サイウンカクの画像

サイウンカクの育て方

  • トウダイグサ科
  • トウダイグサ属

サイウンカクの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia trigona

別名

ミルクツリー

原産地

西アフリカ

サイウンカクの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
サイウンカクの育て方の画像

「サイウンカク」は中央アジアや西アフリカにルーツを持つ多肉植物です。彩雲核の外観上はまるでサボテン! とげのある葉と直立したユニークな姿が愛され、育てやすい部屋の観葉植物として注目されています。この記事では人気の多肉植物サイウンカクの育て方全般についてご紹介します。

サイウンカクを育てる場所

■戸外・室内

乾燥地帯で育つサイウンカクは、乾かし気味に育てるのが正解です。屋内の風通しと日当たりのよい場所で育てます。

■日光

強い太陽の光が照り付ける中央アジアやアフリカの大地で育つサイウンカクは、日当たりの悪い場所では生育が悪くなります。しかし寒さには強いため特別な暖房は必要ありません。

サイウンカクの水やり

年中水やりは控えめにするように注意しましょう。月に一度程度の水やりで十分です。

また夏季と冬季には水やりを控え株を休眠させたほうが生育にはよい影響を与えます。

サイウンカクの肥料

植え付け時に緩効性肥料を加えた後はそれほど肥料は必要ありません。

サイウンカクの生育期にあたる秋と冬には少量の液肥を与え、成長を促せる程度で十分です。

サイウンカクの病害虫

サイウンカクは病気や害虫に強く、注意すべき点は特にありません。

ただし真夏の水のやりすぎによる根腐れなどには気をつけましょう。

サイウンカクの植え付け・植え替え

■サイウンカクの植え付け

大きく成長する品種のため、緩効性肥料を加えておきます。

また春秋の生育期は液肥を与えておくと生育がよくなります。

■サイウンカクの植え替え

背が高くなるサイウンカクを植え替えるときには茎を折らないよう注意が必要です。

またとげがあるため、新聞紙で巻いた後にさらに緩衝材(プチプチ)などでカバーしてから植え替え作業を行うと安全です。

新しい容器には植え付け同様に緩効性肥料を混ぜ込みます。

サイウンカクの増やし方

サイウンカクは挿し木で増やすことが可能です。

適宜切り戻した茎部分の切り口の白い液(かぶれる人もいるので注意)を30分ほど給水した後、土に穴をあけて挿しましょう。

サイウンカクの手入れ

サイウンカクは手のかからない多肉植物ですが、成長が早いため1,2年で2メートル近くまで育つこともあります。

置く場所やインテリアにあわせて適宜切り戻しを行うとよいでしょう。

まとめ

サイウンカクには夏から秋に紅葉するタイプ(紅彩雲閣など)の品種もあります。

そのほか様々な品種がありますから、それぞれのサイウンカクの違いを楽しみながら育てるのも楽しいですね。

※トップ画像はzunさん@GreenSnap

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の新着コラム

観葉植物の種類

タマシダ

春~秋は明るい日陰に置き、冬は室内のガラス越しの日光が当たる場所で管理します。 タマシダの育て方へ

ハラン

木陰などの日陰、または室内で育てます。 ハランの育て方へ

ワイヤープランツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ワイヤープランツの育て方へ

クワズイモ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... クワズイモの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード