タマシダの画像

タマシダの育て方

  • ツルシダ科
  • ネフロレピス属

タマシダの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Nephrolepis cordifolia

別名

ネフロレピス

原産地

熱帯から亜熱帯

タマシダの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
タマシダの育て方の画像

タマシダはシダ系の植物です。花は咲きませんが、葉の存在感が印象的な植物です。耐陰性もあるため室内で育てる観葉植物としても向いています。

ここではこうしたタマシダの育て方について紹介しています。タマシダのおすすめ品種も解説したのでインテリアにタマシダを合わせたいという人も参考にしてみてください。

タマシダの育てる場所

半日陰で育てましょう。耐陰性がある観葉植物なのである程度日陰でもしっかり育ちます。また、耐陰性があるために室内でも育てられます。

タマシダは夏場の直射日光にも弱いです。そのため、夏場は特に日に当てすぎないようにしましょう。気温が高すぎると葉焼けを起こすこともあります。

遮光をしてみよう

タマシダを外で育てる場合には遮光が必要です。遮光をしたい場合には屋根のあるところで育てたりすると良いでしょう。また、ホームセンターなどで売っている遮光ネットも役立ちます。

室内で育てる場合

耐陰性があるため室内でも育てやすいのがタマシダの利点です。しかし、乾燥には弱いのでエアコンには直接当てないようにしましょう。また、多湿にも強いので浴室などのジメジメするところにも置くことができます。

タマシダの水やり

表土が乾いたら水を与えます。タマシダはしっかり水を上げないと枯れたり葉の色が変化しやすいので気をつけてください。特に成長期の春から秋にかけては霧吹きも利用して葉にも水を与えましょう。霧吹きをすることでアブラムシなどの害虫も予防可能です。とはいえ、水の上げ過ぎもダメです。

冬場の水やりについて

冬になったら水やりの回数を減らします。表土が乾いて数日立ったら水をあげる程度で十分です。

肥料

タマシダはしっかり肥料をやると育ちが良いです。

用土

高湿度の環境を好みます。ミズゴゲやベラボンなどに植え込むことも可能です。

病害虫

カイガラムシ

まれにこの虫が発生します。カイガラムシは殺虫剤で殺す他、落ちにくいカイガラムシはブラシなどで直接擦り落とします。

ナメクジ

梅雨に発生しやすい虫です。葉だけでなく花も食害されることがあります。ナメクジがいたらつまみとって除去します。

アブラムシ

アブラムシはタマシダの葉にくっついて養分を吸い取ります。アブラムシは放って置くと大量発生しやすいです。発生したら霧吹きなどで落とします。数が増えて対処しにくくなったら殺虫剤でまとめて倒します。

ハダニ

アブラムシと同様に葉にくっついて養分を吸います。葉の裏に潜んでいるので見つけにくいです。

スス病

アブラムシやハダニを放って置くとスス病が発生することがあります。これはアブラムシがスス病の媒介となっているため。スス病になったら感染を防ぐために悪くなった葉を早めに切り落とします。

根詰まり

植え替えをしないと根詰まりすることがあります。根詰まりすると見た目にも良くないですし水もしっかり吸収できなくなります。最悪の場合、枯れることすらあります。根詰まりを防ぐためにも定期的に植え替えしましょう。もしも植え替えしない場合には根をある程度切り落としてください。

タマシダの植え付け・植え替え

タマシダは5月から9月にかけて植え付けます。夏真っ盛りの時期に植えるのは発芽の関係からあまりおすすめできません。

また、タマシダの苗を購入する際には虫がついていないかチェックしてください。虫がついている苗はすでに弱っている事が多いです。虫がついている苗を購入するとガーデンに虫を広げてしまうことにもなりかねません。

植え替え

タマシダを鉢で育てている場合には定期的に植え替えします。2年に一回を目安にすると良いでしょう。植え替えしないと根詰まりすることがあります。植え替えは4月から8月にかけて行います。

タマシダの増やし方

株分けで増やします。適期は春から秋にかけてです。元気な株を選んで新しい土に株分けしてみましょう。

タマシダの手入れ

枯れてきた葉があったら切り取って整理します。こうすることで病気なども防ぎやすくなります。

また、下葉が枯れることがあります。この場合には適度に間引いて植え替えすると良いでしょう。

冬季の処置

気温が5度を下回るようだったら冬季は室内に取り込みます。

タマシダの種類

ツデー

ツデーは最もポピュラーな品種です。ツデーが人気なのはサイズが比較的小さいことも関係しています。耐陰性があるツデーを小鉢などに入れて室内で育てるのはおすすめです。

ボストンタマシダ

こちらは大型の品種です。かなり大きくなるので室内で育てる際には気をつけてください。

スコッチシダ

スコッチシダは熱帯アメリカが原産です。ツデーと同じくらいの大きさです。葉がかなりもふもふしています。

セイヨウタマシダ

南米が原産の観葉植物です。セイヨウタマシダは様々な派生品種があります。ボストンタマシダはセイヨウタマシダの派生品種です。

ダッフィー

比較的小さい品種です。小さいので育てやすいと感じる人は多いでしょう。

ホウビカンジュ

日本にも自生するヤマシダの一つです。南西諸島などに生息しています。石灰岩の崖などに生えている姿を時折見かけることができます。

日本に自生しているタマシダ

日本各地にもタマシダは自生しています。本州だと伊豆や九州のタマシダが有名です。また、小笠原諸島や南西諸島などにも生息しています。野生のタマシダは岩の植えや海岸近くなどに自生していることが特徴です。

関連する植物

タマシダの仲間はかなり多いです。例えば、ヘダなどがタマシダとかなり近いです。他にもハート型の葉が特徴的なハートファンなどもタマシダの仲間。タマシダに手を出して気に入ったらこうした関連植物も検討してみると良いでしょう。

インテリアにタマシダを用いる

タマシダは室内で育てるのにも向いていることからインテリアとしてよく活用されます。この際にはタマシダのサイズや葉の色をじっくり調べて品種を選ぶと良いでしょう。また、室内で育てられるからといってどこにおいても良いというわけではありません。やはりある程度の日光は必要ですし、エアコンなどの近くに置くと枯れやすくなります。

また、室内で育てるならば鉢にもこだわると良いでしょう。タマシダは花がつかないこともあり、鉢がより生きてくる植物の一つだからです。

タマシダの花言葉

タマシダは花をつけないものの花言葉はいろいろと存在しています。例えば、タマシダの花言葉として「愛嬌」と「魅惑」があります。タマシダの可愛らしい花がこうした花言葉を連想させるのでしょう。ちなみに9月10日の誕生花でもあります。

タマシダは英語では「sword fern」やネフロピレスなどとも呼ばれます。ほかにツディと呼ばれることも。また、日本語でタマシダ(玉羊歯)と呼ばれるのはタマシダの独特な葉っぱなどの形状のため。

まとめ

タマシダについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。タマシダはシダ系植物の中では比較的育てやすいのでおすすめです。また、室内でも育てられるのでインテリアと合わせるのにも向いているところでしょう。タマシダは存在感もかなりあります。

※トップ画像はアヤセさん@GreenSnap

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の新着コラム

観葉植物の種類

コーヒーの木

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日... コーヒーの木の育て方へ

アガベ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。多くの種類は低温に強いです。 アガベの育て方へ

コンシンネ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... コンシンネの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード