彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉


GreenSnap編集部

GreenSnap編集部


公開日:2019.05.30

彼岸花(ヒガンバナ)は曼珠沙華(マンジュシャゲ)やリコリスと呼ばれる多年草です。
ヒガンバナをはじめとするヒガンバナ属(リコリス属)は、「葉見ず花見ず」というように、花の時期には葉がなく葉の時期には花がないという一風変わった植物です。

秋の彼岸の期間は秋分の日を中日として、前後の3日間を足した計7日間です。春分の日を中日とする春の彼岸を「春彼岸」と表記しますが、秋の彼岸には通常「秋」を付けずに「彼岸」とだけ表記します。彼岸花の名は彼岸前後に開花時期を迎えることに由来します。

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句があるように、9月の彼岸頃には残暑が和らぎしのぎやすくなります。夏の終わりを告げる花火のような美しい花を咲かせる彼岸花。この彼岸花とヒガンバナ属の花言葉やその由来、別名、名所など、さまざまな情報を詳しく掘り下げて紹介します。

彼岸花(ヒガンバナ)の基本情報

キジカクシ目ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科ヒガンバナ連ヒガンバナ属(リコリス属)
被子植物/単子葉類/落葉性/多年草/球根

和名:ヒガンバナ(彼岸花)
英名:red spider lily(レッド・スパイダー・リリー)
学名:Lycoris radiata(リコリス・ラジアータ)
別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、リコリスなど

原産:日本、中国
草丈:20~50cm
花色:ヒガンバナ(種名)は赤系/その他のヒガンバナ属(リコリス属)は赤、桃、白、黄、橙、青、紫、複色

開花:ヒガンバナ(種名)は9月/その他のヒガンバナ属(リコリス属)は7月中旬~10月中旬
植え付け・植え替え:6~10月
肥料:6~10月(元肥)/1~2月(寒肥)
水やり:地植えの場合は不要/鉢植えは生育期に表土が乾いたらたっぷりと水を与える

耐寒性:強
耐暑性:強

同じヒガンバナ属の花は赤、桃、白などカラーバリエーションが豊富ですが、彼岸花という種名の花色は赤か白みがかった赤です。
また、ヒガンバナ属では7~10月に開花する種類もありますが、彼岸花という種名を持つ花は9月が開花期です。ヒガンバナ属の花と種名が彼岸花の違いは少しややこしいところでもありますね。

彼岸花(ヒガンバナ)の色別の花言葉

彼岸花の色別の花言葉を紹介します。

赤(レッド)のヒガンバナ属の花言葉

ヒガンバナ(彼岸花)の花言葉:「情熱」「諦め」「独立」

桃色(ピンク)のヒガンバナ属の花言葉

ナツズイセン(夏水仙)の花言葉:「深い思いやり」「あなたのために何でもします」「快い楽しさ」「楽しむ」「悲しい思い出」

黄色(イエロー)のヒガンバナ属の花言葉

ショウキズイセン(鍾馗水仙)/ショウキラン(鍾馗蘭)の花言葉:「追想」「深い思いやり」「陽気」「元気な心」

橙(オレンジ)色のヒガンバナ属の花言葉

キツネノカミソリ(狐の剃刀)の花言葉:「妖艶」

白(ホワイト)のヒガンバナ属の花言葉

シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)の花言葉:「また合う日まで」「思うはあなた一人」

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉の由来


赤い彼岸花の花言葉である「情熱」は燃えるような赤色の花に由来します。
「諦め」と「独立」という花言葉は、彼岸前後に開花し「花の咲く時期には葉がなく、葉のある時期に花がない」という特徴が、死者と生者、あの世とこの世を隔たりを連想させることに由来するといわれています。

黄色いヒガンバナ属のショウキズイセン(ショウキラン)の花言葉である「追想」。
これは赤いヒガンバナの「諦め」「独立」の由来と同じで、花と葉が同時に存在しないことに由来します。

白いヒガンバナ属のシロバナマンジュシャゲの花言葉である「また合う日まで」「思うはあなた一人」。
これはヒガンバナとショウキズイセンの交雑種であるシロバナマンジュシャゲが、赤く群生するヒガンバナの中にぽつんと混じって咲いていたことに由来します。

彼岸花(ヒガンバナ)はなぜ怖いイメージがあるの?


