アメジストセージの画像

アメジストセージの育て方

  • シソ科
  • サルビア属

アメジストセージの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Salvia leucantha

別名

メキシカンブッシュセージ,サルビアレウカンサ

原産地

メキシコ、南米

アメジストセージの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

アメジストセージの育て方

育てる場所

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。

水やり

鉢植えの場合、表土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は乾かし気味に管理します。庭植えの場合は、植え付け後の数日間は水をやりますが、その後は極度の乾燥状態でなければ必要ありません。

肥料

生育期(春〜秋)に薄めた液体肥料を適量与えます。

病害虫

アブラムシ、ハダニ

用土

水はけ、水もちが良い用土が適します。市販のハーブ専用土で良いでしょう。

増やし方

挿し木で増やすことができます。適期は6月頃です。

手入れ

7月頃に短く刈り込むと、草丈の高さを抑えることができます。8月以降に刈り込んでしまうと寒さにより枯れてしまう場合があるので注意が必要です。

ハーブの新着コラム

ハーブの新着投稿画像

ハーブの種類

パイナップルミント

半日陰が最適ですが、日向や日陰でも育てることが出来ます。 パイナップルミントの育て方へ

アロマティカス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アロマティカスの育て方へ

イタリアンパセリ

パセリと異なり、葉が平たく縮れておらず、やや大型の細長く避けた葉が特徴です。 イタリアンパセリの育て方へ

マツリカ

日当たりの良い場所を好みます。寒さに弱く、10度以上の環境で育てる必要があります。 マツリカの育て方へ

クリーピングタイム

日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。 クリーピングタイムの育て方へ

コリウス

日当たり、風通しのよい場所、真夏は直射日光の当たらない明るい半日陰で育てます。 コリウスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード