テーブルヤシの画像

テーブルヤシの育て方

  • ヤシ科
  • カマエドレア属

テーブルヤシの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

低木

学名

Chamaedorea elegans

別名

原産地

メキシコ〜南アメリカ

テーブルヤシの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
テーブルヤシの育て方の画像

育てやすい観葉植物で、初心者から上級者まで愛されているテーブルヤシ。観葉植物の中では定番で、おしゃれな鉢に入れてシンプルに飾ったり、寄せ植えにしたりと楽しみ方も豊富です。スーパーや100均でも安く売られているので、気軽に購入できるのも魅力。そんな、テーブルヤシの育て方や長く元気に育てる方法を紹介します。

テーブルヤシの育てる場所

屋外で育てる場合の置き場所

エキゾチックな雰囲気があり、日差しに強いイメージのあるテーブルヤシですが、実は強い日光に弱く葉焼けを起こしやすいのが特徴です。屋外で育てる場合は、直射日光を避け半日向で育てるようにしましょう。

室内で育てる場合の置き場所

室内で育てる場合、どこにでも置けるコンパクトさと耐陰性が高いことから、名称通りテーブルの他、テレビボードやキッチンカウンターなど、どこでも育てることが可能です。

ただし、強い日差しが入るベランダや窓際に置きっぱなしにするのはやめましょう。窓際に置く場合は、日差しの強さを調節するために、カーテンや日よけを利用して直射日光を避けるようにしてください。

また、エアコンの風が当たる場所も葉が乾燥するので避けるようにしましょう。

冬場に育てる場合の置き場所

テーブルヤシは冬の寒さにも強いのですが、0~5℃以下になると葉が色褪せたり枯れたりすることがあります。屋外で育てていたものは、できるだけ室内に入れると安心です。
室内に入れた場合は、暖房機器で乾燥しすぎないよう除湿機などを使って湿度を高く保ってください。

冬場に葉が色褪せたら、春に植え替えをして様子をみましょう。元気になるまで時間がかかりますが、どうしても回復しない場合は買い替えが必要です。

テーブルヤシの水やり

夏場は、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えましょう。1~2日に一度は霧吹きで葉水すると、乾燥や害虫防止になるので、定期的に行ってください。

気温が下がってくると成長が緩やかになるので、気温が10℃を下回るような季節に入ったら、1週間に1~2度の水やりにとどめ乾燥気味に育ててください。冬の水やりは暖かい日を選ぶと、温度差が出にくく植物に負担をかけません。

肥料

春~秋にかけては、2か月に1回効き目が緩やかな緩効性の肥料を与えてください。植え替える際に土に混ぜたり、追加で土の上にまいたりと簡単に与えられます。

液体肥料を与える場合は、10日に1回くらいの頻度で使用しますが、使いすぎると土の中で肥料分が濃くなってしまい、テーブルヤシに悪影響です。心配なら葉に元気がないと感じたときのみ、水で薄めて与える程度にしておきましょう。

ただし、明らかに植物が枯れかけているときは、肥料を与えないようにしてください。肥料の与えすぎは根を腐らせてしまうので、枯れた原因を調べてそこを改善してください。また、冬場は成長が緩やかになるので、肥料は不要です。

テーブルヤシは、肥料をあげると大きくなるので、コンパクトなまま楽しみたいなら肥料はやりすぎないようにしてください。

用土

テーブルヤシに使用する土は、水はけの良いものを選びましょう。植え替えをする際には、観葉植物用土を2としたら、赤玉土1と鹿沼土1を加えて混ぜて土を作ります。腐葉土やパーライトを加えても健康的な植物が育ちやすいです。

また、テーブルヤシはハイドロカルチャーでも育てられます。部屋を汚したくない人や、デスクなどに気軽に置きたい人は、土よりハイドロカルチャーを使った方が便利です。
ハイドロカルチャーはデザインも豊富なので、お部屋のイメージに合わせて自分でアレンジできるのも嬉しいポイントです。

他にも、カラーサンドを使うと、よりデザイン性がアップして観葉植物を育てるのが楽しくなります。
お部屋に合わせて、シックもポップにも雰囲気を変えられるので、テーブルヤシの育成と一緒にサンドアートにも挑戦してみましょう。

病害虫

ハダニ

葉の裏に生息するハダニが付くと、葉の裏に白い斑点ができます。大量に繁殖していると、蜘蛛の巣のような状態になるので、そこで気が付く人も多いでしょう。

ハダニは高温と乾燥が続くと爆発的に増えますが、水にとても弱いので見つけたら霧吹きでたっぷりと葉に水を与えて駆除しましょう。霧吹きだけでは駆除できない場合は、直接水で洗い落としてください。

植物用の殺虫剤でも駆除できますが、ハダニは薬物に抗体ができやすいので、効き目が徐々になくなってしまうことがあります。大量発生してから薬剤で駆除するより、日頃から霧吹きをで水をかけ、乾燥を避ける方が効果的です。

カイガラムシ

葉や茎に、白く丸いものや茶色の殻のようなものをたくさん見つけたら、カイガラムシの可能性が考えられます。カイガラムシは、殻をかぶっているので防虫剤が効きにくいので、とても厄介な害虫です。

駆除方法は、ひとつずつ手で取り除くのが一番です。面倒ですが、葉や茎を傷つけないよう、ハサミやナイフの刃先、ピンセットなどを使ってひとつずつ取り外して駆除しましょう。
葉や茎がしっかりしていれば、歯ブラシでこそぎ取ることもできます。

カイガラムシは、成虫になる前に駆除すると簡単なので、日頃からよく観察し虫がついていないかチェックしましょう。

アブラムシ

定番の害虫ですが、繁殖力が高いので放っておくとすぐに植物に元気がなくなってしまうので、早めに気付き駆除しなくてはいけません。
目視で確認しやすいので、緑の小さな虫を見つけたら牛乳スプレーを使用しましょう。

牛乳スプレーは、霧吹きに牛乳を入れるだけなので簡単に作れます。牛乳をアブラムシに直接散布し、乾燥するまでしばらく待ちます。乾燥したら、次に水を入れたスプレーを散布して、牛乳をしっかり流すと完了です。

牛乳が植物に残ると悪臭やカビの原因になるので、牛乳を散布した後は流し忘れがないように注意してください。

屋外の害虫

屋外で育てていると、ナメクジやバッタといった害虫被害も出てきます。
ナメクジは、梅雨時期に多くなるので頻繁に観察して、テーブルヤシについていれば取り除きましょう。

バッタは葉を食べてしまうので、被害を見つけたら早めに家庭園芸用の殺虫剤で駆除してください。

テーブルヤシの植え付け・植え替え

テーブルヤシを植え付ける場合は、5月以降の温かい季節を選んでください。
また、植え替えをする際は、あまり大きすぎる鉢を選ばないように注意しましょう。大きすぎると根が水を吸いきれず、常に土が湿った状態になるので、根腐れすることがあります。

まず、鉢からテーブルヤシを取り出し、根についている土を優しくほぐしながら取り除きます。次に、新しい鉢の穴にネットを敷き鉢底石を入れます。
最後に、土を少量入れテーブルヤシをバランスよく配置したら、周囲に残りの土を入れて固定し水を与えます。

土は、古くなっていなければ今まで入っていた鉢のものを使用しても構いません。足りない分は、観葉植物用の土、赤玉土、鹿沼土を入れて混ぜたものを使いましょう。

テーブルヤシの増やし方

テーブルヤシは、株分けできるので気軽に増やすことができます。
まずは、鉢から取り出し優しくほぐしながら根についた土を落とします。次に、手で優しく引っ張ると簡単に分かれるので、好みの量に株分けします。

最後に、新しい鉢に鉢底ネット、鉢底石の順にセットし、土を入れて株分けしたヤシを置き、周囲に土を入れて固定します。完了したら水を与えてあげましょう。

株分けするときは、細い株になるので真っ直ぐ配置するのが難しくなります。しかし、斜めに植えてしまうと見た目が悪くなってしまうので、バランスよく配置するように注意してください。

テーブルヤシの剪定

テーブルヤシの剪定は古くなった葉を、カットするだけなので簡単です。ただし、葉の内側から出てくる新芽を傷つけないように注意しなくてはいけません。
葉が密集しすぎているときは、剪定だけでなく株分けをおすすめします。

テーブルヤシの手入れ

テーブルヤシは、観葉植物の中でもお手入れが簡単なのが魅力です。水やりに加えて、霧吹きで葉に水を散布しツヤを保つよう心がけると、葉はイキイキと育ちます。

玄関やトイレなど、日の当たらない場所でも育ちやすいのですが、元気がなくなってきたら強すぎない日光に当ててあげましょう。放置していると、茶色に変色したり最悪の場合枯れたりすることがあります。

テーブルヤシの育て方のポイント

暑さや寒さに強く、日陰でも育ちやすいテーブルヤシですが、丈夫なだけに放っておいてしまい枯れることがあるので、毎日のお手入れは忘れずに行いましょう。
テーブルヤシは、枯れ始めると復活させるのに時間がかかるので、そうなる前の日々のお手入れがとても大切です。

成長するスピードはそれほど速くないので、植え替えの頻度は少なくてすみますが、葉が茂りすぎたら株分けして風通しを良くしてあげましょう。

上手く育てると、100均などで買った小さな株でも大きくできるので、どこまで成長させられるか楽しみながらチャレンジしてください。
逆に小さいサイズのまま育てたいなら、肥料を与えすぎないようにしてください。

テーブルヤシの花言葉

テーブルヤシの花言葉は「あなたを見守る」です。テーブルヤシは、私たちを身近なインテリアとして見守ってくれているような愛らしさがあります。

まとめ

どんな鉢にも合うテーブルヤシは、インテリアに最適な観葉植物です。玄関やキッチンなど、日の当たらない場所でも育ちやすいので、初心者におすすめ。トイレでも育てられるので、風水を意識してトイレに観葉植物を置きたい人には最適の観葉植物です。
お手入れ方法も簡単ですが、害虫や根腐れには気を付けましょう。

テーブルヤシはハイドロカルチャーやカラーサンドでも育てられるので、たくさんのデザインの鉢を選べるのも魅力。好みの鉢に入れて、部屋の中を南国の雰囲気で彩れます。
あなたの好みのアレンジで、テーブルヤシとの素敵な生活を楽しんでください。

※トップ画像はあさん@GreenSnap

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の新着コラム

観葉植物の種類

コンシンネ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... コンシンネの育て方へ

ツタ

樹木や壁等に張りついて成長する性質があり、フェンスや建物に這って成長していく姿をイメージできるかと思... ツタの育て方へ

ニューサイラン

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 ニューサイランの育て方へ

グズマニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... グズマニアの育て方へ

イポメア

よく栽培されるのは、さつまいも(Ipomoea batatas)の園芸種です。夏の暑さにも強く、沖縄... イポメアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード