SILVIAさんのお出かけ先,アプテニア(花蔓草),マツバギクの投稿画像

お出かけ先の画像 by SILVIAさん | お出かけ先とアプテニア(花蔓草)とマツバギクとトゥルーブルーム レッドキャプテンとバラとベビーサンローズと散歩と花壇と花のある暮らしと公園広場

2021/09/12

178回いいねされています

9/12 (日) 🌥

🌹薔薇🌹
トゥルーブルーム”レッドキャプテン
※バラ科
※バラ属

🌿❤アプテニア❤🌿
ベビーサンローズ(アプテニア)
学名❀✿Aptenia cordifolia
※ツルナ(ハマミズナ)科
※アプテニア属
原産地⏹南アフリカ東部

🌿💗マツバギク💗🌿
マツバギク(松葉菊)
学名❀✿Lampranthus spectabilis
英名❀✿Fig marigold
和名❀✿松葉菊
※ハマミズナ科
※マツバギク属
原産地⏹南アフリカ

9/11付、公園広場花壇にて撮影📸📱💕

2021/09/12

このみどりを撮った人

SILVIA

SILVIA

2018年5月18日初投稿📷✨📱🌼*・ 〜 🔰🌱☘️🌿🍀📸🌼🌹🌻🌸🔰 💛💚アイコン画像💚💛 アレチマツヨイグサ(荒地待宵草) 別名❀✿メマツヨイグサ(雌待宵草 Oenothera biennis) 中国名❀✿小花月见草 xiao hua yue jian cao 英名❀✿evening primrose,common evening primrose 学名❀✿Oenothera parviflora L. 7月から11月にかけて昼間の明るい頃から、明るい黄色の可憐な花を咲かせ、月を眺めて朝日を浴びる頃になると萎んでしまう☆。.:*・゜🌙.*·̩✨🌟🌕🌔🌓🌙✨ 🔶マツヨイグサの仲間で最も多いのが、メマツヨイグサである。メマツヨイグサによく似て分類が難しいことで知られている。花があれば花が小さく、花弁と花弁の間に隙間があり、花弁の形もハート形をしていて区別しやすい。 しかし、今では区別されずに一様に「アレチマツヨイグサ(荒地待宵草)」と呼ばれることが多いようだ。 もともと「待宵草(まつよいぐさ)」とは、夜行性の花で夕方~早朝にかけて咲くことから付いた名前であるが、この「荒地~(雌~)」は日中から咲いている。三河地方で見られるのはほとんど隙間のないメマツヨイグサである。アレチマツヨイグサの方が早咲型である。🔶 ※アカバナ科 ※マツヨイグサ属(エノテラ属) 🤍💚カバー画像💚🤍 植物名❀✿リナリア(姫金魚草・ヒメキンギョソウ) 学名❀✿Linaria 英名❀✿Linaria 和名❀✿姫金魚草 科名※ゴマノハグサ科(オオバコ科) 属名※ウンラン属(リナリア属) 原産地🌼ヨーロッパ 🌼リナリアは、金魚草を小さくしたような形のため、姫キンギョソウとも呼ばれている。丈夫で花色も豊富。🌼

場所

お出かけ先

キーワード

散歩 花壇 花のある暮らし 公園広場

植物

アプテニア(花蔓草) マツバギク トゥルーブルーム レッドキャプテン バラ ベビーサンローズ

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

花壇に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

花壇のみどりのまとめ

ネモフィラ花壇

憧れのミニ花壇作りに挑戦🌸🌿

心花んちの花壇

花壇の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード