冬の果物といえば?植え付けや収穫の時期は?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.03.12

冬はあまり果物が育たないイメージがあるかもしれませんが、意外とたくさんの旬の果物があります。美味しいだけでなくビタミンなどの栄養も豊富に含まれているので、積極的に取り入れたいですよね。

今回は、家庭で栽培するのにおすすめな冬定番の果物をご紹介します。

冬が旬の果物の特徴

冬の時期は寒さで体調を崩してしまうことも少なくありません。冬の時期に旬を迎える果物は、栄養価が高く、体の免疫力を高める効果があります。いちごやみかんなどに含まれるビタミンCには、健康にも美容にも高い効果を発揮する栄養素となっています。

免疫力を高め、コラーゲンを作り出すことによって老化の防止にもなるんだそうです。

冬の果物の種類

冬に旬を迎える果物はどのようなものがあるのでしょうか。寒さに負けずに鮮やかな実をつける冬の果物。植え付け時や収穫のコツなどをご紹介します。

みかん

特徴

冬の定番の果物と言えば、まずはじめにみかんを思い浮かべる人も多いかもしれません。古くから親しまれているみかんは、シンボルツリーとしても最適です。コタツで温まりながら、家族でみかんを味わう楽しみは日本ならではの醍醐味ですよね。ビタミンCもとても豊富なことも人気の理由となっています。

みかんは育てやすく、果樹の中でも難易度は低いため、挑戦しやすい果物の一つです。

植え付け時期

みかんの木の植え付け時期は3~4月が適しています。日当たりと水はけがよく、風があまり当たらない場所を選びましょう。鉢植えの場合は、苗よりもひとまわり大きな鉢を使用します。赤玉土と腐葉土を7対3の割合で混ぜたものか、市販の果樹用培養土がおすすめです。

地植えの場合は、苗木の根鉢をくずして根を広げながら用土をかぶせます。接ぎ木の部分が埋まらないように浅植えにし、落ち着くまで水を与えながら管理しましょう。

収穫時期

みかんは苗を植え付けてから5年前後で実をつけます。収穫時期は品種により異なりますが、実全体がオレンジ色に染まる10~12月頃が収穫の適期となっています。

いちご

特徴

かわいらしい花と鮮やかな赤い実をつけるいちごは、大人にも子供にも大変人気の果物です。ジューシーな味わいが特徴的ないちごはケーキやパフェなどのデザートでもよく使われます。フルーツとして親しまれていますが、実はスイカやメロンと同じ、野菜の仲間です。

植え付け時期

いちごの植え付け時期は10~11月頃が適しています。いちごは家庭菜園でも人気がありますが、いざ収穫してみると期待していたよりも甘くなかったということもよくあります。

原因の一つが日当たりのよさです。太陽の陽をたくさん浴びたいちごは、よく育ち実が甘くなります。また、通気性と水はけの良いやわらかい土を選ぶことも重要なポイントです、

収穫時期

いちごの収穫は、実が赤くなり始める4~6月頃が適期となっています。いちごは、鳥に食べられてしまうことがあるので、防虫ネットを張るなどして対策することをおすすめします

ゆず(柚子)

特徴

ゆずは、ミカン科の常緑小高木です。中国を原産地としており、奈良時代に日本に伝わったと言われています。柑橘類の中でも高貴でさわやかな香りが世界的にも注目されており、食事や飲み物、入浴時の香りづけなどにも使われています。

夏には白く小さな花を咲かせるゆずは、観賞用の果樹としても人気があります。

植え付け時期

常緑樹であるゆずの植え付けは、春の風が吹き始めた3~4月が適期となっています。植え付ける際は、みかんの植え付けと同様に根をできるだけ広げ、接ぎ木部分が埋まらないように浅植えにします。その後、土と根が密着するようにたっぷりと水を与えます。

ゆずは暑さにも寒さにも強いですが、寒すぎる場合は室内に移動させたり、株元を腐葉土などでカバーしましょう。

収穫時期

ゆずは、実の色が緑から黄色に変化する頃が収穫の目安です。鉢植えの場合は2年目から収穫することもできますが、基本的には植え付けてから3年間は、木を成長させる期間に当てましょう。

特徴

柿は、カキノキ科に分類される落葉樹です。柿は昔から日本の秋冬の風景として親しまれてきました。ことわざにも「柿が赤くなれば医者が青くなる」というものがあるほど、日本人にとって馴染み深い果物の一つです。

しかし実は原産国は中国で、日本には7世紀頃に伝わったと言われています

植え付け時期

柿の植え付けは、12~3月頃が適しています。地植えの場合は、苗の根鉢よりもひとまわり大きな穴を掘って植え付けましょう。鉢植えの場合は、用意した鉢の底穴にネットを敷き、軽石を入れてから培養土を入れます。その後、鉢底から流れ出すまで十分に水を与えましょう。

収穫時期

実が熟す10~11月頃に、ハサミでカットして収穫します。実をつけたままにしておくと、木に負担がかかり、翌年の実のつきに影響があります。

柿は、植え付けてから実がなるまで4年ほどかかりますが、じっくりと年月をかけて育てることで樹勢が強くなり、長く収穫が見込めますよ。

冬の果物を旬の時期に収穫して食べよう

みずみずしい夏のフルーツとはまた違った魅力を持つ冬の果物。乾燥しがちで風邪をひきやすい冬だからこそ、ビタミンCを取り入れて元気に過ごしたいですよね。

自分の手で育てた果物は、おいしさ格別なはず。食事やポプリ、入浴の際の香り付けなど、使い方もさまざま。日常が豊かになりそうですね。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

収穫物に関連するカテゴリ

収穫物の関連コラム

収穫物の新着投稿画像

mimi

16

ミゾカクシ 溝を隠すほど茂ることからこの名が付いたそうです。 命名者、正解👍

azl

3

ちょっと一息、玉ねぎと癒しのカフェラット♪普段この手の買わないけど、パッケージにツラレタってヤツ

まふこ

12

近所の畑。 毎年とてもきれいに咲いていて、素敵だなあと思っているのですが、何というお花でしょうか? ウチの庭にも咲かせたい!

気まぐれな1人

3

種から食べられるまでには何年かかるのかな

気まぐれな1人

4

そこそこ収穫できるようになってきました

ぴょんぴょん

50

クリスマス🎄に食べたプチトマトがカラフルでとっても美味しかったので〜ちょこっと種を植えてみたら直ぐに発芽🌱してお花🌼 寒い間も次々咲いて小さい実は成ってたけど..固くて小さいまま赤くならず.. ...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード