サンスベリアの画像

サンスベリア(トラノオ)の育て方|季節ごとの水やり加減や置き場所は?

  • キジカクシ科
  • チトセラン属
サンスベリア(トラノオ)の育て方|季節ごとの水やり加減や置き場所は?の画像

サンスベリアは一般的な観葉植物とは少し育て方が異なりますが、乾燥に強く、ほとんど栽培に手間のかからない観葉植物なので初心者におすすめです。数年前に空気清浄効果がもっとも高い植物と話題になり、今でも根強い人気を誇ります。

今回は、人気の観葉植物のサンスベリアの育て方についてご紹介します。

サンスベリアを育てる場所

サンスベリアは適度な日当たりを好みますので、直射日光をさけた日当たりの良い場所か、明るい日陰で管理するようにしましょう。栽培適温は20〜25度ですが、耐寒温度は10度程度しかありませんので、地植えでの栽培は難しいです。鉢植えにして季節ごとに場所を変えてください。

サンスベリアを育てる鉢

サンスベリアは過湿に弱いので、通気性の良い鉢に植えるようにして下さい。例えば素焼き鉢、木製、コンクリートなどの鉢がおすすめです。プラスチックや金属、陶器などは通気性が悪いので控えましょう。

春〜秋のサンスベリアの置き場所

春から秋にかけてサンスベリアは生育期となります。室内で育てる場合はレースカーテン越しの日当たりの良い場所に置いてください。また、屋外に置く場合は、直射日光をさけた日当たりの良い場所を選びましょう。

耐陰性が高いので日の当たらない室内でも大丈夫!

サンスベリアは耐陰性がとても強く、基本的に日の当たりにくい室内でも栽培が可能です。ただし、徒長気味になったり、葉が萎れて細長くなってきたときには、数時間日光浴をさせて回復を図ります。

冬のサンスベリアの置き場所

サンスベリアは耐寒性が低いので、屋外で栽培していた場合、10月上旬には室内にとりこみましょう。また、冬に窓際に置いたままだと、日が沈んだときの冷え込みで枯れてしまいます。夜になったら移動させるようにしてください。

サンスベリアの育て方:水やり


サンスベリアはもともとアフリカの乾燥地が原産です。多肉質な葉に水をためていて、非常に乾燥に強く、過湿を嫌うので、水やりの回数も控え目で大丈夫です。

春〜秋のサンスベリアの水やり

生育期のサンスベリアには、下記の目安に応じて、土が完全に乾いたら、底穴から水がもれるまでたっぷり水やりをするようにします。とくに休眠期前後は徐々に水やりの回数を増減させていくようにしましょう。なお、根腐れの原因にもなりますので、受け皿に水をためたままにしないでください。
・最低気温10〜15度ほどの初春の休眠期開けや、晩春の休眠期前:7〜10日に1回
・湿度の高い梅雨期や、真夏の高温期:4〜5日に1回
・その他の栽培適温20〜25度の春〜秋:2〜3日に1回

冬のサンスベリアの水やり

サンスベリアは冬に休眠しますので、最低気温が10度以下になり始めたら、翌春になるまで断水します。断水することによって耐寒性も上がり越冬が可能になります。ただし、常に暖房が効いた室内で栽培している場合には、先述の目安にしたがって水をあげるようにしてください。

サンスベリアの育て方:土

サンスベリアは水はけの良い土を好みます。配合は赤玉土小粒5:軽石(もしくは日向石)4:ピートモス1などの比率がおすすめです。市販にはサンスベリア専用土もありますし、水はけのいいタイプの観葉植物培養土、サボテン培養土などを選ぶものおすすめです。

サンスベリアの育て方:肥料

サンスベリアは春から秋の生育気にかけて肥料を施してください。緩効性化成肥料を2ヶ月に1回ほどのペースで与えます。肥料の与えすぎは逆に弱らせてしまう可能性があるので、土の量や株の大きさに対する規定量から、やや少なめに施肥するのがおすすめです。

サンスベリアの育て方:植え付け・植え替え


サンスベリアは生育旺盛なので、必ず1〜2年に1度は植え替えするようにしましょう。植え替えの適期は5〜9月の間ですが、このうちなるべく早い方がいいでしょう。

サンスベリアの植え替えの手順

植え替えの前は水やりを控えて、土を乾かしておきます。サンスベリアを鉢から引き抜いて、根鉢を3分の1ほど崩して古い土を落としましょう。このとき、茶色く変色した根があれば切り落としてください。一回り大きい鉢に鉢底石と新しい用土をいれ、植え付けていきます。

鉢増ししたくないのであれば、根鉢を崩して長い根を刈り込み、余分な葉も剪定して植え替えます。

サンスベリアの植え替え直後の管理

サンスベリアを植え替えした直後は、室内、もしくは風のあたらない明るい日陰におきましょう。根が新しい環境に慣れるまでは、完全に土が乾き切ってから水を与えるようにしてください。葉水はこまめにしてもいいでしょう。

サンスベリアの増やし方

サンスベリアは株分けと葉挿しで増やすことができます。どちらも適期は5〜8月です。

サンスベリアの株分け


サンスベリアは次々と子株を生やしていくので、株分けをして容易に増やすことができます。植え替え時の根の整理の際に、2〜3株の子株の束をナイフで切り分けます。切り分けた新しい株は別の鉢に植え付けて、水やりをします。発根して安定するまでは、支柱を立てて葉を紐で結びつけておきましょう。

サンスベリアの葉挿し


サンスベリアは葉を切って挿すことで増やすこともできます。清潔なハサミ、もしくはナイフを使って、傷のついていないハリのある葉を、地面と並行(葉の伸びる方向に対して垂直)に10cm間隔で切っていきます。切り分けた葉の基部を下にして、2分の1程度の深さまで、赤玉土小粒に挿しましょう。

葉挿し後は、明るい日陰で管理し、水をあげずに管理します。1ヶ月で発根、半年後に新たな葉を生やしますが、元の株のような班入りなどの模様は反映されません。

サンスベリアの手入れ

サンスベリアには、とくに剪定などの手入れは不要です。ただい、葉の状態をみて育て方を振り返るようにしましょう。

例えば、葉っぱが茶色くしおしおと枯れているのであれば、水分不足のサインなので、水やりのペースを増やす。また、葉の一部分が変色しているのであれば葉焼けのサインですので、置き場所を明るい日陰に移すなど、適宜先述の栽培方法を参考にしてください。

サンスベリアの育て方で注意する害虫・病気

サンスベリアにはカイガラムシ、アブラムシなどが通年、気温の高い乾燥期にはハダニが発生しやすいです。葉をあらゆる角度から観察して、見つけ次第駆除しましょう。

サンスベリアにはどんな色の品種がある?


サンスベリアは葉の模様や、葉形が異なる様々な品種があります。最もポピュラーなのは「ローレンティー」という葉を黄色で縁取り、全体に緑の濃淡のゼブラ模様が入った品種です。その他、代表的なのは次のとおり。

・葉が円筒型:「スタッキー」「キリンドリカ」「ミカド」「サムライ」
・葉柄がゼブラや縞など特徴的:「ハニー」「バンテルス・センセーション」「シルバーキング」「ゼラニカ」

サンスベリアの花言葉

サンスベリアの花言葉には「永久」「不滅」などの花言葉がついており、その意味合いからも縁起が良く、開業祝い、結婚祝い、長寿祝いなどの贈り物に向いています。

サンスベリアの育て方のコツを抑えよう!


サンスベリアはマイナスイオンの他、ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質を除去しています。そのことからも、安眠効果をアップを狙って寝室に置いて育てている人も多いようです。皆さんもサンスベリアの育て方を学んで、快適なみどりある暮らしを過ごしましょう。

サンスベリアの新着コラム

サンスベリアの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
多年草
学名
別名
サンセベリア,トラノオ
原産地
熱帯アフリカ

サンスベリアの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

サンスベリアの新着投稿画像

みんなのサンスベリアの育て方

Photo By おサルの花屋敷

サンスベリア第2段

サンスベリアに花芽が出ました❣️

サンスベリアの花

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラの育て方へ パキラの花言葉へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマルの育て方へ ガジュマルの花言葉へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトスの育て方へ ポトスの花言葉へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラの育て方へ モンステラの花言葉へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガスの育て方へ アスパラガスの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード