コウホネの画像

コウホネの育て方

  • スイレン科
  • コウホネ属
コウホネの育て方の画像

日本に古くから自生するコウホネは、スイレン科に属する浮葉植物です。水面にハート型の葉を浮かべ、初夏から秋にかけて、かわいらしい鮮やかな黄色い花を咲かせます。今回は、コウホネの生育に適した場所や用土、水やりの仕方、手入れのポイントなど、コウホネの育て方についてまとめました。

コウホネの育てる場所

日光がよく当たる場所での栽培が適していますが、半日陰でもよく育ちます。また、寒さに強いので屋外で管理しても越冬できます。

ただし、水の表面が凍る程度であれば問題ありませんが、鉢の奥まで水が凍ると株がダメになってしまうので、場所を移動し室内で管理するなどしましょう。

コウホネの水やり

鉢に植えたコウホネは、水を張ったスイレン鉢などの中に入れて管理しますが、下葉が水面に浮くように水位を調節して保つのが理想的です。水位が低くなっていたら水やりをしましょう。

肥料

肥料を与えなくても生育しますが、生育期の3〜9月頃まで月に1回、緩効性化成肥料を与えるとよく育ちます。株の状態にもよりますが、肥料は1株につき1〜3粒が目安です。

用土

市販の水生植物用の土や赤玉土などが適しています。土はそれほど選ばず、基本的によく育ちます。

病害虫

ダンゴムシやワラジムシがつくことがあります。どちらの年間を通して発生し、葉や花を食害して生育を阻害します。見つけ次第、取り除いて退治しましょう。

コウホネの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは3月〜4月頃が適しています。根についている土を落とし、葉が深く沈みすぎないように気をつけて植えましょう。

成長すると鉢の中が根でいっぱいになるので、1回り大きい鉢に植え替えをする必要があります。鉢から取り出したら、まず土を落として根をきれいに洗いましょう。そして根元から根を全部切り落とし、用土に植えていきます。

コウホネの増やし方

株分けをして増やすことができます。株分けも3月〜4月頃が適期です。分けつしている株を手で分けて、鉢に1つずつ植えましょう。

コウホネの手入れ

スイレン鉢の水を入れ替える場合は、一度に替えると水温が一気に下がってしまいます。それを防ぐために、水は1/3〜1/2ずつ替えるようにしましょう。

まとめ

コウホネは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、水面に浮かぶ涼しげな葉姿とかわいらしい花を楽しめる植物です。寒さに強く丈夫でよく育ち、株分けも簡単に行えます。水生植物に興味がある方は、ぜひ一度育ててみてください。

※トップ画像はmikakoboさん@GreenSnap

コウホネの基本情報

ジャンル
水生生物
形態
多年草
学名
別名
カワホネ,カワバス
原産地
日本,アジア,アメリカ,ヨーロッパ

コウホネの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

コウホネの新着投稿画像

みんなのコウホネの育て方

高山に 行く途中に岐阜県関市 名もなき池 通称 モネの池 に行きました☺️

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード