?