ココヤシの画像

ココヤシの育て方

  • ヤシ科
  • ココヤシ属

ココヤシの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

高木

学名

Cocos nucifera

別名

ココナッツ,コガネタケヤシ

原産地

熱帯各地

ココヤシの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ココヤシの育て方の画像

ココヤシは、ココナッツの実をつけるヤシの木のことです。熱帯地域に自生するココヤシは、10メートル以上に成長し、大きなものですと、30メートルにもなる木です。

ココヤシが熱帯地域に自生するのは確かですが、落ちたヤシの実や、海から流れ着いたヤシの実が、その場に芽を出して自生するため、どこから流れ着いたのかはわからず、厳密に原産地がどこなのかはわかりません。

日本では、ココヤシは鉢植えで楽しみます。鉢から種子がむき出しになっている姿がユニークで、それがまたおしゃれにインテリアに馴染みます。

ここでは、そんなココヤシの育て方についてご紹介したいと思います。

ココヤシの育てる場所

ココヤシは、もともと熱帯エリアに自生していますので、暖かい気候を好みます。室内のよく日の当たる場所で育て、15度以上をキープしましょう。

ただ、ココヤシは耐陰性がある方なので、気温さえあればそれほど日当たりがよくなくても大丈夫です。よく日に当てるとその分育ちますので、あまり大きくなっても困るという場合には、日に当てる時間を午前中のみにするなど、工夫をした方がよいでしょう。

ココヤシの水やり

ココヤシには、土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。また、葉っぱへの葉水も忘れずに行いましょう。

ただし、秋ごろから冬に向けて気温が下がり始めたら、徐々に水やりを控えていってください。そして、冬場は乾燥気味に管理します。冬場は土が乾いても、数日間は水やりをしなくて大丈夫です。

肥料

ココヤシには、2か月に1回程度緩効性肥料を与えます。比較的肥料を好む植物なので、肥料切れになると葉色が悪くなります。

あまり大きく育てたくない場合には、肥料切れにならない程度に、控えめに肥料を施すようにしましょう。

用土

ココヤシは、水はけのよい土を好みます。例えば、赤玉土6:腐葉土4の混合土などを使います。

また、市販の観葉植物用の土を使っても大丈夫です。

病害虫

次に、ココヤシにつきやすい害虫やかかりやすい病気をご紹介します。

害虫

ココヤシにつきやすい害虫は、カイガラムシやアブラムシ、それにハダニです。害虫を見つけたら殺虫剤を散布して駆除してください。

カイガラムシは、歯ブラシなどでこすり落として駆除する方法もありますし、アブラムシはテープに貼り付けて取る方法もあります。

なお、ハダニは水に弱いので、葉水をこまめにすることで発生を予防することができます。

病気

ココヤシがかかりやすい病気は、炭疽病です。炭疽病というのは、葉っぱに斑点が出て枯れてしまう病気です。

これは治りませんので、見つけたらすぐにその葉っぱは切り落としてしまいましょう。

ココヤシの植え付け・植え替え

ココヤシは根が張りにくい方なので、それほど植え替えを必要とする植物ではありませんが、根腐れしてしまった場合や、鉢を別のものに変えたい時などに植え替えをします。

植え替えや植え付けをする場合は、5月から8月頃に行うのが適しています。

ココヤシの増やし方

ココヤシは、通常種から育てます。ただ、日本で種から発芽させるには気候が合わず難しいので、日本では芽が出た状態のものが初夏のころに出回ります。

ココヤシの手入れ

枯れた葉っぱは根元から切って取り除いてください。下葉が枯れてくるようなら根腐れしている可能性もありますので、幹からカットして根っこをチェックしてください。根腐れしているようなら植え替えをします。

また、ココヤシは1年を通してよく育ちますので、伸びすぎた葉っぱは剪定するようにしましょう

ココヤシの育てるポイント

ココヤシを育てるためのポイントは、冬場の管理にあります。

ココヤシは寒さに弱いので、日本での冬越しは難関です。日当たりのよい室内で、最低でも15度以上を保てるようにしなくてはいけません。

とはいえ、室内でも冬場は気温が下がりますので、冬場は家庭用のビニールハウスに入れるなどの工夫が必要でしょう。

ココヤシの花言葉

ココヤシの花言葉には、「思いがけない贈り物」とか「固い決意」といったものがあります。

「思いがけない贈り物」というのは、ヤシの実がどこからともなく流れ着く様子に由来します。また、「固い決意」は硬いヤシの実そのものを指しているのでしょう。

まとめ

ここでは、ココナッツの実をつけるココヤシの育て方についてご紹介しました。

ココヤシは寒さにとても弱く、15度を下回ると枯れてしまう可能性があります。水やりにも気を配る必要があり、気温の低下とともに水やりの間隔を調整するなどしなければいけません。そのため、日本の気候では冬越しが難しく、ココヤシを育てるのは難易度が高いと言われています。

冬場の管理を工夫して上手に冬越しをし、ココヤシを楽しめるといいですね。

※トップ画像はソウジロウさん@GreenSnap

ココヤシの新着投稿画像

みんなのココヤシの育て方

熱帯植物の楽園ガイド80’s

80

沖縄🌺南国の緑豊かな絶景カフェ くるくまに行ってきました♪

夢の国植物ガイド80’s

80

ココヤシの新着コラム

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード