ラナンキュラスの画像

ラナンキュラスの育て方

  • キンポウゲ科
  • キンポウゲ属

ラナンキュラスの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Ranunculus asiaticus

別名

ハナキンポウゲ,花金鳳花

原産地

中近東、ヨーロッパ南東

ラナンキュラスの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ラナンキュラスの育て方

育てる場所

日当たりのよい場所で育てます。ただし冬場はベランダなどの風が当たらない場所が望ましいです。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと与えます。水のやり過ぎには注意が必要です。

肥料

元肥として緩効性化成肥料を土壌に混ぜます。追肥は生育期に薄めの液体肥料を2週間に1度程度与えます。

病害虫

灰色かび病、アブラムシ、ハモグリバエ

用土

水はけと通気性がよく、適度な保水性のある用土が適します。市販の山野草用土で良いでしょう。

植え付け・植え替え

球根の植え付けの適期は10月です。乾いている球根はゆっくりと吸水させてから植えます。

増やし方

タネまき、分球で増やします。タネまきの適期は10月、分球の適期は5〜6月です。

手入れ

3月〜5月に花がらを摘んでおきましょう。5月〜6月に掘り上げと分球をします。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

イワヒバ

古典園芸植物で、種類も沢山ある。 イワヒバの育て方へ

ジューンベリー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ジューンベリーの育て方へ

ハナカンザシ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。 ハナカンザシの育て方へ

リシマキア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません リシマキアの育て方へ

シャクヤク

日当たりの良い場所が適しています。ただし半日陰でも育てる事ができます。 シャクヤクの育て方へ

ユスラウメ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ユスラウメの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード