ユーカリの育て方|地植え・鉢植えの違いは?室内に置いてもOK?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.03.23

「コアラが好む葉を持つ木」で有名なユーカリは、オーストラリアなど南半球に自生する常緑樹のひとつで、日本でも庭木として人気があります。今回は、そんなユーカリの育て方を、鉢植えと地植えそれぞれに分けて詳しくみていきます。

ユーカリの育て方:栽培する場所

ユーカリを育てる場所を選ぶポイントは、自生する南半球はオーストラリアなどの気候や風土にできるだけ近づけてあげることです。

  • 一年を通して暖かいこと(気温が5℃以下にならない環境が望ましい)
  • 乾燥していること
  • 日当たり、風通しがよいこと

これらを念頭において、鉢植えをするなら鉢を置く場所、地植えするなら植える場所を決めるといいでしょう。

また、ユーカリは半日陰でも育つので、鉢植えの場合は室内で観葉植物として育てることも可能です。

ユーカリの育て方:土づくり

ユーカリは乾燥気味の環境を好むので。鉢植えなら水はけのよい土を用意してあげましょう。

品種にもよりますが乾燥した温暖な土地に自生していたユーカリは、育つ環境さえ整えてあげればあとはそれほど世話がいらない樹木です。地植えでうまく育てれば、家のシンボルツリーにもなります。用土、栽培する場所にはくれぐれも気を配ってあげてくださいね。

地植えの場合

ユーカリを地植えで育てる場合は、水はけのよい場所を選んで植えてあげると生長がよくなります。心配であれば、植え付けのときに、掘り起こした庭土に対して3分の1ほど腐葉土を混ぜるようにしましょう。

植え穴の底に軽石を敷き詰めるのも、水はけ向上につながります。

鉢植えの場合

ユーカリを鉢植えで育てる場合は、市販の観葉植物用培養土が便利です。

自分で配合する場合は「赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1」に元肥として緩効性化成肥料をいれておくといいでしょう。

室内で育てるときは腐葉土をピートモスにかえると、虫がわきにくくなります。

ユーカリの育て方:水やり

地植えの場合

ユーカリを地植えする場合は、葉がしおれてきたら水やりをするくらいで大丈夫です。

鉢植えの場合

鉢植えの場合は、鉢の土の表面が白っぽく乾燥してきたらこまめに水やりをします。一度にたっぷり水やりをすると、根腐れを起こすリスクが高まります。鉢の中では地植えほど根が伸ばせず、保持できる水分量も地植えと比べて少なくなりがちです。そのため、こまめな水やりを心がけましょう。

ユーカリの育て方:肥料・追肥

自生でも高さ100メートルほどにまで生長できるユーカリは、それほど肥料を必要としません。そのため与えすぎないことが基本です。地植えの場合は、植え付けるときに元肥をじゅうぶんに与えているなら、追加で肥料を施す必要はありません。

鉢植えの場合でも、地植えと同様に用土に肥料が含まれている場合は、追加の肥料は必要ありません。ユーカリの肥料は基本的に「植えるときのみ」と覚えておくといいでしょう。

ユーカリの育て方:苗の植え付け・植え替え

植え付け

ユーカリを地植えするときは、肥料も十分に用土に混ぜておきます。

ユーカリを鉢植えするときは、苗のサイズよりもひと回り以上大きい鉢を用意します。ユーカリは生長が早いため、大きめの鉢を用意することで根詰まりを予防できます。しかしそれでも2年から3年ごとに鉢のサイズを大きくする植え替えが必要です。

植え替え

地植えしたユーカリの植え替えは、必要ありません。植え替えが必要になるのは、鉢植えしたユーカリのみです。

ユーカリに限ったことではなく植物にとって必要な作業ではあるものの、植え替えの作業は負担をかけてしまいます。できるだけ植物に負担を与えない季節を選んで植え替えをする必要があります。

ユーカリの場合、負担が少ない季節は空気がやや乾燥している春か秋の、暖かい日が植え替えに適した日です。気温が低すぎる真冬や湿度や気温が高すぎる真夏は、ユーカリの植え替えには向いていません。

ユーカリの手入れ:剪定

ユーカリに必要な手入れのひとつが、剪定です。葉が増えすぎて風通しが悪くなると生長も悪くなってしまいます。葉どうしの密度が高くなりすぎているな、と感じたら、剪定してあげましょう。

ただし、剪定時にユーカリにかかる負担をできるだけ減らすために、剪定は3月から5月の春の時期か、9月~10月の秋の時期に行いましょう。剪定ポイントは、枝越しの景色が透けてみえる程度です。剪定しすぎも、枝が込み合っている状態もNG。剪定する枝の場所や量に注意しましょう。

ユーカリの増やし方:挿し木

ユーカリを増やす方法に「挿し木」があります。

よく育っている枝(剪定のついででもOK)を選んで切り、枝の先の数枚の葉を残してすべて切り落とします。そのまま植えるのではなく枝の切り口を丸1日、水に浸して吸わせます。水を吸わせている間に新しい鉢と土を用意しておきます。

水に浸し終わった枝を、新しい用土を入れた鉢に刺します。鉢植えしたときと同じように表面の土が乾いたら水やりをしつつ、発芽し根が張るまで2ヶ月ほど待ちます。その後新しい芽と根がしっかり出てきたら、新しい大きめの鉢に植え替えましょう。

ユーカリの育て方:注意する害虫・病気

ユーカリに発生しやすい病気のひとつに葉が点々と白くなる「うどんこ病」があります。カビ菌が原因となる病気ですが、乾燥に強い菌のため、ユーカリに発生しやすいのが特徴です。葉に白い斑点を見つけたら薬剤を撒くなどしたあと、白い斑点がある葉はすべて切り取ってしまいましょう。

また、ユーカリに寄生する虫には、ハダニがいます。ハダニも乾燥に強いためユーカリには寄生しやすいかもしれません。ハダニは湿気を嫌いますが、ユーカリも湿気を嫌うため、ハダニの駆除には薬剤の使用が効果的です。

ユーカリとはどんな植物?

ユーカリは南半球、なかでもオーストラリアやニュージーランドなどに自生する樹木で、100メートルもの高さまで生長することでも知られています。小さいものでも5メートルほどまで生長することもあります。

ユーカリ、とひと口でいっても、その品種の数は600種類ほどあります。「シルバーリーフ」と称される、日光の当たり方によっては銀色にも見える、濃い緑色の葉がユーカリの特徴のひとつです。

有名なコアラが好むユーカリとは、1000種類ほどあるユーカリのなかでもほんの数種類のみです。

ユーカリの花言葉

ユーカリの花言葉は「再生」「思い出」「追憶」などです。

ユーカリを庭木や観葉植物として育ててみよう!

ユーカリの木の高さが100メートルにもなる、と聞くと一般家庭では育てにくいイメージがあるかもしれません。でもユーカリは鉢植えもできるユーティリティープレーヤー。手入れもそれほど必要がなく1年中緑を楽しめます。

地植えでも鉢植えでも楽しめるユーカリを、育ててみましょう!

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

観葉植物の育て方に関連するカテゴリ

観葉植物の育て方の関連コラム

観葉植物の育て方の新着投稿画像

エントロピィ

12

夜のタンブラー植え三兄弟。

kjozk

9

散った花は下を向いて、花や蕾は上を向くんだね

アィリィ

180

冬の間すっかり葉を落として丸坊主だった100均出身のパキラ🌿なんとか今年も葉が戻ってきましたッ😆🎶 6年前に買ったんだけどなかなか大きくなってくれないのですがとりあえず生きてる🌱✨

plus to

46

NPORUSはこんな形にも加工できます😆 もとはチップ状なんですが、固めてブロック状にできます♪ そこから削るとこんな球体にもできて、コロコロしてて可愛いです🥰 ◆NPORUSとは、車のハンド...

plus to

57

TRY ANGLE制作風景😌 こんな感じで植物を植え替えています🌱 植物が傷まないように慎重にやっています! 腰が痛くなります😂

plus to

60

NPORUSを使った商品「TRY ANGLE」は組み合わせるとこんな感じになります♪ 器の中に磁石が入っていて、このようにくっつけることができます(^_-)-☆

plus to

58

🎊初投稿🎊 こんにちは!初めまして! plus toと申します🌱 このアカウントでは、リサイクル素材「NPORUS(エヌポーラス)」を使ったインテリアグリーン商品や日々見つけた植物たちを載せ...

kjozk

12

花びら散ったけど、🍓に成りつつある

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード