観葉植物の一種、シンゴニウムの育て方

机周りなどに飾るミニ観葉植物として人気のシンゴニウムですが、どんな植物でどう育てていけばいいのか分からないという方も多いのでは無いでしょうか。そこで今回は、シンゴニウムの基本的な情報や育て方をご紹介したいと思います。

シンゴニウムはどんな植物?

シンゴニウムはサトイモ科の植物で、中央・南アメリカを主に自生しています。つる性で、根を這ってよじ登っていく様に伸びていき、平均して5mほどの長さまで生長します。生長していくと矢じり型だった葉が丸葉へ変化していき、成熟すると切り込みがいくつも入って鶏の足を思わせる形になるのが特徴です。

シンゴニウムの育て方のポイント

シンゴニウムを育てる上でのポイントは、水やりを多めにすることと、10〜15度以上の温度に保つこと強い日差しを避けることの3つです。シンゴニウムは高温多湿の場所を好むため、水が少ないと枯れてしまう恐れがあります。そのため乾燥ししやすい夏場は注意が必要です。また直射日光をあてすぎると葉が焼けてしまうため、明るい日陰で育てるのが良いでしょう。

シンゴニウムの土作りと水やりについて

シンゴニウムの場合水はけの良い土を好むため、赤玉土と腐葉土もしくはピートモスと、川砂を6:2:2で配合します。観葉植物用の市販の土でも構いません。水やりは土が乾燥したらたっぷりと与え、春秋なら2日に1回、夏場は毎日、冬から春先にかけては週に1,2回程度が目安となります。また夏場は水の吸い上げが旺盛なため、水やりと一緒に霧吹きを使って、葉に水を吹きかけてあげましょう。

まとめ

シンゴニウムの基本的な情報や、育てる上でのポイントなどをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。管理方法がシンプルで初心者の方でも育てやすいので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

※トップ画像は出典元:Instagram

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

水やりに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

水やりの関連コラム

葉水とは|頻度やタイミング、どんなメリットがある?の画像

葉水とは|頻度やタイミング、どんなメリットがある?

リュウノヒゲを長生きさせよう!〜水やりの仕方について〜の画像

リュウノヒゲを長生きさせよう!〜水やりの仕方について〜

水やり、肥料など、ブルーベリーの育て方まとめ!の画像

水やり、肥料など、ブルーベリーの育て方まとめ!

シクラメンをもう枯らさせない!効果的な水やりの方法の画像

シクラメンをもう枯らさせない!効果的な水やりの方法

水やりの仕方一つで綺麗な朝顔を咲かせてみましょう!の画像

水やりの仕方一つで綺麗な朝顔を咲かせてみましょう!

水やりの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
362

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
353

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
303

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
260

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
230

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?