彼岸花に怖いイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。彼岸花が怖いと思われてしまう原因を3つ紹介します。

彼岸花は有毒植物であるから

彼岸花は有毒植物であり、花・葉・茎・根の全てに毒を持っています。リコリン・ガランタミン・セキサニン・ホモリコリン等のアルカロイドによる毒は、特に球根に多く含まれています。経口摂取すると吐き気や下痢の症状が出て、最悪の場合は中枢神経の麻痺により死に至ることもあります。花後の葉だけになった姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食には注意が必要です。

彼岸花の毒は水溶性なので、水にさらせば食用にすることも不可能ではありません。とはいえ毒を持つため年貢の対象外とされ、救荒作物として人為的に植えられ栽培されてきました。救荒作物とは、通常は食用にしないが通常の農作物が不作のときでも収穫できる作物のことです。救荒作物には飢饉などの気象災害時のためだけでなく、物が少ない第二次世界大戦時の非常用食料としても利用されていたという歴史があります。

「彼岸花を持ち帰ると家が火事になる」という言い伝えは、非常時の備えのために植えた彼岸花を、子供が無闇に摘まないようにするためであったといわれています。

有毒であることと、持ち帰ると火事になること。この両方が相まって「彼岸花は怖い」というイメージに結びつきました。

彼岸花が墓地に植えられていたから

彼岸花は古くから水田や畦(あぜ)、墓地などに植えられてきました。これは土を掘って田を荒らすネズミやモグラなどの小動物を、球根の毒により撃退するためです。モグラは肉食ですが、餌とするミミズが彼岸花の毒を嫌い住みつかないため、モグラも寄り付かないのではないかという見解もあります。

水田や畦に植えられてきたのは作物を守るためですが、墓地に植えられてきたのは埋葬した亡骸が動物によって掘り返されるのを防ぐためです。また、その毒性から虫除けになるからという理由もあります。

この、墓地に植えられていたということが「彼岸花は怖い」というイメージにつながりました。

彼岸花の別名が怖いから

彼岸花には不吉で怖いイメージの別名が数多くあります。これについては次の項で詳しく紹介します。

彼岸花(ヒガンバナ)は別名がいっぱいある!


彼岸花には「地獄花(じごくばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」「死人花(しびとばな)」「蛇花(へびのはな)」「剃刀花(かみそりばな)」「狐花(きつねばな)」「捨子花(すてごばな)「はっかけばばあ」など、怖いイメージがある別名があります。この他にも日本国内での別名や地方名、方言を合わせると、1000個ほどの別名が存在しています。

このように不吉な別名が多い彼岸花ですが、マンジュシャゲ(曼珠沙華)という別名は「天上の花」という意味を持っており、「赤い花」であることから、めでたいことがある兆しともいわれています。

彼岸花(ヒガンバナ)の名所に行ってみよう!

彼岸花の名所は日本各地にあります。近くにあるならぜひ行ってみましょう。

宮城県大崎市「羽黒山公園」

珍しい彼岸花の群生が見られる公園で、約5000平方メートルの敷地に約15万本の彼岸花が咲くさまは圧巻です。毎年9月には「羽黒山 彼岸花の里まつり」が開催されます。駐車場無料。

栃木県鹿沼市「常楽寺」

「東国花の寺百ヶ寺」にも選ばれた常楽寺。約50メートルある参道の両脇を赤々とした彼岸花が埋め尽くします。近くではソバも栽培されており、タイミングが良ければソバの白い花と彼岸花の赤い花のコントラストを楽しめます。駐車場無料。

埼玉県日高市「巾着田」

GreenSnapにアップされている彼岸花の名所画像でダントツに多かったのが巾着田(きんちゃくだ)です。巾着田という名前は日高市内を流れる高麗川(こまがわ)の蛇行により、長い年月をかけて作られた土地の形が巾着に似ていることに由来します。直径約500メートル、面積約22haの平地にはさまざまな花が咲きますが、特に秋の曼珠沙華(彼岸花)群生地は見ものです。駐車場有料。

愛知県半田市「矢勝川」

「ごんぎつね」の作者で知られる新美南吉の出身地。市内を流れる半田川沿い約1.5キロメートルに渡って植えられた、約300万本の彼岸花の絨毯(じゅうたん)は幻想的な光景を演出します。駐車場の有無は不明ですが、車でアクセスできるとのことなので周辺に駐車できる可能性があります。

滋賀県高島市「桂浜園地」

琵琶湖を背景に春はハマダイコン、秋は彼岸花が群生します。しかし2018年09月の台風21号の影響により、桂浜園地の彼岸花群生地では多数の倒木が発生しました。立ち入りが困難な個所があるため、十分にご注意くださいとのことです。路肩駐車により混み合うため平日の見学がおすすめです。

福岡県うきは市「つづら棚田」

棚田を縁取る彼岸花により、緑と赤のコントラストが美しい光景が見られる「つづら棚田」。棚田のあぜ道も散歩できます。景観保全のため、車1台につき500円程度の棚田協力金が必要です。美しい景観を守り楽しめるのなら、決して高くはない金額ですね。

※トップ画像はいーともさん@GreenSnap

花言葉に関連するカテゴリ

花言葉の関連コラム

朝顔(アサガオ)の花言葉の画像

朝顔(アサガオ)の花言葉

夏を代表する花として知られている朝顔(アサガオ)は、昔から根強い人気を誇っている園芸植物です。日本朝顔から西洋朝顔まであり、花色や模様もバリエーションに富んでいます。そんな朝顔の花言葉についてご紹介し...

GreenSnap編集部

2019.05.30

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉の画像

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉

彼岸花(ヒガンバナ)は曼珠沙華(マンジュシャゲ)やリコリスと呼ばれる多年草です。 ヒガンバナをはじめとするヒガンバナ属(リコリス属)は、「葉見ず花見ず」というように、花の時期には葉がなく葉の時期には花...

GreenSnap編集部

2019.05.30

あじさい(紫陽花)の花言葉の画像

あじさい(紫陽花)の花言葉

日本で古くから親しまれているあじさい(紫陽花)は、梅雨時期に鮮やかな美しい花を咲かせます。青色やピンク色、白色などのさまざまな花色がありますが、花の色によって花言葉を持っています。そこで今回は、花の色...

GreenSnap編集部

2019.05.30

チューリップの花言葉の画像

チューリップの花言葉

チューリップは、小さな子供からお年寄りまで、だれもが知っているポピュラーなお花です。 そんなチューリップには、たくさんの花言葉があるのをご存知でしょうか? チューリップには、チューリップ全般の花言葉の...

GreenSnap編集部

2019.05.30

バラ(薔薇)の花言葉の画像

バラ(薔薇)の花言葉

バラ(薔薇)の基本情報 バラは、バラ科バラ属の植物の総称です。5月から初夏にかけて開花期を迎えるバラは優美で、甘い香りのする品種もあります。和名の「ばら」は、トゲのある低木の総称である「いばら(茨)」...

GreenSnap編集部

2019.05.30

花言葉のみどりのまとめ

🎄見頃を迎えた彼岸花公園🎄

ゲキハナ子のハナ語講座

花言葉の新着投稿画像

しろ.と

74

ひっそり . 。° マリーゴールド 花言葉は 「変わらぬ愛」「悲しみ」 オレンジ色のマリーゴールドは 「予言」🌻 花言葉は何であれ ながーく 元気に咲いています*☆

Grace Place

5

壁掛け仏壇「鏡壇ミラリエ」に今日(6/26)の誕生花の「ガザニア(勲章菊)」を飾ってみました。 https://ameblo.jp/grace-place/entry-12486281785.ht...

Grace Place

7

壁掛け仏壇「鏡壇ミラリエ」に今日(6/25)の誕生花の「カンパニュラ(釣鐘草/風鈴草)」を飾ってみました。 https://ameblo.jp/grace-place/entry-124858857...

フラワーショップ京王 つつじヶ丘店

98

サントリーが開発した青いカーネーション「ムーンダスト」 ペチュニアなどの青い花から遺伝子組み換えで生まれた素敵なカーネーションです!! 花言葉「永遠の幸福」

Grace Place

5

壁掛け仏壇「鏡壇ミラリエ」に今日(6/24)の誕生花の「紫色のグラジオラス(唐菖蒲)」を飾ってみました。 https://ameblo.jp/grace-place/entry-124854552...

Grace Place

8

壁掛け仏壇「鏡壇ミラリエ」に今日(6/23)の誕生花の「ピンクのタチアオイ(立葵)」を飾ってみました。 https://ameblo.jp/grace-place/entry-12484956806...

チョウサン

253

おはようございまーす♬😊 ⚪︎6月23日(日) ⚪︎杜の都 仙台 ⚪︎日の出:4:13 ⚪︎天気:☁️ ⚪︎気温:18.1℃ ⚪︎風:北4.0m/s おひさまカラーを有難う❣️☀️(๑´ڡ`...

ヒーちゃん

103

おはようございます! ピンクの花 カンパニュラ 花言葉 「感謝」「誠実」「節操」 明治初期に日本に入ってきたと言われています。ラテン語で「小さな鐘」を意味するカンパニュラは、風鈴のようにふっ...

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード