Greenthumbさんのバルコニー/ベランダ,アマリリス,オニユリの投稿画像

バルコニー/ベランダの画像 by Greenthumbさん | バルコニー/ベランダとアマリリスとオニユリとフリージアとマツバボタンとアイビー(ヘデラ)と斑入りツルニチニチソウとアロマティカスと多肉植物とベランダーと花のある暮らしと鉢の整理

2021/04/11

25回いいねされています

ツルニチニチソウって、日陰が好きだったの?😗

オニユリと斑入りのツルニチニチソウと斑入りでないへデラが同居している鉢。
(西を向いて撮影した。)

3月にごっそり切ったあと、
ツルニチニチソウの殆どの茎が、ベランダの手摺り側ではなく、建物側に向かって伸びている事に気がついた。😳

いままでオニユリについて勘違いしていて、
ツルニチニチソウの日陰になっているのが良い事だと思っていたが、間違いだった。😩

オニユリは草原の花だった。😓

それで、ツルニチニチソウを心置きなく切ったのだが。

オニユリに関しては、鉢の向きをぐるっと回せば良いだけなので、対処法は簡単!😛

今春は心を入れ替えて、鉢の大整理をしているし、簀を10年?ぶりに持ち上げて、ベランダの床面を掃除している🧹。

これまでのところ、簀の下から土がバケツ🪣3つと鉢カバー1つ分出てきた。

これ以上プラスチック製の縦型の容器が無いので、昔、団地の中のスーパーで買った草花・野菜の培養土の空き袋に入れる。

こんなに土がベランダにあったのなら、今年3、4年ぶりに追加で買った培養土は必要無かったなぁ…😢。

運ぶの、大変だったのに。😓
箸よりも🥢…以下省略。😝

これからも簀を敷くか検討中。

簀の下でエビヅルやらアイビー・へデラの蔓を生やしただけでは足りずに、蟻とダンゴムシの培養をしていた事に気がついたからね…。😭😭😭

多肉植物用には簀が必要なのかもしれないけど、夏越しには、簀で風通し云々よりも、半日蔭を確保する事の方が重要かもしれない。

多肉植物よりも手摺り側にある鉢の、草丈の長いフリージアを他の鉢に移したので、その鉢は背の低いマツバボタンが中心になる。
多肉植物の日除けが無くなる。

いや、多肉植物の夏越しが上手くいくようになってきたのは、単に100均出身の幼い苗が成長したせいだけかも知れない。😬

それか、ワタクシが成長して水やりの要領を覚えたから?😆

追加考察: アマリリスが咲くんだから、この南西向きのベランダは完全に半日陰だよね。🤔

て事は、現実としてほとんどの多肉植物が徒長しているんだから、むしろ手摺り側に移動させるべき?😳

でも、梅雨に入ったら、今の場所よりずっと濡れるよね。🤔
そして、梅雨が過ぎて真夏になったら、今よりも直射日光に当たる時間が伸びるよね。🤔

悩む〜😭😭😭




2021/04/11

このみどりを撮った人

Greenthumb

Greenthumb

風の強い地域の団地6階、南西向きの、夏は熱帯冬は南国ベランダで、ごちゃごちゃ植えてきました。 出来た種が他の鉢から芽を出したり、 鉢から脱走した蔓が他の鉢で根付いたりしたのをほったらかしてきましたが、 ついに歳だという事をやっと悟ったので、 今年2021年2月から絶賛大整理中❗️😝 団地の中の小さい森に近いので、たまに、ヒヨドリから実生のプレゼントを貰ってきました。 これまでに梅と桜とイヌホオズキと槐を貰いました。 食べられる物が欲しい。イチジクくれないかなぁ。😆

場所

バルコニー/ベランダ

キーワード

多肉植物 ベランダー 花のある暮らし 鉢の整理

植物

アマリリス オニユリ フリージア マツバボタン アイビー(ヘデラ) 斑入りツルニチニチソウ アロマティカス

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

多肉植物・サボテンに関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

多肉植物・サボテンのみどりのまとめ

サボテン成長記

Photo By あおいひつじ

ラウリンゼ

吉祥天の地植え

多肉植物・サボテンの関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード